« まだ出る清朝末期 | トップページ | 作戦成功 »

2010/03/30

アソシエイトやってみました

夕べから、アマゾンのアソシエイトというのに挑戦していました。

面白かった本の話をよくアップロードしているのに、アマゾンの宣伝をボランティアでしているみたいだと思っていたんです。
このアソシエイトに申し込んでおいたら、なにがしかの謝礼がもらえるらしいと知りつつも、手続きが面倒でほったらかしになっていました。

近所の猫様の避妊代をちょっとでもここから稼ぐことができたなら・・・という淡い期待のもと、がんばってリンクをはりました。(私はVIP待遇ではなくスタッフ料金を払っています)

これから本の紹介をするときは、アソシエイトのリンクを張っていこうと思います。
もしも、買ってみようと思われる方がいたら、ポチッとリンクをクリックして、そこからお買い物をしていただくと幸いです。(^◇^;)

« まだ出る清朝末期 | トップページ | 作戦成功 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今頃ですみません。
しばらく東京滞在中で、今ここを見ました。

あくび猫さんお書きの「アソシエイト」とは?「アフィリエイト」とは違うものなのですかsign02
私も本はアマゾンのお世話になることが多く、ご紹介の本で読みたいものがあれば、こちらを通して購入したいと思います!

私、長年の不本意な多頭飼いで燃え尽き感の酷さに潰れそうな時期、あくび猫さんとの出会いはそれは「劇的!」なものでしたshine 
以来、あくび猫さんの存在が私の救いと支えになり続けています☆   

目の前の猫に多大な愛情を持ちつつも「ああ!捨てて行った奴がいなければ今頃自分はこんな苦労はしていない」という思いは消えたことがなかったです。

それが先月、これまた劇的昇華を遂げまして(笑)
完全室内飼いに失敗しないためには、それは気を使って家も人もスンゴイ犠牲を払ってますsweat01 
それが束の間の油断で旦那が玄関のドアの三重ロック確認を疎かに。
猫様達しっかり脱出しておりましたcatdash
乳飲み子で捨てられて外の世界を知らない猫達はすぐ捕まりましたが、外(人)の恐怖を知ってる猫は、もう捕まらなかった。

雪国の凍てつく夜snow玄関を開け放して眠り、帰らない猫に断末魔の一夜を過ごしましたweep
久しぶりの失敗…。
喪失感と心配のあまりの大きさに、不承不承(ほとんど泣きながら)保護したものにかかわらず、どれだけ猫達を愛していたかをあらためて自覚。    
  
朝に猫は戻り、私は宇宙からのメッセージをもらったと思いました。
事実は帰らない猫に、私はその日
「猫が多すぎるなぁ。あの時君を欲しがった人(絶対相応しい方でなかった)にあげられてたらよかったかな!?」
なんて話しかけてしまっていたのです!

自分に幾ばくかのサイキック能力があることと、それを悪い方に使ってはいけないことを再確認。

その日以来「猫を家に捨てられさえしなければ私はもっと自由だった!」という思いは消え、
猫達がいて大変な「今のままで」自分はとても幸せだったのだcatcloverと気がつきました☆
どんな状況も受け入れて生きるということが、その日以来上達し、目下人生修行の中で一段上がれたかも?という日々を過ごしております。
(*^ー゚)b

玲香さん

良かったですねー!
一晩、本当に心配されたでしょうね。お気持ち、よ~くわかります。
実は、11月にベランダから落ちてしまった子がいて、その子を三月に3ヶ月ぶりに家に連れて帰ることができました。
寒い夜、その子のことを考えると心が苦しくいたたまれませんでした。
家出の前はあまり懐いてくれなかった子が、家に帰ってから、とても甘えてくれるようになりました。
おまけにテレパシーも通じているのではないかと思えるほどにお利口さんになりました。
猫たちは、こちらを愛してくれているし、愛されたいと思っているんですね。
そんな基本に立ち返る事件でした。
一晩で済んでよかったですね。3ヶ月は長すぎましたわ。(^◇^;)

アソシエイトは、アフィリエイトと同じらしいです。
なぜか、アマゾンではそんな呼び方をしているみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« まだ出る清朝末期 | トップページ | 作戦成功 »

他のアカウント