« なかったことにしたい気持ちはわかる | トップページ | 猫の慢性腎不全 »

2012/06/24

地球環境と動物愛護

もうだいぶ前になりますが、私が動物愛護に目覚めてかけ出しだった頃、同時に地球環境保護にも目覚めていたのです。
ネットワーク地球村の会員になるのと同時に、関西動物友の会の会員にもなっていました。

私は、都会で動物と共に暮らすと、地球環境保護とは反対の事になってしまう矛盾に悩んでいました。

ある日、私はネットワーク地球村の講演会を聞きに行き、講演会の後に代表の高木善之さんに握手を求めました。
その時に、自分の悩みを少し打ち明けました。
高木さんは、「いつか自分で答えが出せるよ。」と言ってくれましたが、簡単には答えを教えてくれないのかと、ガッカリしました。

あれから、かれこれ15年くらい経ちましたが、やっと答えが出かかっています。
要するに、ペットを飼うということ自体が自然からかけ離れているために、そこから矛盾が生じているのです。
こんな簡単なことがわかるのに、15年もかかってしまいました。

15年の間には、猫を次々と捨てられて家が猫だらけになって、その掃除に明け暮れたり、里親探しに明け暮れたり、生きるために働いてばかりいて、時間がどんどん過ぎていってしまったのです。

その間、地球環境保護は、なおざりになってしまい、猫たちの部屋のエアコンは付けっぱなしだし、汚い水は流すし、ゴミはどんどん出すしということが、どんどんエスカレートしていったのです。
何しろ、最高60匹も家にいたのです。敷地面積たった12坪くらいの家に。
地球環境どころではありませんでした。

今、猫の数は10才以上の成猫が21匹となり、今度は病気で次から次と、どんどん死んでいきます。
死んでいく猫に対して思うことは、たくさんの猫たちを、狭くて日のあまり当たらない部屋に閉じこめて、死ぬまで幽閉してしまったことの後悔です。

都会では仕方がない、猫は外に出なくても大丈夫。
一理あるのですが、私はどうしても猫たちに申し訳がなくて、毎日謝ってばかりいます。

そして、15年ぶりにやっとわかったこと。
それが、ペットを飼うということ自体が自然からかけ離れているために、そこから矛盾が生じているということだったのです。
人間自体も自然からかけ離れているので、それに合わせようとすると、動物も自然から切り離さざるを得ない。
本当に、動物を愛護しようと思ったら、人間が自然に帰るしか方法が無いということがわかってきたのです。

究極の答えは、人間が自然から離れてしまっていることを修正しないことには、真の動物愛護は成り立たないということだったのです。

今更、文明生活を捨てられるわけもないですので、折衷案として、人々が分散して暮らし、大都会に集まりすぎないような暮らし方を模索するのが良いのではないかと思います。
そして、猫は昔のように放し飼いで、人の家の軒を借りて共生していくような、そんな世界はできないのかなと、私は思います。

簡単には答えを教えずに、自分で考えさせてくれたネットワーク地球村の高木代表に、今は感謝をしています。

« なかったことにしたい気持ちはわかる | トップページ | 猫の慢性腎不全 »

動物たちの話」カテゴリの記事

コメント

(イノチアクションお疲れ様でした~~)

そうですよねえ・・・確かに。。。

私も最近、ブログとYouTubeで公開されてる「かご猫」さんの生活を見る都度、いいなあと思ってしまいます。車に撥ねられたりする危険のない自然豊かな所で、猫好きの人達だけの村に棲みたいです。

あっ、そうそう、普通のサイズ水車で4軒分の電気需給できるんですって。
移住するならやっぱ水力発電できそうな清流があるとこにしましょうか?(あっ!また妄想暴走しそう)

yukoさん

デモ参加、お疲れ様でした。(^O^)/

清流は必須アイテムですね!
洗濯も気持ちいいし。(^ ^)
昔、小6の時に九州の山奥で湯治をした時、山の湧き水で洗濯してました。とても気持ち良かったです。
それで発電できたら言うことなし。
小水力発電でしたよね!

