« 母の生活習慣から考察できること | トップページ | 徳島での幽霊体験 »

2014/04/22

幽霊がいると思える事件二つ

幽霊っているよねー。そう思う事件が、息子の小さい時と姪っ子の小さい時にありました。
まだ肌寒いですが、さらに肌寒くしてしまうかもしれませんが、悪しからず…

息子が3歳くらいの時、私は日本海側のとある地域に住んでおり、当時の夫がバンド活動を趣味にしていたので、その練習を子供連れで見学したことがありました。
20数年前、田舎には練習できるスタジオも一つくらいしかなくて、予約が取れなかったり、お金がなかったりという事情から、周りに家がない空き家などを借りて練習することがあったのです。
海辺の崖際の道路沿いにある一軒家で、その事件は起きました。
玄関を入って階段を上がると、左側はベニヤ板の壁で、右側に練習する部屋がありました。
練習部屋は広くて海が見えて、昼に来たらなかなかの絶景だろうなというところです。
練習が始まってしばらくすると、横に座っていた息子が、「ママー、階段のところから、おっちゃんとおばちゃんとお兄ちゃんとお姉ちゃんが、おいでおいでってしてるー。一緒に遊ぼうって言うてるー。」と、言い出したのです。息子が言うには壁の向こうに呼ばれているらしいのです。
みても壁しかありません。
変だなーと思って、その家を探して来たギター担当に尋ねると、「やっぱり出たかー、実はそこの壁、向こうに部屋があって、気持ち悪いから僕がベニヤ板貼ってふさいどいたのよー。」と言う。
なんでも一家心中があった家だったらしい。
もう二度と行きたくないのに、私はその家に財布を落として帰ってしまい、自分は怖くて行けず、翌日、無神論者の元夫に取りに行ってもらったという…^^;

もう一つの話は、母の住んでいたマンションでの出来事。
姪っ子が3〜4歳頃で、保育園を休んだ時に母が姪っ子を自宅で預かっていたことがありました。
ある日、姪っ子が玄関先を指差して、「あーちゃん、玄関のとこにお姉ちゃんが立っていて、一緒に遊ぼうっておいでおいでするから遊んできてもいい?」と聞いたのだそうです。
玄関はドアが閉まっていて、もちろん誰も立っていませんでした。
それで、「誰もいてないよー。」と返事をして、なんとなくそのまま終わってしまい、姪っ子は無事に帰宅したそうです。
しばらくたったある日、ことの真相がはっきりしてきました。
そのマンションで、数年前に6年生の女の子が、勉強を苦になのか、いじめが原因なのか、はっきりわかりませんが、とにかく母の部屋の横にある非常階段の踊り場から飛び降り自殺をしたことがあったらしいのです。
マンションの住人ではなく、一階にあった塾に通う生徒さんだったそうです。
ちなみに母の部屋は6階でした。
あの時に、姪っ子がうっかりついて行ってしまったら、どうなっていたのかと思うと...

まあ、そんなこんなで、死んでも終わりじゃないんだな、と私は思います。

おいでおいでをしていた幽霊たちが、光の方へ導かれますように。

« 母の生活習慣から考察できること | トップページ | 徳島での幽霊体験 »

精神世界」カテゴリの記事

コメント

家の娘も小学校1年生の時、私の実父の葬儀、斎場にいったときから、あり得ない声が
ずっと聞こえ続け苦しみました。「毒を飲め」「このうどんを食べたら死ぬ」「地球が怒りで爆発する」「おばあちゃん家へ行ったら死ぬ」ETC・・・。とにかく娘を脅し意地悪な声が始終娘を襲い、娘の顔がすっかり青ざめて表情は無くなっていました。幸い中島先生が霊障に理解があり、自身も除霊してもらった金井先生のおかげで、娘の中に巣くった「ゴミ」(金井先生はそう呼んでました)を体から追い出してもらえ事なきを得ました。でも、金井先生の所へ行く前日の晩、主人も私もがやがやざわざわする声を確かに聞きました。私は鈍いので旦那がTVつけっぱなしてると思い「うるさいの~」と思いつつ無視して寝てしまいました。しかし気になった旦那が起き出して誰もいない隣のヘやに踏み込むとピタリと話声が止み、暗闇が広がっていたそうです・・・。

