2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 動物の保護場所と人の心の成長はセットでないといけない | トップページ | 大阪市住吉区庭井の伝承 ① »

2013/09/21

大阪市の犬猫の遺体引き取りについて色々考えたこと

私が中学生の頃だから、35年くらい前になりますか。
その頃、飼っていた猫が死んだ時、祖母が大阪市に引き取りを依頼しました。
祖母のことだから、猫にお金を払うなんて・・・と思ったからなのかどうか、飼っていた猫の引き取りには、ゴミ収集車がきたと聞きました。
実際見たわけではないので何とも言えませんが、その後、私は大人になり、道端で死んでいる猫をみつけた時に、大阪市に連絡をすることが何度かありました。
その際に電話で聞いた話では、道端で死んでいる猫はゴミ焼却場に運ばれて、ゴミとして焼かれるという話を聞きました。
家庭で亡くなった犬猫は、有料で動物用の火葬場で焼かれるということも知りました。
のちに、家が猫だらけになったので、私は大阪市の有料サービスを何度も利用することになりました。
道端で死んでいる猫がいたら、飼い猫かもしれないのだし、ゴミと一緒はかわいそうなので、家に持って帰って有料サービスを申し込みました。
長い間、連絡先は大正区の環境事業局でしたが、2012年以降、私の地区では西南環境センターというところに電話をすることに変わりました。
職員さんが賄賂を受け取っていたとか何とかいうことで、何人かの方が辞職されたということも報道されていたと思います。その際に今後そういうことのないように今のシステムに変わったのだと思います。
以前は職員さんは割ときちんとした出で立ちでお迎えに来られました。ネクタイをしめていたような気がします。
その後、事務職員が着るような上着に変わり、そして今は、清掃作業員の青いツナギでくるようになりました。
このツナギが私は気に入りません。
何だか料金を支払っているのに、ゴミと一緒に焼かれてしまうんじゃないかという、不安が芽生えます。
きちんとした出で立ちだと、葬儀屋さんのようなイメージになってしまい、申し込みをした市民が間違えて、チップというか、おひねりというか、そういうことをしてしまう懸念があるから、制服を廃止したのかもしれません。たぶんそうだと思います。
でも、今まで、厳かに礼儀正しく引き取ってもらっていたのが、急に清掃作業員のツナギを着てこられると、厳かなイメージはぶち壊しとなります。
1700円で文句を言ってはいけないのかもしれません。文句があれば、動物の葬儀屋さんでたくさんお金を払えばいいと、そういう論理も成り立ちます。
これからは、動物の葬儀屋さんにお金が流れ込んで景気がよくなるのでしょうか?
貧乏な人は、公園や河川敷に違法に埋葬しようとするかもしれません。伝染病で亡くなった場合などは、衛生上の問題が発生します。
せっかくの市民サービスが無くなってしまう可能性と、今まで積み上げてきた衛生上の努力が無になる可能性があるのではないかと、ちょっと心配になりました。
まあ、ゴミと一緒に焼かれても、動物専用の火葬場で焼かれても、咲州に埋め立てられることは間違いないようですが・・・

« 動物の保護場所と人の心の成長はセットでないといけない | トップページ | 大阪市住吉区庭井の伝承 ① »

動物たちの話」カテゴリの記事

コメント

疑えばキリの無い事でしょうが・・・・・
私は轢かれている子や道端で亡くなった子以外は市役所に頼んだ事はないんですが・・・と、言うのもお骨が欲しいからですが・・・・
あくび猫さんちほど多かったら・・・・無理でしょうね!
お隣の茨木市はお金を少し多く出したらお骨が頂けると聞いています。でも、それも違う子のお骨かも知れませんが・・・・
私の考えでは・・・本当に人の嫌がる事をして戴いている(うちの市では業者さんと思われますが、白骨化等そりゃあ怖い姿でも野良ちゃんなら無料)方に、心付けを渡す事は違法なんでしょうか?そりゃあ向こうから催促よがしに請求してくるのは違法だとはおもいますが・・・四角四面に世の中がマニュアル化されて来てるからしょうがないんですかね?

