« 忘れられないお葬式 | トップページ | 今を生きるために認知症になるのか »

2014/03/19

生まれの五行から体質を考える

去年、四柱推命の五行から体質を読み解き、体に合った食べ物を食べましょうという、変わった本をみつけました。

その本で私の生まれた年月日と時間から割り出した五行(木火土金水)は、ダントツで木が多かったのです。
逆に金と水がゼロという不安定な命式でした。
私の場合、バランスを取るために金と水を補う食事を取らなければ、ありすぎる木が土を剋し、火を生じ、ますます金と水がなくなってしまうという、涙が出そうな感じだったのです。
道理で、季節では秋と冬はいつも元気で、春は鼻アレルギー、夏は体が怠くてヘロヘロ、梅雨時には足がむくんだりして、イタイイタイと言っているのです。
ちなみに、春は木に属し、夏は火に属し、梅雨時は土に属し、秋は金に属し、冬は水に属します。

食べ物で補うことは、誰にでもできそうですが、鍼灸師の私としては、鍼や灸で補うのも良いかと思います。
春に鼻アレルギーで苦しむのは、木が亢進することにより、相剋関係にある金に属する肺経がますます弱くなり、肺経の表裏の関係にある大腸経に症状が出るのではと推測します。
季節は春、元々多い「木」が増えて、体のバランスを崩していたんだなと思うわけです。
そんな時には、やはり鍼で、金に属する肺経を補って、大腸経を瀉すと良いのかなと思います。
私は「水」も弱いですが、春に水に属する腎経を補いすぎると、相生関係である「木」を補うことになり、また鼻の症状を悪化させる懸念があります。

性格的には、木が多いということで「やる気満々」と言えますが、「木」を補う「腎」がゼロということで、やる気はあるが回らない感じなのかなと思います。
やる気だけで体を酷使しないように、普段から体を労わることに手を抜かないようにする必要がありそうです。

そんなこんなで面白い本でした。
誕生日の時間までわかる人は、一度占ってみると良いと思います。

« 忘れられないお葬式 | トップページ | 今を生きるために認知症になるのか »

本の紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/59320242

この記事へのトラックバック一覧です: 生まれの五行から体質を考える:

« 忘れられないお葬式 | トップページ | 今を生きるために認知症になるのか »

他のアカウント