2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 分院お引越し | トップページ | 緊急でSOS!老婦人死去につき、里親募集! »

2014/12/13

息のお化け

中学生の頃、住んでいたマンションの一室に、「息のお化け」が出たんです。

初体験は妹でした。

その頃は、マンションの二部屋を借りていたんです。
間取りは2DKで、玄関入ってすぐに台所、4畳半の和室があって、その奥に6畳の和室、和室の窓を開けるとバルコニーになっていて、隣と行き来できるようになっていました。
105号室は食事をしたり、私と妹と祖母が布団を敷いて寝てました。
106号室は、台所が物置と化していて、4畳半の和室が父母の寝室、6畳の和室には私と妹の勉強机が並んでいて、勉強部屋となっていました。

私と祖母が105号室にいて、妹が隣の106号室で勉強をしていたある日、隣から妹のパニクった悲鳴が聞こえてきて、助けてくれと叫びながら壁をドンドンたたいて呼ぶのです。
何が起こったんだろうと思って隣に行くと、「息のお化けが出たー!」と言って、泣いているのでした。

「そんなバナナ。」
私は最初はそう思っていたのです。

ところがある日、今度は私が一人で106号室の勉強部屋で静かに勉強をしていた時です。
物置部屋になっている台所の方から、「スー、スー」と音が聞こえてくるのです。
ふとそちらの方を見ると、襖が少し開いています。
当時飼っていた猫が開けて入ったのだろうと無視をしました。
すると、その息の音がだんだん近づいてきて、隣の4畳半の和室から聞こえてくるのです。
「猫が寝ているんだろう。」(実際に寝ていたのです)と思って、さらに無視をしました。

そうするうちに、息の音が、とうとう勉強部屋の6畳の和室に入ってきて、猫だろうと思って見ても何もおらず、「えっ?」と思った瞬間、龍のイビキか虎のイビキかと思えるような大音響の息の音が鳴り響きました。

私は、妹が聞いたのはこれだったのかと思い、そーっと部屋を出ていきました。
その時に、怖くて4畳半の和室から猫を連れて行けませんでした。
そのすぐあとに、猫は交通事故か何かで外の道路で亡くなっていました。

ずっと自分のせいだと思えて、長い間この話をブログに書きませんでした。
息のお化けって、いるのでしょうか?
どうして人を脅かしていたのでしょう?
地鎮祭していなかったのかな?

色々思うことはありますが、猫を失った切ない記憶と連動する、こわい記憶なのでした。

« 分院お引越し | トップページ | 緊急でSOS!老婦人死去につき、里親募集! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

台所の下が昔、古井戸やった、って話と違うかったっけ(>_<)

せがかりさん

古井戸?そうなのかなぁ?
バルコニーのあるところの塀には赤い鳥居がペンキで塗られていたので、きっと駐車場だったのではないかと思うのです。
立ちション禁止の…
駐車場の前は何だったのだろう?あの辺りは古戦場跡?
わからないことだらけですわ。

ブログ書いた後で思ったのですが、私が冷静に逃げたのは2回目で、1回目は妹同様パニクっていた気がします。

◯十年前、この話を聞いた時は、古井戸があったらしいって聞いた覚えが

せがかりさん

だったら、古井戸があったと父母から聞いていたのかも?
せがかりさんは賢いから覚えてくれていたのね!
私はとっくに忘却の彼方でしたわ。^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/60804672

この記事へのトラックバック一覧です: 息のお化け:

« 分院お引越し | トップページ | 緊急でSOS!老婦人死去につき、里親募集! »

他のアカウント