« プレッシャーが・・・ | トップページ | 猫が歯止めになっていた »

2011/02/03

子供の頃の思い出

私の子供の頃の思い出は、けっこうネガティブなものも多いです。

周りの子供たちとどうにもなじめませんでした。
子供って、自己中心的だし、生き物を平気で殺すし、こわかったんです。
おばあちゃんに甘やかされて育っていたから、余計にそうなっていたのかもしれません。

近所のお友達の家に遊びに行ったとき、そこのお母さんが、友達に「ユミコちゃんにもキャラメルを一つあげなさい。」と言うと、あげたくなかった友達は、唾を付けてからくれました。
気持ち悪くて捨ててしまいたかったけど、その子のお母さんに申し訳ないから無理して食べました。
それ以来、人が口を付けて飲んだコップとかストローの刺さったジュース類は、「飲む?」と聞かれてもパスする人です。

小学一年生の時の春、出席番号が一つ違いの子と、友達になれてホッとしていたのに、六月頃に急にその友達が他のグループに行ってしまって、私のことは知らん顔したのもこわかった。
「お母さんがユミコちゃんと遊んだらアカンって言ったから。」なんていうことを平気で言いますから。子供は。

当時の私は、ボーッとしていて、先生の話を聞かずに変性意識状態でしたから、その子のお母さんが様子を聞いて、おそらく危機感を抱いたのは、今となってはわかりますが、当時はショックでしたね。

そんな私も、何だかんだと言いながら、一応普通の生活を送れるようになったのは、奇跡のような出来事のようにも思います。
運良く、自分のことを理解してくれる家族に恵まれて、子供の頃に比べたらずっと幸せだなあと思います。
仔猫を見つけても自分で拾って里親さんも見つけて上げられるしね。

そうそう、変性意識状態ですが、ダンナもよくそうなっていたことがあるそうです。
どうやったらそうなれるかというと、「ある一点を見つめる」とか、「ある一つのことを思う」など、何か一つの感覚に集中していると、あるときゴーッという音がしてきて、自分が無になります。

空に集中していたら、空になります。

私はそれを結構楽しんでいましたが、ダンナはこわかったそうです。
こんな経験、他にもあるんでしょうか。興味があるところです。
ちなみに今は二人ともできません。残念!

« プレッシャーが・・・ | トップページ | 猫が歯止めになっていた »

精神世界」カテゴリの記事

コメント

私も今では想像もつかないくらい大人しくて内向的で、人見知りだったんですよ。保育園も行きたがらなくて途中で退園したり・・・普通の子って何をさして言うんでしょうかね?普通なんてありえませんよね。
なんだか麻原○○さんみたいですね・・・宙に浮けたのかも?

直接人に迷惑かけないだけでいいですよ。
ごんじゅうろうの子供時代→
休み時間終わっても教室に帰って来ない。先生が毎時間学校中を探しに・・・
いたずらが過ぎて毎日「終わりの会」では立たされっぱなし。
筋ジスの子と遊んでたのに、「いじめてた」と告げ口されておこられたのには
へこんだbearing
しょっちゅう、同級生の親御さんが怒鳴り込みに来てたなー
給食のマーガリンを人のランドセルにぶつけて回ってたときはひどかった。
ウチの親は「喧嘩両成敗」で受け流してたけどw
給食のときは牛乳飲んでるクラスメイトを笑わすのに命賭けてたし・・・
更正してよかったよかったヽ(´▽`)/

めいぴーさん

麻原○○は勘弁です。ポアはいたしませんので!(笑)
めいぴーさんも、同じ穴のムジナよね。猫のために強くなったというか外向的になったというか、そんな部分もあるのではないでしょうか。

私も、猫がいなかったら、こんなに外向きになれなかったと思うんですよねー。

ごんじゅうろうさん

と、いうことは、中一の時にすました顔してたのは、実は「中学生になったらおとなしくなって頑張るぞー!」という強い決意の元だったのですか?(笑)
なんとなく、そのうち本性が現れていたという気もしますが・・・

そういえば、私も小学校三年の時、小児麻痺の子と鬼ごっこをしていたら、先生たちが心配そうに見ていました。
ひとりぼっちでかわいそうなので、仲間に入れてあげようと思っていたんですけど。
わざとゆっくり走ったり、色々と気を遣ってはいたんですけどね。

小学校の時は、変な子供だったから、先生から変な目で見られることが多々ありました。五年生くらいになってやっと普通の子になったかな。
それからは少しモテ期になりましたわ。良い思い出。catface


めいぴーさんもごんじゅうろうさんも、こんなに立派に育ったのは、賢いご両親がいたからなんですね!

>中一の時にすました顔
そうでしたかね?学区上、同じ小学校から上がった友人が少なかったからかな?
>そのうち本性が
そりゃ中三のときですかいのー?^^;)

ごんじゅうろうさん

そうですよ!
中一の時はニヒルな笑いが似合う男・・・を目指しているのか?と思ってました。
でも、面白いことがあると、どんなに我慢しても笑ってたから、すでにその時に化けの皮が剥がれそうでしたけど。

中三の時に再会してみると、すっかり一皮むけたご様子で、悪ガキたちに悪知恵を授けてたのではないかと思われるフシが多々ありましたね-。( ̄ー ̄)ニヤリ

ワハハ、お見通しヾ(_ _*)ハンセイ・・・

たぶん先生もお見通しだったのでは?(爆)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プレッシャーが・・・ | トップページ | 猫が歯止めになっていた »

他のアカウント