さおりんママさん

寒いわ〜。(笑)
その、ザワザワがピタリと止んだ体験、私もあります。
徳島のとある旅館で…
前にも言ったかもですが。また次にブログに載せましょうかね。
お嬢さん、今は元気になられて良かったですね!
母も、今は転院して中島先生のお世話になってます。
中島先生は、お話ししているだけで癒される方ですよね。
いつか私の鍼灸とコラボレーションできたらいいなぁ。
ところで、最近、私の周りの子供たち、霊感強い気がします。甥っ子も幽体離脱できそうだし。
ワンランク上の魂の持ち主かもしれませんね。^ ^

>あくび猫さん

その時、金井先生のところで娘をOリングしてもらったら、胸、心臓のところで見事にリングの指が脱力。
初めてOリングを体験した主人が吃驚していました。そういった輩は(ゴミは)急所に入り込むのでしょうか?
後、不思議なのは今12歳になった娘は、その取り憑かれたときのことをどうやら全く覚えていないこと。
どうも、その部分だけ記憶が欠落してて、TVなどでそういう特集(取り憑かれた人の除霊みたいなやつとか)
とかを偶々目にしたら「あんなん、作り話やんね。ホンマやったら怖いよー、ありえへんよね。」とマジで恐がり
『いやいや、あんた襲われ済み。大変やってんから』と突っ込みたくなるのを
主人共々ガマンしております。
忘れてくれてるなら、そのままが良いかと・・・。
お母様の介護、がんばっておられますね。
中島先生が診てくだされば心強いですね。
家も、実母のアルツハイマーが進行していて、
調子が悪いときは「わたしにゃ、娘などおらんわ!」と怒鳴り散らされ
こういう病気だとわかっていてもへこみます・・・。
あくび猫さんも、どうかご無理されずご自愛ください。

さおりんママさん

優しい励まし、ありがとうございます。
母は毎日、歯茎に何かできた、これ何やろ?と聞きます。
その都度説明しますが、すぐに忘れて…
私も壊れたレコードのように返事が画一化されてます。^^;
お嬢さん、すっかり忘れてくれて、良かったですよね。変にトラウマになられても大変です。
きっとお父様やご先祖様が守ってくれたのでは?と想像します。
胸のところで反応したとするなら、ハートのチャクラが開いていたのでしょうね。
大人になってチャクラを開いたり閉じたり上手に出来るようになれば、邪気の侵入も無くなるのかもしれませんね。

私は見た(霊感は無い)事ないのですが・・・・母が良く言ってました。
でも成仏しない霊は出てくると思います。無神論者の方がいますが、やはり除霊とかは必要でしょう?

30年以上前、あくび猫さん姉妹に聞いた話が色々蘇ってきたがな(>_<)でもぜひシリーズでお願いしますm(_ _)m

めいぴーさん

死後の世界はありますねぇ。
私は今も死んだ祖母が夢に現れて、色々メッセージもらってます。
夢の中では一言も言葉を発しません。
ただ、じっと見つめているのです。
でも、目が覚めて、何が言いたかったのかわかるという具合です。^ ^

せがかりさん

元気でやってますか?
私は母の世話で、カラオケも行けなくて寂しい限りです。^^;
上短も元気かなぁ。せがかりさんとセットで思い出す私です。
もう今までブログやホームページで話してるので、ほどんどネタ切れなのですが、徳島の件はまだかもしれないので、こんどUPしますわー。^ ^

素晴らしいプラダ 財布 激安 http://topprada.boibumba.net
ニューバランス 人気ランキング http://newbalanceshop.japanchanelmall.com/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/59511996

この記事へのトラックバック一覧です: 幽霊がいると思える事件二つ:

« 母の生活習慣から考察できること | トップページ | 徳島での幽霊体験 »

他のアカウント