« やっと離乳食 | トップページ | ガンは治るガンは治せる―生命の自然治癒力 »

2010/07/20

逃げていたんだろうか

ある意味「家事の手抜き」という逃げ場が、仕事をすることによって発生しているのではないかと思えます。

専業主婦で家の中が汚いと、「さぼり」と見られてしまいますが、働いて家計に寄与しているとなると、多少の家事の手抜きは当たり前だし、配偶者が手伝うのも当たり前となりますよね。

私も専業主婦でいられないのは、そういう面があったからなのではないかと、今頃になって思うわけなんです。

家で洋服を作ったりすることに、とても憧れを持っている私ですが、忙しさのあまりまったくできない状態です。でも、「できないからお金をかけて服を買うのは仕方がない。」と楽をしているのかなと思います。

昔だったら、パンツは穴が開くまではいていて、ゴムがのびたらゴムだけ入れ替えてはいていたと思うんです。
セーターも、穴が開いても修繕して着ていましたよね。私のおばあちゃんの世代くらいまでは・・・
私も子供のころは、おばあちゃんにそんな風に育てられました。

いつから、洋服でも家電でも不具合が出るとすぐに捨てるようになってしまったんでしょうか。

まあ、私が現代でひとつ良いことがあったなと思うのは、犬や猫にお金をかける人が増えたことです。
私の小さいころは、犬や猫は「畜生」とさげすまれて、ろくなものも食べさせてもらえず、子供が生まれたら川に流されたりして、飼い犬・飼い猫は、それはそれは可哀想な感じがしました。今は避妊手術ができる時代になって、本当に良かった・・・

まあ、お金をかける人が増えると、ペット保険だの人間と同じ医療だの血統書付きだのと、金儲けに走る人も出てきて、私たち一般ピープルは、騙されないように気をつけないといけませんね。

最近、癒しを求めて、またまた本を買ってしまいました。
「あなたの人生に『奇跡のリンゴ』を作る本」という本です。
これまた癒されてしまいました。
木村秋則さんは、UFOを何度も見たことがある不思議な方でもあり、私は同類だと思っています。

プランターで野菜を作ってみようかなという気になりました。


« やっと離乳食 | トップページ | ガンは治るガンは治せる―生命の自然治癒力 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちはcat

昔、大きくなったら何になる?と聞かれて様々な職業名の中にお嫁さんとかお母さんとか答える子、結構いましたよね〜
周りを見ても専業主婦さんって稀ですね。
現役年令で心身共に健康的で専業主婦を楽しんでられる方はあらゆる面で余裕が感じられます。

休みの前日は猫毛の掃除や料理のレシピ考えようと思うけれど、いざ休みになると明日の仕事の段取りを考えてちっともはかどらないweepでもこれでいいのだ。逃げてるわけじゃなくて、身体が付いていかないだけ〜

おニャアニャンさん

「ゲゲゲの女房」を見ていると、仕事に埋もれて生きている自分とついつい比べてしまいます。(^◇^;)

きっとね、私だったら、あそこまで旦那さんを立てられないだろうな-。エライな、ふみえさんは・・・とか。(笑)

明日から学校が夏休みですが、たまってた経理の仕事をしないといけないし、仔猫の里親探しやら仔犬の世話やら、スズメのお米撒きやら、自分で作り出した用事で一杯ですわ。
おまけに、甥っ子が年取った栄養失調猫さんを拾って置いて帰りました。迷子かも知れないので、飼い主捜しもしないとなあー。

とまあこんな調子なので、子供のころとかを思い出して、「あの頃は時間がたくさんあったよねー。」と懐かしんでいます。
まあ、ほとんど動物関係で忙しいから、世の中の役に立っていないかもしれません。(^◇^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やっと離乳食 | トップページ | ガンは治るガンは治せる―生命の自然治癒力 »

他のアカウント