« 戦中戦後の鶏の話 | トップページ | 愚痴はこぼさぬが花 »

2015/01/26

母はウサギ係だった

戦中戦後の話が続いているので、母のことも少し。

母は、子供のころ、ウサギ係だったようです。
やはり、トラウマがあるようで、認知症になるまでウサギのことは話してくれませんでした。

認知症になった母が、どこかから子ウサギをもらってきて、小さな鳥かごで育てているのをみつけ、私たち夫婦がウサギ用のケージを買ってきて、世話ができるように取り計らいました。

そんなことをしているときに、母が何気なく、「子供のころはウサギの世話を任されててん。」と言い出したのです。
いつもウサギ用に食べられる草をとってきたり、掃除をしたりしていたようでした。

「そのウサギ、どうなったん?」と聞きましたが、母は認知症、「忘れた。」の返事しか返ってきませんでした。

想像ですが、食料にされてしまったのだと思います。

今の日本は食べ物であふれています。
けれど、流通がある日止まってしまったら、飼われているペットを食べてしまう人が出てくるでしょうか?
ちょっとこわいことを考えてしまいます。

« 戦中戦後の鶏の話 | トップページ | 愚痴はこぼさぬが花 »

動物たちの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/61034552

この記事へのトラックバック一覧です: 母はウサギ係だった:

« 戦中戦後の鶏の話 | トップページ | 愚痴はこぼさぬが花 »

他のアカウント