« フラウボウの思い出 | トップページ | ソン君の思い出 »

2014/09/28

ネグレクトの子供たち

ネグレクトとは、育児放棄とか怠慢で子供の世話をしないことなのですが、人の世界にもペットの世界にもあります。
私はどういうわけか、昔からネグレクトの子供たちから好かれて、付きまとわれてしまうのでした。
道を歩いていると、野良猫がついてくるみたいに、子供たちがついてくるのです。
自分に子供ができて、子供の友達が家に遊びに来るようになってから、そんなことが起こり始めました。
遊びに来る子供たちの中にちょっと変わった子が混じっているのです。
お昼時や夕方になっても家に帰らない子がいるのです。
「お昼ご飯食べておいでね、それからまた遊ぼうね。」と諭しても、「お母さんがご馳走になってもいいって言ってた。」とか「お昼は帰らなくていいって言ってた。」と言うのです。
自分の子供にだけ食べさせるのも可哀想なので、お昼ご飯を食べさせてしまうと、不味いとか言ったりします。あるいは別の子は、「こんな美味しいの初めて。」とガツガツ食べてしまいます。
そのうち、毎日来るようになり、自分の子供が嫌がりだし、申し訳ないけど家に上げるのを断るようにするしかなくなりました。
そんなことがあった後、子供も成長して、そんな子供たちも家に来なくなってホッとしたのも束の間、今度は犬の散歩中に、そういう子達がついてくるようになりました。
家の近所に兄妹の多い家族があって、お母さんに赤ちゃんが生まれて、上の子達が放ったらかしになっていた時期がありました。
学齢期になっていない2人が、犬を連れている私を見つけると、「その犬噛む?」と言いながらついてくるのです。いつも裸足で歩いていたり、冬に夏のワンピースを着ていたりする子に、無視もできず返事をすると、ずっとついてこようとします。
ついてきている時に事故でもあったら、私の責任になりかねないし、困りました。
そのうち、「噛むー。」と答えるようになりました。
ある日、公園で、あまり見かけない20歳前くらいの男の子が、その子達をかわるがわる抱っこしていました。親戚のお兄ちゃん?と思ってみていましたが、何だか様子が変でした。女の子たちは、うっとりとしていて、お兄さんの首に手を回して抱きついて、離れないのです。
お兄さんもでれっとしていて変でした。
私はその頃貧血で、いつも倒れそうだったので、その場では何もできませんでした。
児童相談所に電話をかけて、ネグレクトではないかと相談しました。
その後、その家族の子供達への待遇は、大きく改善されました。学齢期の兄や姉達、祖父母たちが、その子達を気にかけるようになり、無事に学齢期に到達し、給食も食べるようになったからか、急に体も成長しました。
先日、神戸で殺されて捨てられた女の子の防犯カメラ映像が、少し前の、彼女たちのようでした。痩せていて背が低く、オシャレを精一杯しているけれど、何か変?という感じの雰囲気。
私はピンときました。
きっとネグレクトされていた子供なんだろうな…と。
ネグレクトの子供たちは、危険と隣り合わせで生きていて、本当の愛情がわからないから、騙されて事件に巻き込まれたりするのですね。
けれど、曖昧に優しくすると、もしも事件が起きた時に、真っ先に疑われる可能性もあり、迂闊に情をかけられない、現代社会の悲しさを、2日くらい味わいました。
最近煩悩と離れていたのに、すっかり煩悩に振り回されて、体調を崩しそうになったので、もう悩まないようにしたいと思います。

« フラウボウの思い出 | トップページ | ソン君の思い出 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/60386087

この記事へのトラックバック一覧です: ネグレクトの子供たち:

« フラウボウの思い出 | トップページ | ソン君の思い出 »

他のアカウント