2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 昔、天然。今、KY。 | トップページ | ラピュタ計画 »

2010/11/05

さらば!かめ子よ。

この前、家の前で息子が拾った亀さんに飼い主が現れました。

50メートルくらい離れた角を曲がった二軒目のお家でした。

亀さんは「かめ子」と名付け、ダンナが朝晩水を替えたりエサをあげたりして、それはそれは可愛がっていたのですが、飼い主さんの方は4年も飼っていたということで、一ヶ月だけのダンナは負けを認めて、飼い主の元へ帰る運びとなりました。

あ-、お寺や神社の池に連れて行かなくて良かったわあ。

かめ子に亀の子たわしを買ってきて、背中の甲羅を磨いてピカピカにしてあげたりして、可愛がっていたダンナ。
亀に執着心をもっていたダンナは、私がうっかり自転車を倒して、かめ子の水槽が割れたあとには、ショックで風邪を引いていました。
「うちのカメ」という本も購入し、読みふけってもいたんですが・・・

かめ子は、二日前に買い直した水槽と、水温を上げる道具と、甲羅干し用の石と、亀の餌と、カルキ抜きの液体とともに、元のお家に返っていきました。

元の水槽は小さくて、かめ子でも脱走できる高さで、食べていた餌は鯉の餌だったので、どうやら、ご不満だったようでした。
うちにいる間に、すっかりおとなしいお嬢様亀になっていたので、元の飼い主さんも喜んでいました。

お礼に犬のモモちゃん用にペットシーツやらをたくさんもらって、「亀を助けてよかったぞー。」という気分になりました。
めでたしめでたし。

« 昔、天然。今、KY。 | トップページ | ラピュタ計画 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ご主人様は寂しいでしょうけど、
飼い主さんは、大喜びでしょうね。
かめ子ちゃんも、大きな水槽や
美味しいご飯付きでピカピカになって
ご帰宅。なんだか気持ちがほんわかする
お話でした。

よく飼い主さんが特定できましたねー
カメは結構慣れるのでかわいいらしいですが、
痛し痒し、というところですか?
「うちのカメ―オサムシの先生カメと暮らす 」
図書館で借りたのコレやったと思うけどなー
屋内で放し飼い、トイレもかならず風呂場で、
という優良カメの話。

さおりんママさん

よかったでしょう~。∈^0^∋
かめ子もきれいな水槽で日向ぼっこをしてご満悦ですわ。


ごんじゅうろうさん

そうそう、その本ですよ。
35年生きているという話らしいですね。
アカミミミドリガメを長年飼っているお友達に教えてもらいました。
カメでも心があるっていうか、かわいかったです。
そーっと首を伸ばしてこっちをみていたり、目があったらキュッと首をすっこめたり。

亀でも迷子になるんですね?とりあえず良かったですね。旦那さんのカメ子ちゃんの空白は猫のお世話で埋めて下さいな。

めいぴーさん

そうなんですよ。カメが迷子になるなんて、初めての経験でした。
そう言う目で見ていたら、近所に、もう一件亀を飼っているお家があって、そこは、半分の大きさの衣装ケースに小玉スイカくらいある甲羅のカメが入っていて、いつも衣装ケースを乗り越えてやろうとバシャバシャいってます。

カメの大きさに比べて、入れ物が小さすぎるので、そのうち脱走しそうです。(^◇^;)

おやおや、迷子だったんですか。
よく飼い主が判明しましたね。
奇跡です。
ノラ亀にならなくて本当によかったです。

それにしても、ご主人の熱の入れよう・・・。
なぜ亀?

猫玉さん

聞くところによると、男性はは虫類系に弱いらしいですよ。

老人福祉施設なんかに、アニマルセラピーの慰問に行くと、犬猫に寄ってくるのは女性陣で、カメにたかっているのは男性陣だとか。(わざと「たかる」という意地悪な私)(笑)

かめ子は、今日も水を替えてもらって、ご機嫌そうでした。

それにしても、もう一件のアカミミミドリガメのことが気になり出しました。あ~、もう~。
今日見たら、水は茶色で相変わらずバシャバシャ脱走を企てています。
早く脱走してうちにたどり着けば、ダンナの手厚いケアーが得られるのに!カメの神様、助けてあげてください!パンパン!

ああ・・しまった(>_<)!

なんかバタバタしてて5日にこちらのブログ読みそびれて、6日にあくび猫さんの病院に保護猫仔猫4匹の診察とワクチンに伺ったんです。

そしたら、院長先生に診察して戴きながらご自宅の方でも捨て猫されてしまったお話しになって、その上、カメさんまでも保護されたお話しもされて・・・カメさんの飼い主さんが奇跡的に見つかったことも話されたんです。

で、私「良かったですねえ~~おめでとうございます~(^o^)」って言っちゃいました。。。

ああん、もう!そういえば先生、鼻をすすっておられました。
ガックシされて風邪を引かれていたとは!良かったですね~なんていっちゃって申し訳なかったです~(-_-)

yukoさん

いえいえ、大丈夫ですよ。∈^0^∋
ダンナがガックシしてたのは、かめ子の水槽が割れたときなんですよ。
「ワシの大事なかめ子のことをなんにも考えてへんやろ~!」って感じで。

さすがに、飼い主一家が引き取りに現れたときに、子供三人の前で「いやや~、このカメはワシのカメや~。」とだだをこねる勇気はなかったそうです。ハイ。

家にも迷い亀君がいます。
もう何年になりますか。
ご飯を食べなくなりお医者様を探したり、亀にも注射するんだとびっくりしたり。
飼い主探しはできなっかたけど、いつの間にか、しっかり家族してます。
ほんと、味があって、猫や鳥とは、違った世界にいてはるんやと、おもしろいです。

いまむらさん

このままかめ子を飼っていたら、うちもカメが診れる病院になれたかも知れなかったんですけどねえ。(笑)

かめ子は本名カメポンだったそうです。

カメにはカメの世界があるんですねえ。のほほんとして良い感じです。
先日、奈良に仔猫のお届けに行ったとき、猿沢の池に寄ってきました。
カメ様たちがくつろいでいました。

金魚や鯉がたくさん泳いでいて、エサも売ってました。時間が無くて見て帰るだけでしたが、楽しかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 昔、天然。今、KY。 | トップページ | ラピュタ計画 »

他のアカウント