« 凍らせた麦茶 | トップページ | 万人に伝わる脱原発 »

2011/04/30

知らぬうちに母がウサギを飼っている

二日前、母の家で御飯を食べることとなり、訪れたのです。
入ってすぐにダンナが、「なんやコレ!」というので見てみると、玄関にウサギがいたのです。それも小さな鳥カゴに入れられて。

玄関は閉め切った作りになっていて、太陽の光が一切入らないところで、まだ子供だとは言え、新聞紙を引いただけのSサイズの鳥カゴの中で、きょろきょろと立っているのです。
その様子を母は、「キャア可愛いわあ、癒されるわあ。」といって、鳥カゴをたたいているのです。

私には、ウサギが「広いところに出して-!おなかすいたー!」と言っているように感じ、母に、「ごはんはいつあげたの?」と聞くと、「朝あげた。」と言う。もう夜の8時近くだし、鳥かごの中には乾燥したにんじんの葉の茎が残っているだけでした。
にんじんを差し出してみると、すごい勢いで食べて、どうやらお腹がすいていたみたいでした。

事情を聞いてみると、通っている整骨院の玄関にウサギが五匹いて、そのうちの一匹をもらってきたらしいのです。五匹も生まれて困っていた様子です。整骨院の先生にもらってきたウサギのフードは今朝つきてしまったので、「明日の朝、大和川に行って草取ってくる。」というのです。
どうりで、ここ一週間くらいの間に、犬の散歩に来なくなるはずです。

15才になる猫がいるのに、そちらはすっかり知らん顔で、ウサギを追いかけている母。
しょっちゅう、花を買ってはもう要らないと言って、私のところに持ってくる母。命をなんだと思っているのでしょうか。

こういうのが親だと思うと、なんだか、ため息が出ます。

昨日は、ダンナとウサギの飼育環境を整えるために、たくさん買い物をしました。
安易につがいで飼って、生まれた子ウサギを認知症のばあさんに渡すというのは、とても医療従事者がすることではないと思うし、そう言う人に返すのはウサギがかわいそうだとダンナが言うから。
そのうち、うちで引き取る日が来るかもしれません。

疲れますわ-。

« 凍らせた麦茶 | トップページ | 万人に伝わる脱原発 »

動物たちの話」カテゴリの記事

コメント

う~ん。
びっくりですね。
そりゃ、うさぎさんかわいいけど。ちゃんとお世話しないとね。

私も、先日実家に帰ったら
モコにゃんが亡くなって寂しいからと、母の椅子の周りは
代々我が家の飼い猫さんの写真集が置かれてました。
写真ならいいんだけど。
でも、母も兄もすごく寂しいって
・・・。
いざとなったら私が引き取るから
一匹ならいいよ。と思わずいってしまいましたsweat01
はたして、次に里帰りしたらどうなっていることやらcoldsweats01

くれた方には注意喚起しておいた方が良いですよ。それにウサギはつがいで飼うと・・・どんどん増えるんだから・・・つがいで飼うのもご法度ですわ、5対1くらいが丁度いいらしいですよ。♂が1ですよ!

さおりんママさん

今日、見に行ったら、やはり鳥かごはウンコだらけ、敷いてある新聞紙はぼとぼとでした。
牧草を敷き詰めてあるから目立たないけど・・・

ダンナも急遽、ウサギの育て方とかを勉強し直しです。

一匹15才の猫がいるのですが、その子がとても恨めしそうな目をして押し入れに閉じこもっていました。私の家にはデカイ犬も居るし、死ぬまで母が面倒見てあげて欲しいんですけど、どちらかを引き取ることになるかもしれません。

今日はかなり久しぶりに晩酌をしてしまいました。夕べ眠れなかったもので・・・(^0^;)

めいぴーさん

アドバイス、ありがとうございます。
そうですね、今度、その整骨院へ話をしに行ってきます。
母の認知を知らないのかも知れないし。

ウサギも避妊去勢できるようなので、そのこともお伝えしてきます。
(うちではウサギはやってないんだけど)

おっとと、年配者に若い動物を譲るというのはアウトな行動ですよねえ。。

で、思い出したのですけれど・・私、学生時代ウサギを拾ってしまったんですよね。
馬術部だったので、厩舎の脇のケージで飼育して、時間があると一緒に野原を散歩して可愛がっていたのですが、1匹で飼育していたのにある日突然出産したんですよ!

もうびっくり!保護した時期まで逆算して妊娠期間をどう計算しても、一匹で妊娠するわけもなく、頭を抱えました。
幸い可愛いパンダウサギみたいのが生まれたので、全匹貰い手がついたんですけどね。

でね・・随分経ってから謎が解明したんですよ。一年先輩のM氏が人から預かったウサギを数時間私が世話してるウサギのケージに入れたとコンパで酔っぱらって白状したんです。
私怒り心頭で、先輩にもかかわらず跳び蹴りしてやりましたわ(-_-)v

yukoさん

もう~、先輩、勘弁してくださいよね-。
跳び蹴りくらわしたとは、yukoさん強いですわ。

動物って、一瞬の隙に子作りしますもんねえ。私も以前、事情があって預かったチンチラゴールデンが、生後5ヶ月のミケミに種を植えていたのは絶句でした。

ウサギさんは本当に癒し系のかわいいお顔してまして、母もずっとべったりと張り付いてるのですが、ケージのお掃除とかあまりしなくて・・・
そのうちマンション追い出されるかも知れませんわ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 凍らせた麦茶 | トップページ | 万人に伝わる脱原発 »

他のアカウント