2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 私たちは一つ一つのシャボン玉なんだけど本当は全員、空なんです | トップページ | 地球環境と動物愛護 »

2012/06/20

なかったことにしたい気持ちはわかる

原発事故があってから、そこで商売をしている人たち、電力会社の系列で働いていた人たちと、色々いると思うけど、経済が潤滑に回るためには、「原発事故で放射能が播き散らかされた現実」はない方が望ましいと思います。

仮に、そこで診療をしている開業医だったとすると、病気を「放射能の疑い」なんてカルテに書いてしまうと、大変なことになります。
人々は逃げ出して自分の病院にきてくれる患者がいなくなるのは困るからです。
だって、開業するときに、大借金をしているんですよ。
歯医者でさえも、レントゲンや診療用のベッドをそろえたりするのに、一億くらいお金がかかると、友人に聞いたことがあります。これが、超音波画像診断装置や、CTスキャンなどをそろえていたりしたらどうなるか・・・

そりゃ、なかったことにしたいですよね。

商売だってそうです。
買ってくれる人が住んでいないと、売れないんですから、事業資金も返せないし、家のローンも返せなくなる。

平和が一番。

電力会社に賠償請求がたくさん来て、倒産したらどうなるでしょう。
関連企業の社員たちは戦々恐々としているのではないでしょうか?

だから、なるべく、住んでいる人全員が、「放射能なんてないんだ、病気は単なる偶然か、運が悪かったんだ」と思ってくれるのが一番です。

事故から一年たって、「ほら何もなかったじゃないか」という人がいますけど、直接あびた放射能ではないので、結果がすぐには出ないんですよ。

5~20年かかる場合もあるんです。

そのときになって、慌てても後の祭りだということを、政府や関係者はよく知ってます。
後の祭りになるのを狙っていると思います。
証拠がないと認めてもらえませんが、体調不良で訪れた開業医が20年後に開業しているかわかりませんし、開業していたとしてもカルテを保存してあるかどうか保証はありません。

タバコを吸う人はタバコのせいにされるでしょう。
とにかく、原発との因果関係を切り離す方向へと持っていかれるでしょう。

うまく証拠を取り揃えられて、賠償金をもらえる人は、ホンの一握りになるでしょう。
より賠償請求を複雑にするために、膨大な量の書類に目を通さなくてはいけません。

20年後にあなたは何歳になっていますか?
私は68歳です。
今、74歳の母を見ていても、とてもそんな難しい芸当をやってのけられそうにありません。
泣き寝入りになるのはほぼ確実です。

もしも、福井の原発で事故が起こったら、大阪もそうなります。
その時、やはりみんな、何事もなかったようにしてしまうのでしょうね。
何事かあれば大変。
従業員に給料も払えなくなる。
テレビを見て笑い、風呂上がりに冷たいビールをグイッと一杯なんてこともできなくなる。
だから、いつも通りを装うしかない。

でも、結果はでます。
そういうことをして、次に生まれた世代は知能が普通より低いかもしれない。
そうなってきたら、年老いて子供に面倒を見てもらうどころか、一生子供の世話に明け暮れないといけないかもしれない。

まあ、そんな風に生まれてくるのは、孫の代で、自分は楽できてラッキーと思う人には何を言ってもダメですが、もしもそんなの嫌だと思う人は、脱原発のお手伝いをしてください。

庶民の戦い方は、「圧倒的な数」と「口伝え」です。
どうぞ、体制側であるテレビと大新聞が伝えない真実を、野火が広がるように伝えてください。
そして、選挙の時は、票集めの嘘つきではない脱原発の候補者に投票しましょう。

« 私たちは一つ一つのシャボン玉なんだけど本当は全員、空なんです | トップページ | 地球環境と動物愛護 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ツイート・・・消しちゃったんですか?

めいぴーさん

よくぞ教えてくれました。
背景を変えたときにおかしくなってますね。
ちょっと調べてみます。

銭勘定だけして、今の自分さえ良ければOKなアホンダラが多すぎますよねえ。

しかし、脱原発の気運を消すのにムラの連中は必至ですなあ。端金貰って大喜びで貰ったマニュアルに沿ってやってるんですね。
案外奴ら個人的には被爆を恐れてるんじゃないですかね。自分は被爆を避けてるのに人には「大丈夫だよ~」と言って被爆させるという魑魅魍魎みたいな連中だと感じました。

嘘つきでない候補者・・・見破るのが難しいですね。
まともなの滋賀県知事の嘉田さんくらいかなあ

yukoさん

ホンマにね、こないだもツイッターで私、ケンカしてましたけど、きっと彼らは何事かあると困る方々なのです。

本当は、全員、何かあると困るわけですけど、何かあってしまった後でその後始末をしないで、見て見ぬふりをするのは違うだろうと思います。
そして、今まで通りの生活をしようとすることも、無理が来ることだと思いますよね。

あーあ、明日、二人でラミネートしながらぼやきまくりましょうね。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 私たちは一つ一つのシャボン玉なんだけど本当は全員、空なんです | トップページ | 地球環境と動物愛護 »

他のアカウント