猫好きが住む村を作りたいですねー。
過疎の村を一つまるごと借り上げられたらいいなぁ。

>過疎の村を一つまるごと借り上げられたらいいなぁ。

おおお、そのお言葉にまた脳みそが爆走してしまいそう。←今、村の鳥瞰図眺めてる@脳みそ

yukoさん

過疎の村、海辺はパスですね。
緩やかな里山があるような所がイイですね。
海にもそれほど遠くなくて、作った野菜と魚の干物を物々交換できたらいいのに。
でも、今となっては魚はもうダメかもですが。

そそ、海辺はパスですよね。
標高100m以上はほしいなあ。
できたら300~500mとか思いますわぁ。
山をぐるっと回って降りると海みたいな。
となると車は必需品ですね。

それに、そうそう!私も昨夜から物々交換のことばかり考えてたんです~~!!
アイツラから隔絶したいですもんねぇ。

あっ、またまたそれから鶏も採卵だけの目的で飼うのはいいですよね。卵を産まなくなっても、鶏生を最期まで庭の鳥として過ごしてもらうんです。

ところで、twiで最近「りえし@山下 理恵」という人(関東から実家に疎開中みたいです)をフォロしたのです。(興味深いツイを見かけたのでログを見たら私と全く同郷の人だった!のですよ)

一昨日だったか、彼女達、市民で電力会社を作ったらどうかとか囁いてました。
で、思ったのは、小さなコミュニティー毎に完全自家発電を始める方法を探る時期がきてるのかなぁとつくづく思ったんです。
田舎だと光以外に風水地熱色々あるのですよねえ。

都会はアスファルトの熱やビル風、騒音なんかも発電に使えないかなあとか・・
安く大量に蓄電できる方法もあるはずだなあとか・・

脱既存電力会社の方法を楽しく思考し始めてます♡


yukoさん

アスファルトの熱やビル風、騒音からの発電、いいですねえ~。

少し前までは、一般人には節約の意識があって、太陽熱温水器を屋根に取り付けている家もたくさんあったんですが・・・

あれだけでもあったらいいですわ。とりあえず。
引っ越す前の家にはあったのだけど、今の家にはないのですよねえ。

アスファルトの下に、太陽熱温水器がセットされていたらいいですねえ、地下に。そしたら水道を屋根まで上げる必要もなく、便利この上ないですけど。
すぐに無駄な工事でアスファルトめくらなければいいアイデアですけど・・・

鶏、無精卵を少し食べさせてもらって、あとは、のんびり暮らしてもらえたらなと思います。
ターシャテューダーが飼っていた鶏がいましたけど、あんな風に大切に一緒に暮らせたら、どんなにいいでしょうね。

今居る人類の勝手な行動で動物が殺されたり、悲しんだりするのは、ゆるされることではない。人と動物が手と手を取り合うなんて無理だ。現に、同級生のオトコは動物には愛情表現ができるという私の意見を真っ向から否定した。その癖公的環境水の開発を夢見ている。100万年早い話だ!私は、市街地や一切の公共施設を全て動物の住める森、林、海、川にする計画を打ち立てた!協力者を乞う。

これまで人類は自分達の繁栄ばかり気にし、動物の惨殺ばかり繰り返してきた。これからも続くに違いない。「環境に優しい」という名目で「人間に優しい」を推進している。動物が市街地にやって来たら、卯も言わせず、殺す。愚か。たった1匹の動物を、武装した、自分より大きな人間数人掛かりで殺したり、捕獲したりする。卑怯な。自分達で動物の住みかをへらしておいて、市街地に降りてきたら殺す。
失望、絶望、憤り、怒り、悲しみが沸々と沸いてくる。このままでいいのか?ペット等は、その最たる例。人間の思うままの窮屈な生活を強いられている。人間と動物、果たして、「何が違う?人の命は金で買えない。だが、動物は金でしかも気軽に買える」だと?ペットと人間は一緒にいてはいけない!この地球上で!いつ!人間に!こんなにも憎たらしい特権が与えられた?

テラムラさん

はじめまして。^ ^

テラムラさんの言っていること、よーくわかります。
人類こそがこの地球上からいなくなるべきではないか?
私もそう思って、それこそ色々調べました。
もしかして、人類は地球で元からいた種ではなくて、宇宙から来た自分の星を滅ぼした種族が遺伝子に細工して出来上がった新生物なのでは?とか。
今のところ、欲を捨てて動物たちと共生できそうな人類の数はとても少なくて、そのうちに地球から大災害を起こされて、淘汰されてしまうのではないかと思える今日この頃ですが、とりあえず、諦めずになんでもいいから模索してみようと生きています。
今、物理的に何をしても、良くなる気配が打ち消される昨今なので、心の中を穏やかにすることで、もっと良いパラレルワールドに移行できないか実験中です。
テラムラさんも、是非、怒りを捨てて、実現に加わってください。
たくさんに分岐してしまったタイムラインを、一番良い状態の世界に収束させるにはどうしたらいいか、それが最近の課題です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なかったことにしたい気持ちはわかる | トップページ | 猫の慢性腎不全 »

他のアカウント