« 加速装置がほしい | トップページ | スズメのことから思うこと »

2011/01/21

近所のおじいさんのこと

近所に、昔から野良猫にごはんをあげているおじいさんがいるんです。

仔猫が生まれると、通りがかった小学生に「もろたってー、もろてくれな保健所行きやねん。」などといって仔猫をもらってもらおうとするので、うちの息子などは苦手だったそうです。

当然、近所からも嫌がられていました。

私は、「なんで不妊手術をしてあげないんだろう・・・」と思いながらも、自分の家の50匹以上いる猫の世話で手一杯で、とてもそのおじいさんに手をさしのべる勇気はありませんでした。
それに、ダンナにただ働きをさせるのも、気が引けていたし。

でも、一度、手を差し伸べようとしたことがありました。
そのことを、当時住んでいた家のお隣さんに言うと、「あの人と関わったらろくなことがないで、やめときやめとき。」と言われてしまいました。
それを聞いて、ちょっと及び腰になってしまったのと、猫たちを見かけなくなったので、しばらくは様子を見ようと思ってしまいました。

引っ越しをして、私はおじいさんの家からは少し離れたのですが、犬を散歩するときに通ってしまうし、また猫が増えてきたので、今度こそは人の言うことに惑わされずに、猫助けをしようと心に決めていました。

ちょうど、知り合いの猫オバサンが、そのおじいさんと口をきいたことがあるとのことで、どちらにしても、おじいさんが不妊手術をせずに、そこで飼い続けることは、私にも猫オバサンにも不利益となるし、一致協力をすることに決まりました。

それで、昨年の春に、おじいさんのところに挨拶して、捕獲器を置かせてもらうことになりました。
はじめは自分一人、夜中に捕獲器を持って、ウロウロしてたので、しまいには喘息のようになってきて、咳が止まらなくなり、あまりにも苦しいので猫オバサンにも手伝ってもらい、おじいさんの飼い猫を含む十数匹の避妊去勢をしました。

取り逃がしたミケちゃんが産んだ子供も3匹良い方にもらってもらい、現在、おじいさんの近所の方も、カリカリしなくなってきたようです。

おじいさんの様子を見てみると、狭い台所の窓から、米粒をスズメに投げてあげたりしているようですし、家の引き戸をいつも少し開けて、お腹をすかせた野良猫たちがごはんを食べていけるようにしているようです。

おじいさんに関わりましたが、まったく支障はなく、別に感謝の菓子折などを持ってくることもないですが、ただ、私たちのすることを受け入れて、いつも通りの暮らしをしておられるようです。

良く考えてみると、罪なき小さな生き物を慈しんでいるおじいさんは、悪い人ではなくて、そのおじいさんを嫌っている人たちの心が狭すぎる気もするよなあ・・・と思う今日この頃です。

まあ、おじいさんも、生ませてばかりでトイレのことを知らん顔していたんだから、マナー違反ですけどね。

たいてい、不妊手術代を負担させられるのを怖がっている人が多いので、こちらが全部してあげますと言えば、させてくれるということの一例でした。

こういうことをしている人に、うまく資金が調達できる制度があれば良いと思います。

« 加速装置がほしい | トップページ | スズメのことから思うこと »

動物たちの話」カテゴリの記事

コメント

保健所行きやねんって・・・保健所へ連れていってたんですか?
十数匹って・・・20匹居なかったんですか?それなら普通ですわ、ひと現場そのぐらいですから、実行してよかったですね。この春は気持ちがゆっくり出来ますね。ただ、追加は随時目を光らせておかないと・・・元の黙阿弥になってしまいますね。

今回の件でも、1匹抱っこされる仔猫が行方不明になり、「別に住んでいる息子が保健所に連れて行った。」というので、保健所と管理センターに問い合わせたんですが、そんな仔猫は預かってないと言われてしまいました。
たぶん、長居公園かどこかに捨てたのではないかと思っています。

おじいさんのところには、固定猫はあまりいなくて、周り中からお腹をすかせて「エサを訪ねて三千里」みたいな野良ちゃんが、通りがかっているようです。

近所の公園とか神社とか、その他の近所に、耳カット猫がたくさん増えました。(^◇^;)

ご飯をやる優しい気持ちがあるのに、どうして棄てるという行為ができえるんでしょうか?わからん!

どうも、「無力感」を持っている人が多いですね。

「どーせ、がんばっても無理やわ。」とあきらめるというか・・・
または、「誰も助けてくれるはずがない。」と思い込んでいるとか。

近所から文句を言われたら、誰にも相談できずにあきらめてしまうみたいです。誰に相談したらいいかわからないというか・・・

生活保護とか色々調べる前にホームレスになってしまう人みたいですわ。

自分のあげたご飯を雀さんや、猫さんが食べてくれると、嬉しいんでしょうね。
近くの公園でも、夜キャットフードを
ざらざら蒔いてるおじさんや、
昼間にどうやら、人間の食べ物を分けてるおじさんがいます。

悪い人じゃ無いと思うけど、
生きものは食べる、排泄、繁殖が
あるわけで・・・。

あくび猫さんそのおじいさんを助けて下さって良かったです。
猫さんにとっても、近所の人にとっても。
なにより、そのおじいさんにとっても
よかったです!

あとは、そういう費用の助成。
ペット税とかいうなら、
こういう活動を助けて欲しいです!

ペット税なんてとんでもない。野良ちゃんを保護して飼っていたら減税して欲しいくらいですわ!環境を良くしているんですから・・・

さおりんママさん

心根が優しい人はたくさんいるけど、こんだけ人がたくさん住んでいたら、色々好き勝手にはできませんよね-。

最近、スズメのことで頭を悩ましているので、身にしみて思いますわ。

でも、妖精さんは、動物に優しい人を応援するんだと、ドリーンバーチューの本に書かれてましたわ。私たちは大丈夫ですね。(^▽^)


めいぴーさん

うちも、1匹当たり2万円とか言われたら、年間50万以上払うことになり、破産してしまいますわ。

えさ代だけで月5万くらいかかっているかも知れないのに・・・(涙)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 加速装置がほしい | トップページ | スズメのことから思うこと »

他のアカウント