2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« ブライトの話 | トップページ | 貧血の原因 »

2013/02/21

母のこと

母は最近、とみに呆け症状が悪化してきたようで、先日も妹の犬の散歩をしていているときに、自転車の通行人を犬が噛んだのに、「大丈夫?」くらいのことは聞いたらしいのですが、そのあと、どさくさに紛れて謝らずに家に帰ってしまっていたことが発覚しました。

商店街のお店の人が私の母であることを知っていたので、私のところに連絡が来て、私が平謝りに謝って許しを請いました。
幸い、相手が悪い人ではなくて助かったのですが、母には社会的な判断力というものがもう無いのだということを、思い知った次第です。

でも、私はちょっと想像してみました。
母が、大阪という大都会に住んでいなくて、のどかな山奥の村で暮らしている年寄りだとしたら。
幼稚園の頃に疎開していた四国の山奥だったら、もしかすると母は、今でも普通に暮らせるのではないだろうかと。

疎開先では、小川でお米をといでいたそうで、母はまだ5才くらいなのに小川にお米をとぎに行かされ、お米を流してしまってひどく叱られて、祖母から折檻を受けたということを、よく話していました。
だから、田舎暮らしはまっぴらだという風に語っていましたが、子供の頃に身につけたライフスタイルで生きられるのなら、もしかすると、もう少しマシな状況になっていたのではないだろうかと思うのです。

都会では、空気を読んだり、礼儀作法があったり、色々大変なことも多くて、母は窮屈で仕方なさそうです。
もう、母には空気を読むことなど、とうてい不可能だからです。
母は今、疎開していた5才くらいの少女にもどっている感じがします。

5才なのに、かじかんだ手で大家族のお米をとぐのは、どんなに大変だったか。
それを川に流してしまい、祖母から叩かれて叱られたことも、どんなに辛かったろうかと思うと、可哀想になってきます。

そんなトラウマを抱えたまま大人になり、自分も子供を産んで母親となったけれど、きっと小さい頃に傷が付いてしまった心は、今まで癒されることがなかったのではないかと思います。

家に一緒に住もうと誘っても、うんと言ってくれません。
自分から家出をしたことも後ろめたいし、さんざん自由を謳歌してきたから、今から窮屈な暮らしはできないと、残された正常な部分が邪魔をします。

私も専業主婦ではないから、ずっと母に付いていることも出来ません。
やはり、挙げ句の果ては施設行きになるのかと考えると、私自身もこの世界にがんじがらめに縛り付けられている気がしてきて苦しいです。

今度生まれるときは、絶対に大都会はパスしたいです。
というか、地球に住むところが残っているか心配ですが・・・

« ブライトの話 | トップページ | 貧血の原因 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ああ、もう・・母上はあくび猫さんを娘に持つことができて幸せな方だなあと思います。。。

世の中には親を捨てる人って結構いて、そんな孤独な老人を何人も知っています。
その老人達は別に家を出たわけでもなく、最後まで子育てを全うしたのに、なぜか捨てられています。

知人の一人娘で育った人は、大事に甘やかされて育ったにも関わらず、いざ親が認知症にかかるとどうしたら良いかわからないらしく、精神的に耐えられず逃げてしまって、なぜか赤の他人のうちにとばっちりがきたりしています。

その点、家出をなさった母上を許し、理解しようとし、年老いてからは庇護して差し上げられるあくび猫さんは真に美しい魂の持ち主だなあと思います。

それにしても、お母様は身体がお元気で外出されるので、家族は大変な時期ですねぇ。
わんちゃんの散歩に行くかわりにデイケア施設とかで過ごして戴けたらちょっとは安心ですよね。車で送迎もしてくれるし・・・。

ともあれ、何かあくび猫さんの負担が軽減できる方法を探さないとけませんね・・このままでは、大変ですもの。。

それから、そうそう、私ももう都会では暮らしたくありません。。うんざりです。

あくび猫さん、大変でしたね。
でも、今までのブログから
お母様から色々と
振り回されてこられたのに、あくび猫さんは優しいな、と思います。

私も、実母、実兄との確執を書き出せばキリがないので・・・やめときます。ですが、傷つけた方は全く罪悪感とかないようです。

現在、私の実母はアルツハイマーで要介護3です。
実家にいて、実兄が介護しています。
長い間、ニート働かずで実家に寄生していた
兄が介護の面でははじめて役立っています。
ですが、介護を理由によけいに働く気持ちがない。
あっ、また違う方に話が・・・

失礼しました・・・。
すでにされてたら、すみませんが
まずは、お母様に物忘れ外来や心療内科で
診察を受けていただくこと。
そして、介護保険の申請受けられるよう
介護の認定を受けること。
診察を受けたときに相談すれば病院に
申請用紙を備え付けて居るところが多いです。

そして、程度によって、施設に入れなくとも
ショートステイなど利用したり
最初抵抗があるかもしれませんが
ヘルパーさんに家事や介護を手伝って貰えば
かなり楽になります。

