« まさか!のときの生き残り術 | トップページ | 根本は嘘つきをやめること »

2011/07/09

サバイバル本あれこれ

前回に引き続き、色々な本を紹介したいと思います。

まずは、自給自足の知恵を持たなければ!ということで、

タネも上手に取りたいし。


収穫したものを貯蔵する方法

薬草の知識も持っておきたい

家の作り方とか知っといた方が良いよねということで、

木の実とか種って、食べられるのかと思うので、こんな本も。

おまけ。

アホみたいですが、こういう本に大散財をしているのであります。ほとんどは、まだ読んでなくて、鍼灸師の国試に合格したら読もうと思っています。その前にいざという時が来てしまったら、持って逃げないといけません・・・

« まさか!のときの生き残り術 | トップページ | 根本は嘘つきをやめること »

本の紹介」カテゴリの記事

コメント

小学生のときの愛読サバイバル本。
「冒険手帳」谷口尚規 21世紀ブックス

アルバムに入れときます。また寄ってくだされ。

ごんじゅうろうさん

さっそく見に行きますわ。(^_^)

やっぱりサバイバル本は必須ですよね-。いつまでも少年少女の心を持つものとしては。(笑)

どの本も「おおおお~~、なるほど~、サバイバルに役立ちそう!」って感心してます。

おまけの「イネ科」の本は、イザとなったら野草のイネ科の実で食べれるものを探して収穫しよう!という意気込みが感じられますわ!
ふふふ、あと私的には「食べられる木の実」「食べられるキノコ」があったら完璧かと・・

yukoさん

それが、イネ科の植物とか身近な草木の実とタネのハンドブックなどは、スズメ様のために買ったのですが、人間が食べられるかどうかは書いてないのが残念でした。

まあ、だいたい食べられるのは名前を知ってますから、間違わないように確認用として機能してくれると思います。

こんな本を買って持っていても、将来、字が読める子孫がいなければ、意味がないので、やっぱり字は読めるようにはしておかないといけませんね。子供の教育にも考えが及んでしまいます。(^0^;)

食べられるキノコと食べられる実のハンドブックを売り出せば、絶対に買います!
こういう本は、昔はよく見かけたのに、今回あまり見つからなかったのです。目が節穴なのかなあ。

失礼しました~~。イネ科の本は愛する雀ちゃん達のためだったのですね。
また、未来の子供達のための本のストックでもあったのですね。。そうですね、これから文明がうしなわれるような大天災がやってこないとも限りませんものねぇ。
本当に文字の読み書きだけはなんとか伝えてくださいと思います。

ロゼッタ石でしたっけ?あんな風に石に刻んで・・・絵文字と対比して刻んでおかなきゃいけないかも┐(´д`)┌。

yukoさん

ロゼッタ石・・・象形文字みたいになってしまいますね。せっかくここまで発達した文明ですから、何としても残していきたいところですよね。

yukoさんならご存じだと思いますが、どれだったかチャネリングの本で、宇宙には破壊的な文明がそのまま発達することはないとあり、自滅するのが普通だそうで、ということは、ガミラスみたいな邪悪な星はないということらしいんですが・・・
地球がこのまま自滅したら、本当にもったいないなと思っています。

ほかの生き物たちに迷惑かけたらアカンと思いますよね。(^_^)

宇宙に破壊的な文明は自滅するという法則があるのなら、現人類がいるこの地球はあっぶな~~いですよねえ。今度の原発事故で心を入れ替えて、自滅せずに済んだら良いのですが・・。
うちのダンナがよく「現在進んでるの第七ピリオドでは云々」というのですが、どこで調べているのか難しいことを並べたてるので、今ひとつわかりません。

何が起こるにしても、人類は自業自得ですが、動植物を一緒に巻き込みたくないですわ。

yukoさん

それね、「ヤスの備忘録 歴史と予言のあいだ」ではないかなと思うんですが・・・
このブログからもリンクしていますので、ご確認を。(^▽^)

なんか、マヤの予言を調べている偉い人がいるみたいです。コルマンインデックスだったっけ?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« まさか!のときの生き残り術 | トップページ | 根本は嘘つきをやめること »

他のアカウント