« 熱邪こわすぎ! | トップページ | サバイバル本あれこれ »

2011/07/05

まさか!のときの生き残り術

私は「まさか!のときの生き残り術」という本を買ってもっています。いざというときに、コレを持って生き延びないと・・・などと思ってしまうのです。

以前、「森へ」だったと思うんですけど、アメリカの作家(だったと思う)が描いた、電気が数年間止まってしまった世界でサバイバルに生きるティーンエイジャーの小説を読んでから、何となく、いつ起こってもおかしくない話だと思っていたんです。amazonで探したのですけど、ちょっと見つかりませんでした。

そのお話では、だんだん少なくなっていく食料がついになくなって、森の中へ足を踏み入れていくのですが、私にはすごくリアルに思えたものだから、そのころから、役に立つかわからないけど、おいしいと思った果物の種を取っておいたり、植木鉢で育ててみたりしているのでした。

もしも、そういう世界で生き残ってしまったときに慌てないよう、こういう本に目を通しておくのも面白いかなと思います。
そうそう、昔とっていた「小学○年生」という雑誌に、よくこんなサバイバルの記事が載っていて、私は大好きでした。

追記

「森へ」をアマゾンで見つけました。ご参考までに・・・

« 熱邪こわすぎ! | トップページ | サバイバル本あれこれ »

本の紹介」カテゴリの記事

コメント

美味しいと思った植物の種を取っておく、
いいですね、なんだからその種が並んだキッチンは魔法使いのキッチンのようです。

私も共用廊下のプランターで始めようo(^-^)o

今からがその「まさかのとき」なのかもしれませんよねえ。。
ちょっと前、夫がなぜか自分で食べた「桃の種」を大事に流しの横の瓶にいれていたので、「なんでこんなところに??」と思い捨ててしまいました(゚m゚*)。
あくび猫さんとうちの夫・・同じ事を考えているのかも。。

サバイバル・・私もよく無人島に流れ着いたら・・とか子供の頃夢想しました。ああ、でも今回、陸海空全部汚染されて、また汚染が続いているのが辛いとこです。種を植えるためちょっとでも安全な場所を探すガイガーカウンターがほしいです。安くて性能が良いのをどこかの会社が大量生産してくれないかなあ・・

チャイの歌人さん

ぜひぜひ、プランター栽培を始めてみてください。(^_^)
私は四月に芽が出てしまった有機栽培のジャガイモ、もったいなーと思って植えてみましたら、すでに二個できておりました。

味も大根の時のように不評を買うこともなく。
これからはジャガイモ作りに邁進したいと思っています。
サツマイモにも挑戦したいです。
そうそう、ジャガイモの花、可愛かったです。
それと、ナツメとアセロラの香りがとても良かったです。


yukoさん

わあ、ご主人、似てますねえ。
ビンの中身が無くなっているのは気がついているんでしょうか?

私、15年位前に長居公園で拾った種を、ビニールに入れたり封筒に入れてタンスにしまい込んでるんですが、もうダメですかねえ。
性格がリスです。(^^ゞ

ガイガーカウンター、ほしいですね-。でも中国製のはアカンらしいです。壊れるしメンテナンスしてもらえないそうで・・・いいのは旧ソ連のウクライナだったかなあ、そこ製か、東芝の組合が作ったのがいいと、東海アマさんというかたがツイッターで言ってましたけど・・・

シャープとかパナソニックで作ってくれないかなあ~。関西応援の意味でも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 熱邪こわすぎ! | トップページ | サバイバル本あれこれ »

他のアカウント