あくび猫さんも、お仕事等抱えてらっしゃるので
出来うる限り、身内だけで抱え込まない方が・・・
と思います。

チェリーちゃんも心配ですね。チェリーちゃん自体には
非はないと、思います。
お母様と誰かもう一人補助してくれたらお散歩できるかな?
ヘルパーさんじゃなくペットシッターさんで
事情をわかってくれる方がいるといいですね。
お母様の生き甲斐もなるべく失わず
あくび猫さんの負担もあまり大きくならないことを
祈ります。

ちなみに、兄も、母も介護認定をうけることすら
嫌がりましたが、私が申請用紙を取り寄せ、必要事項を書き込み
・・・それでもお尻の重い兄は数ヶ月かかりました。
母には80歳越えたら保険のため
みんな、どの人もお役所の人が話をききにくるんだよ。
と説得しました。
でも、ぶんむくれていましたが・・・。

あくび猫さん、どうかお疲れがでませんように。


yukoさん、さおりんママさん

ありがとうございます。
やはり誰もが家族が認知症になると戸惑いますよね。
母と話をしていると、壊れたレコードプレーヤーとか、出口が見つからない迷い道クネクネみたいな気分になります。^^;

毎朝、貯金通帳の事や、鍵の事、犬の散歩の事を説明しても、すぐに元の木阿弥になって振り出しに戻ってしまうんです。
母を一人前の人間だと思って話をするとこうなってしまい、正直がモットーの私は、どうしても母に嘘をついて丸め込む事が苦手なのです。
今日は、そんな人のための本をアマゾンに注文しました。

介護保険の方は妹が専門職なので、手際良くやってくれているようです。
もうすぐしたら認定されるのではないかと思います。
そうしたら、デイサービスにも行ってもらいたいです。

チェリーの代わりに、うちの猫を連れて行って可愛がってもらうというのはどうかな?と、ダンナが言いますが、チャチャが去年亡くなった時に、世話をしてもらえてなかった気がしたし、ウサギが一歳にもならないうちに死んでしまったので、恐くて可愛い猫を預けられません。

今は一日一回チェリーの散歩に私がついて行くので我慢してもらおうと思っています。

それにしても、毎朝一時間くらい母の迷い道発言に付き合うのは疲れますわ。(−_−;)

本当に認知症の方を家族が面倒をみるのは大人手3人が必要ですよ。土台仕事を持っている方には無理な事です。息子と娘が居る私だって認知になったら家族に見て欲しく無いですよ、後ろめたい気持ちにならずに、多いに施設を利用してください。面会に行って楽しい話しだけして帰る、その方がどちらも楽しい気分になりますから。お母さんもその方が精神衛生上、楽になれるはずですから。
チェリーちゃんはきっと自転車等に乗っている人に怖い目に遭わされたんだと思います。トラウマでしょうね・・・

めいぴーさん

この前も、以前、野良猫にエサをあげたり避妊手術をしていた人が認知症になってて、愕然としました。
ダンナさんに死なれて、一人になったとたんに呆けてしまったようです。

指の傷が治らないと言っていたので、お薬を塗ってあげて、乾燥させないようにしてねと声をかけたら、とても喜んでました。
孤独って人を呆けさすんでしょうか。

施設の料金、高いらしいですね。
妹が言うには一ヶ月18万円とか。
今、5万円を母の家賃で出してますけど、母の年金を足しても12万です。あと6万、妹が出すかなあ~と思います。
施設に関して、私は全く知識不足ですので、これから情報を集めていきたいと思います。

私も、子供に迷惑をかけるくらいなら、早く死にたいですわ。
そういえば、死んだばあちゃんも、ぽっくり寺にお参り観光していたような気がします。

あくび猫さん、お久し振りです。コメントありがとう^^わたしもあくび猫さんのことを思い出していたところで、なんかドンピシャなタイミングでビックリでした。

親が年老いてくる年代ですよね。
うちの両親は年齢のわりにはすごく元気で、父は今も毎日仕事しにオフィスへでかけていますが、友達のお父さんやお母さんたちも病気になったり、認知症になったり、亡くなられたりなんて話をよく聞くようになりました。

この3月21日(なんと、わたしの誕生日!)は両親の金婚式で、わたしも日本にいって一緒にお祝いします♪
金婚式を二人一緒に元気で迎えられるって、幸せなことですよね^^

久し振りにまた、あくび猫さんともお会いしたいな~♪

COCOさん

ご両親、頭の方がしっかりしていらっしゃって、うらやましい限りです。
私たちの親の年代になると、頭か体のどちらかは故障している方が多いですよね。

もうすぐお誕生日なのですね。
私も、COCOさんのことを思い出して、ブログに遊びに行きました。
テレパシーでしょうか?(笑)

二人で見た、あの不思議な夢の世界を、いつか本に書いてくださると嬉しいです。
私たちは子供の頃に、不思議な世界のお兄さんから、夢の世界で何か教育を受けているはずだと思います。

来日の時に、お会いできればいいのですが、最近の私はダンナの手伝いに忙殺されています。
自由になれるのは、夜中だけで、それも韓流ドラマなんか見ている始末。
もうひとふんばりしないといけないと思いつつも、体力がなくて困ってます。年ですわ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ブライトの話 | トップページ | 貧血の原因 »

他のアカウント