« 遠藤周作さんのエッセイ | トップページ | 近所のおじいさんのこと »

2011/01/14

加速装置がほしい

サイボーグ009というアニメがあったけど、あれですよ、あれ。

009は奥歯の辺りにスイッチがあって、それをカチッと入れると、すごいスピードで動けるというものです。
あれがあれば、こわがりさんの猫にも必要な処置や治療が簡単に行えるのに。

実は、家にいるシーラちゃんという猫が、すごいこわがりさんで、ケージから出たこともないし、出すことも無理・・・それなのに、爪が伸びすぎて一回転して肉球に刺さりかけているのです。

麻酔をするのも怖がるだろうし、ここで加速装置があれば、「カチッ、ピュー、チョキン!」という具合にあっという間に処置が終了しそうです。

ああそれに、家の用事をあっという間に終わらせて、アセンション物語を読んだり、テストのお勉強もゆっくりできそうです。

まあね、勉強もせずに本ばっかり読んでいるからこんなことを思いついたんですけど、誰か、発明して下さい。300年後くらいだったらあるかな?

« 遠藤周作さんのエッセイ | トップページ | 近所のおじいさんのこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あはは~!
確かに、そういうのあったら私もほしいscissors

でも、自分でやらなくても、他人がやってくれたら、もっと楽です~(笑)

「自分が~~をしなければならない」という思い込みをなくして「~~が楽に手に入る」という刷り込みをしている自分です(笑)

えみちゃんさん(さん付けしない方が良いかも?)

誰かにやってほしいけど、こればっかりはねー。
動物って人質になりえますわ。

猫様に躾けられているから、自分でお掃除しないと気が済まないしね・・・(^^ゞ

今ほしいのは、ゼータ・レティクルのUFOに装備されている医療用のマシーンとか、時間も空間も飛び越えられるUFOを一台とか、座っているだけでヒーリングされてしまう椅子とか。

あれがあったら、便利だろうなあ。
「早くみんな魂のレベルアップしてテクノロジーをわけてもらいましょうよ」と、声高に呼びかけたい私です。(アセンション物語の影響)

使いすぎて、自分だけ老化、に注意w(゚o゚)w

加速装置。
歯医者さんで治療を受けているとき
切に、欲しいです。

ごんじゅうろうさん

あれって、寿命が縮むんでしたっけ?
げげっ、それは困りますね-。
だって猫を見送ってからでないと死ねないんですもん。(@@;)
大概、老化してるのに。お掃除疲れで。

さおりんママさん

わはは~、歯医者さんが「加速装~置!」とかいいながら、さっさと終わらしてくれたらいいですね-。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 遠藤周作さんのエッセイ | トップページ | 近所のおじいさんのこと »

他のアカウント