« 替え歌 脱原発 | トップページ | なかったことにしたい気持ちはわかる »

2012/06/07

私たちは一つ一つのシャボン玉なんだけど本当は全員、空なんです

この頃、「そうかあ、見ている世界が違うんだなあ。」と思える出来事がたくさんありました。
それは、あの原発事故から、確実に始まったと思います。
それまでも何となく思っていたのですが、この頃確信を持ちはじめました。

この、生きている現実だと思っている世界で、私たちは、各々の夢を見ているのだということを。

原発事故で、急に環境保護や反原発に目覚めた人。(これ私など)
いつも通りにお笑い番組を見たり、スポーツを観戦して暮らす人。(これダンナなど)
趣味の世界に生きる人。(これ息子など)
犬猫助けに奔走する人(仕事で出会う多くの犬猫ボランティアさんなど)

放射能を拡散させないようにしたいのに、周りの人と話をしていると、何事もなかったかのような反応だったりするし、放射能もこわいけど、自分が没頭していることが頓挫する方がもっとこわいと思っているような反応が多くて。

私の場合は、惚けた母が毎日家にやってきて、「年金をもらってないから手続きしてくる。」という話をしてくるという日常が繰り広げられていて。

母のみている夢は「お金」なんだなあ、とか、思ったりします。

みんな、311の前までは、好きな夢を見られていたんだと思います。
思いっきり、自分の夢の中に没頭していて良かった。
でも、私はあれ以来、ちょっと目がさめかかってパニック映画のように慌ただしい夢になりつつあります。

なんというか、シャボン玉ってあるじゃないですか。
シャボン玉って、空が映りますよね。空が映ってきれいでしょう?
私たちは、一つ一つのシャボン玉なんだけど、本当は、全員、空なんです。
そして、空がしたいこと、見てみたいことを、自分に映して見せているのではないかと思います。

となりのシャボン玉に、同じものを映せと言っても、なかなか映してくれないのは、もちろん、角度も変われば映る景色も違うでしょうし、そのシャボン玉は与えられた使命を全うしようとしているんだと思います。
あるいは、空に見せていることをすっかり忘れて、自分が映った景色に見とれてしまっているのでしょう。

私は311の事故を見て以来、まあ、それまでにも色々な不思議体験もありましたから、半分目がさめかかっていて、シャボン玉が割れそうになっているのです。

でも、なんとか、地球を守る夢にしがみついているような状態なのではないかと思います。

そんな状態なので、私は熱く生きられなくて、テレビでスポーツ観戦をして「よっしゃあ~」とか言っているダンナをみると、白けてしまって仕方がありません。
みんな何で、前と同じ日常を生きられるのかが、わからなくなってきているのです。

あんな事故、無かったことにしたい。電気もダバダバ使って、世界中の食べ物を食べて、今まで通りの何も心配せずに暮らしていた世界にもどりたい。みんなそう思っていると思います。
放射能以外のことだったら、それができた。

どんな辛いことも、無かったことにして忘れたようにして暮らすことはできるけど、放射能が体をむしばむ現実は、無かったことにできなかった。私には。

でも、無かったことにして生きている人たちがたくさんいて、そのことに私は驚いていて、しかも、自分自身も半分あきらめて、日本でとれた食品を食べていたりしている。

夢はずっとみたいたいのに、半分、さめかけている、でもまだ起きたくない。
そういうことになっているみたいです。

そんな日常の中で、「そうかあ、みんな各々の夢をみているんだなあ。」とつくづく感じている今日この頃なのでした。

« 替え歌 脱原発 | トップページ | なかったことにしたい気持ちはわかる »

精神世界」カテゴリの記事

コメント

ああもうホント、まるでマトリックスの世界だったんだ==!と愕然としてる最中ですわぁ。。

シャボン玉の虹色が消えて透明に近くなっちゃって、外の空の様子が見え見えになっちゃったとか、シャボンが弾けて生身で掘り出さされて、この世の本当を見せられながら急降下中って感じです。

日本だけじゃなくて、もう世界中がおかしいですよね世界中が・・!

