« マンションの老婦人と世話人が私と似ているっぽい件 | トップページ | 宮~Love in Palaceの挿入歌を日本語で歌いたい »

2014/12/31

お金のない世界を想像してみる

お金に追いまくられる生活に嫌気がさすこの頃です。
住宅ローンや事業資金。
最初に借りているから、返し終わるまでずっと毎月負担がのしかかる。

それで、気休めにちょっと「お金のない世界」を想像してみたくなりました。

「アミ小さな宇宙人」という本を昔読みました。

この本の中で、文明の進んだ星の世界では、お金など必要がなくて、何かをするのに購入などせずに自由に使ったり食べたりできるのです。
当時の私は、「そうなるには人が働かなくても済むロボットができないとダメだ。」と思っていましたが、「いやいやちょっとまて、ひょっとして今のままでお金だけ無くなったらどうなるのだろう?」と、想像してみる気になりました。

たとえば私の仕事。
猫の不妊手術をしていますが、お金をもらわない。でも真心こめて仕事はする。
仕事を終えて、どこかに食事に出かけたり、スーパーに行くとする。その時はお金を払わない。ほしいものをほしいだけ持って帰ることができる。スーパーの店員さんも、真心をこめて対応してくれる。

要するに、今、みんながしていることの、「お金」の部分だけ抜き取ってみる。

家を建てるのにお金はかからない。
ただ、必要に応じて、広い家狭い家を自分で選ぶ。
家族が多い人、動物をたくさん飼っている人、一人ぐらしの人、それぞれの必要に合わせて家が選べる。

こうなることにたった一つ必要なものは、「欲深さ」を持たない心。
そもそも、お金が存在しなくて、いつでも安心して必要なものが手に入ったら、何かの不安から用心してお金を貯めようとか、余分に溜め込んでおこうとか考える必要もない。

そうなってくると、「誰?お金なんか発明したのは!」と思ったりする私。

お金のない世界を創造してみたくなりました。

« マンションの老婦人と世話人が私と似ているっぽい件 | トップページ | 宮~Love in Palaceの挿入歌を日本語で歌いたい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/60895179

この記事へのトラックバック一覧です: お金のない世界を想像してみる:

« マンションの老婦人と世話人が私と似ているっぽい件 | トップページ | 宮~Love in Palaceの挿入歌を日本語で歌いたい »

他のアカウント