めいぴーさん

そちらは市から依頼されて業者さんが来ているのですね。
業者さんには少しくらい心付してもいいかなと思えますが・・・
大阪市の場合は、一応、公務員なので、葬儀屋さんと誤解されることのないように、そのようになっているのだと想像します。
以前どこかで、動物専用の葬儀屋さんが、火葬したと嘘をついて遺体を山に捨てていた事件がありましたよね。お骨は違う犬のを渡したりして。
まあ、死んだら終わりなので、それ以上執着しないことには異論はないですけど、それを逆手にとって、変な商売をされたら困りますよね。^^;
民間は、そういう詐欺商売をするところがあるから私は大阪市の有料サービスを信頼してたんですけど、さすがに清掃員のツナギは・・・最後は同じところで埋め立てられるとしても、一応お金取るんだからケジメはつけてくれたらなあ〜って思ってしまいました。

私も外暮らしの子の遺体は市役所にお願いしています。(家の子はすぐ近所にあるペット霊園で焼いてもらっているので、棚が骨壷一杯になって、実はもう満杯(>_<)。)

ところで、うちの市は少しシステムが違っていて、引き取り依頼をする場合、家猫は有料、家のない子は無料です。
で、こちらから市役所敷地内にある冷凍庫まで運んだら、家猫、外猫とも無料です。
箱に入れ「猫」とか「犬」「鳥」等々種類を書くことになっていて、冷凍庫の前で名簿に住所氏名を書きます。

引き取りに来てもらった子も冷凍庫まで運んだ子も、同じランドクルーザーが迎えに来るので、行き先は同じだと思うのですが、うっかりしたことに、どう焼却をされるのか尋ねたことがありません。
(ワザワザ種類を書く義務があるので、一般ゴミとは別に焼かれると勝手に思ってしまっていました(>_<))

ちなみに私は引き取り依頼すると、時間がかかったりするので市役所の冷凍庫まで運んでいます。

ああ、でも・・・もしゴミと一緒に焼却されているとしたら・・(=_=)(ToT)

yukoさん

なんだか余計な心配を増やしてしまってすみません…
私の場合は中学生の時に飼い猫がゴミ収集車で処分されたかもしれないというトラウマがあったので、機会のあるたびに確認したんです。
それも10年に一回くらいの割合なので、聞いた相手も違うだろうと推測します。
確認したのは3回くらいですが…
その度に、飼い主不明の場合はゴミ焼却場だと聞きました。
そんなことを一々聞くのは私くらいだったかもしれません。
一度、死んだ猫を引き渡す日に、偶然みつけて連れ帰った交通事故で死んだイタチを一緒に持って帰ってくれました。動物として焼いてくれると言ってくれました。優しい方でした。
昔は動物霊園マンションみたいな所に仏壇みたいなところを借りてたんですが、お参りにも行けないしキリがないので合祀してもらい、その後は環境局頼みでした。
知らぬが仏で、聞かない方がいいかもしれませんねぇ。

いえいえ、確かにどう焼却され、遺灰はどうなるのか確認するのが情だと思います。
確認しなかったのは、心のどこかでゴミの灰と一緒くたにされるのかもと思っていたからかもしれません^^;。
今度、機会があったら聞いてみようと思います

子供の頃は田舎暮らしでしたので、動物が亡くなった後、遺体を埋める場所はいくらでもあって、埋めた場所に石を置いて花苗を植えたりしたものでした。
都会ではそうもゆかなくて、不自然だなあと思います。

ああ、それにしても・・あの咲州に埋められると思うと、ううううっとなりますよねぇ。

yukoさん

人間にあわせて暮らす猫さん達も、死ぬ場所を選べなくて可哀想だなぁと思います。
昔は、そうですよね、お庭や土手みたいなところとかに埋めたりしましたね。
今は何かと窮屈なことになりました。
私は自分が死んだら、灰を、綺麗な景色のところに撒いてほしい派なのですが、日本では散骨はまだマイナーですね。
お墓は環境破壊だと思っています。
瀬戸内海の志々島とか粟島の人たちは、土葬が普通だったらしく、四国の病院で死んだら焼かれて骨になって帰るのが嫌だと言って、みんな病気になっても海を渡って治療したがらないと、聞いたことがあります。
冗談みたいな話ですが、なんとなくその方が長生きなような気もします。^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/58237927

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪市の犬猫の遺体引き取りについて色々考えたこと:

« 動物の保護場所と人の心の成長はセットでないといけない | トップページ | 大阪市住吉区庭井の伝承 ① »

他のアカウント