多くの人が相変わらずシャボン玉という幻想の中に生きさせられているけれど、自分で気づかなければ、ある日突然外部からつつかれて弾け飛んで、何が何だかわからないまま真っ逆さまに堕ちてゆくんでしょうねぇ。

あの大津波の後、フクイチ近辺で怪我をしながらも何とか助かって、救助を待っていた人がいるんじゃないか?と思うんですよね。でもフクイチが爆発して放射能漏れが起こり、誰も救助に来なかった。。

もし、そういう風に生き残って動けない人がいたのだとしたら、どんな風に感じたろう?って時々考えるのですよね。

潮騒と風の音に包まれながら、寒さの中、身を横たえて
「誰も救助に来ないなんて、日本は、壊滅したのだろうか?」
「これは現実なのだろうか?夢であってほしい」
って思っただろう、訳が分からず、辛くて恐かったろうなって思います。

原発安全神話という虹色のおとぎ話の中に暮らしていて、そっちが幻想のような世界だったって気づかないまま、救助がこないことに絶望して亡くなっていったんだろうなと胸が詰まります。

シャボン玉を外から自らでなく、外から破裂させられた最初の犠牲者なんでしょうね。そういう亡くなり方をした人がいるとしたら・・。

yukoさん

ああもう、このコメント、そのまま時間旅行のブログにコピーして貼ってもらったら、Tweetしたい気分です。

まさに、あの事故で亡くなられた方々は、強制的にシャボン玉を割られたのだと思います。
原発事故さえなかったら、迅速に救助されたはずだし、今頃は復興して元どおりになりつつある頃だと思いますよね。

早くシャボン玉の中でプカプカ浮きながら夢みている事に気がつかないと、取り返しがつかないのに、気づいてるのは少しだけっぽくて、もうダメぽな気分です。

フクイチの事故が無かったら、人間も動物も助かった命を数えたらすごい数になると思います。この事想う度に可哀そうで、私の涙のツボが・・・(ToT)(T_T)(ToT)

だから、鼻の奥がツンツンして、ブログにもなかなか書けなかったんですが、あくび猫さんのシャボン玉の例えを読ませて戴いて、何の心の準備もできていないのに、シャボン玉をいきなり割られてしまった人もいるんだなと思ったら、その人達の事、触れずにいられなくなってしまいました。

本当に本当に、原発の存在を安易に許してしまってきたことが、悔しいです。
太古から大津波は繰り返し発生してでも、祖先達の努力で復興してきたんだけれど、今度ばかりはダメぽ。。。100万年も近づけない土地を作ってしまったんですよね・・私達は。

その上、フクイチは一年以上経った今でも放射性物質を排出し続けてるというのに!野田政権が今にも大飯原発を再稼働しようとしてることに、絶望を伴う脱力感を感じてしまいます。。

原発再稼働という事実より、この状況を見てもなお利権を守る野田という人が自分たちの国のトップだということに、言いようのない怒りと悲しみにも襲われて仕方がありませんわ。

P.S.今日、国会中継見ながら念を送ってみました(-_-)/~~~ピシー!ピシー!。

yukoさん

念を送る時、こちらに邪念があれば、自分に返ってきてしまいますから、野田総理の心がコロッと変わって、「改心した悪代官」のイメージで、愛の念を送ってあげましょう。

みんな、なんで気がつかないのでしょうねえ、やはり、今まで見てきた夢が覚めてしまうのが、嫌なんだろうなと思ってます。

「改心した悪代官」のイメージですね。。ああもう!「おんどりゃ、再稼働したら許さんぞ!」とつい鞭を送ってしまう私って、修行が足りませんわ~(>_<)

つい、今しがたもブログで「地獄行きだぞ」と書いてしまいまちた(汗)。

yukoさん

おお、ブログ読みに行こう。

江原宏之さんがよく、人を呪わば穴二つと言ってますからね。
だいたい、ああいう人たちは呪術に長けていて、ひょっとしたら呪い返しが得意かも知れませんから、気をつけましょう。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 替え歌 脱原発 | トップページ | なかったことにしたい気持ちはわかる »

他のアカウント