2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 工夫しろ! | トップページ | ああ、麻生さん »

2009/02/12

笑う妄想

おそらくは妄想なので、読んでくださっている皆様の時間を取らせてしまわないかと心配なのですが、まあ、笑って読んでやってください。

以前に、シーズー犬をたくさん飼っている中国での前世の記憶のことを書きました。

そのことなのですが、その時の前世って、実は西太后ではないかと妄想しています。

息子はその時、西太后のあとに皇帝になった人物かも知れないと、これまた妄想です。子供の時から教えてもいないのに、正座をして御飯を食べたりして、立ち居振る舞いが平民的ではない子でした。

私は夢の中では、自分では雑用を一際せず、すべてメイドのような人物にさせていました。その人物、祖母のような気がします。猫を殺してシーズーの食料にする役目もさせていたように思います。ああ、おそろしい。

祖母は、孫の私が激しい猫好きであることがとても嫌そうでした。前世がそのメイドであったと思えば、何となく頷けるなあと思うのです。また、今生で激しく猫好きになっている私も、きっとカルマの解消をしているのだと思えます。

息子は私が作る料理に「毒味はしたのか。」と冗談で言います。インフルエンザにかかっても一晩で治ってしまう息子ですが、食中毒にはめっぽう弱いと思っていて、私が期限切れの食材を使っていないかどうか、いつも目を光らせています。私としては、毎日ちょっとくらいばい菌をお腹に入れておいた方が免疫力が高まると思うのですけどね。

西太后のあとに皇帝になった人物は、毒殺されたらしいと最近のニュースで知りました。犯人は西太后なのか、誰なのか不明のままです。

西太后の生まれ変わりだと思いつつある私としては、犯人は、別の人物です。病気で動けない西太后の名を利用したのです。

スピリチュアル的、いや、妄想的に考えると、その皇帝は西太后を疑ったまま死んだと思います。それで、今生では親子となって生まれています。前世で得られなかった信頼感を取り戻すためだと思います。だから、私は息子には絶対嘘をつかないと決めています。

ダンナはその時、西太后の忠実なしもべの宦官ではないかなと、これも妄想です。

毎日、猫部屋のお掃除や晩ご飯の支度をしていると、本当に辛いなと思う時があります。「どうして召使いがする仕事を、女帝の私がせんならんのん。」と思ってしまうのです。ダンナにも偉そうにしています。家来だと思っているから、ついついそんな態度に出てしまうのではないかと思います。(^◇^;)

まあ、とにかく、今は平凡な人生を送りつつ、家族たちとも仲良く暮らしているわけですから、きっと前世のカルマも解消に向かっていることと思います。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。


« 工夫しろ! | トップページ | ああ、麻生さん »

精神世界」カテゴリの記事

コメント

あくび猫さんこんばんは~

凄い凄い!
凄く面白い話です。
真実味があります。
私は信じてしまいますhappy01
美の追求のために
若い人のお乳を吸ってたりしたそうです。
どうでしょうか?
覚えていませんか?
(ごめんなさい。
変な話しか覚えていなくて。)

話が逸れるんですが、
最近あくび猫さんのサイトを開く前に
更新したかどうか
わかるようになってきました。
何気に勘を鋭くする訓練の一つになっています。happy02

だとしたら、前世では私も猫に辛く当っていたんでしょうか?

虐待する人には「あなたも生まれ変わってそういう目に遭うよ!」言ってきたんですが、動物で辛い子はやはり前世にそういう事をした罰なんでしょうか?現罰を与えてやらねば理解できないでしょうに。

じゃあ私は来世心配ですわ。まあ、記憶に無い事なんで・・・・どうでしょう?

jijiさん

勘が鋭くなって、良いですねー。

そうそう、そういうことの積み重ねだと思います。私は、夜寝る前に、真っ暗な寝室に入って、目をつぶったまま電気あんかのスイッチを探して入れるのを日課にしています。

真っ暗な階段を目をつぶって登るのも日課です。第6チャクラが活性化するかも知れないので・・・(笑)

お乳を吸っていたかどうかは知りませんが、いうことを聞かない家来たちをどんどん粛正したりして、コワイお人のようですねー。


めいぴーさん

もしかすると、そうかも知れないですねー。

人間は動物には生まれ変われないらしいから、今生で虐待をした場合、来世ではボランティアの刑に処せられるのかも知れませんねー。(^◇^;)

私はボランティアの刑に処せられた方が、堪えています。辛いわあ~。

可哀想な動物たちは、前世ではどうだったかわかりませんが、人間は死んでから反省させられて、次は世の中のために働かなくてはいけないようになっているような気がします。

いやはや、恐れ入りました!
すっごく面白く読みましたよo(*^▽^*)o

キリさん

妄想ですので、深く考えずに読み流してくださいませ~。

面白く読ませていただきました。
西太后の後(?)は庶民なんですね。
ギャップがなんともありすぎでいいですねぇ。

猫玉さん

西太后のあと、私の祖父に当たる人物に一回生まれたと妄想しております。

その次が今の人生・・・(笑)

まあ、妄想なので、証明しようがありませんが。(^◇^;)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 工夫しろ! | トップページ | ああ、麻生さん »

他のアカウント