« 「地球の者達へのメッセージ」 | トップページ | のら猫不妊手術 推進キャンペーン開催! »

2008/06/23

「自分が正しい」病

私は、昔、これでした。

「自分が正しい」病。

勝手につけた病名です。病気と言えない、心の癖のようなものです。

この心の癖がついていると、日常の些細なことに引っかかってしまい、なかなか幸せ気分を満喫できません。

その症状はどんなものかというと、

1.誰かに何かを言われた時に、ちょっとひっかかったことが忘れられず、「自分は悪いことをしていないのに!」などという考えに取り憑かれる。

2.「如何に自分は正しいか。」という理由をいつも考えている。

3.いつも正しいことの理由を考えるため、夜も安眠できない。体は凝り固まってガチガチになっている。

4.自分があきらかに間違っているとわかっても、最後まで抵抗する。抵抗するためにエネルギーを消耗し、くたくたになる。

まあ、こんなところでしょうか。

私は、この状況になって地獄のような毎日だったのですが、ひょんなことから抜け出しました。

あるカウンセラーに、人間には四種類のタイプがあると教えたもらったのがきっかけです。

「私はOK あなたもOK」(これが理想です)

「私はOK あなたはNG」(自分は正しい病)

「私はNG あなたはOK」(占い師にはまるタイプ)

「私はNG あなたもNG」(世界は地獄?)

という四種類です。

これがわかると、病気が出そうになると、「あ、ヤバイヤバイ。もうちょっとで夜寝られへんようになるとこやったわ~。」と思い、言い訳の堂々巡りをやめることができます。「言い訳」と書いた凧を高く上げ、そのまま糸を放すような想像もしてみました。

それと、もう一つ、この病気とオサラバするきっかけがありました。

それは・・・・

家が猫だらけになってしまい、そんなことをグズグズ悩んでいたら、家がどんどん汚れていくという、恐ろしい生活環境になったからです。(^^ゞ

掃除の時は、掃除のことだけを考えて動かないと、なかなか終わらないのです。

これは良い修行になりました。それ以来、掃除の時は掃除のこと、料理の時は料理のことだけを考えて生きています。

「一度に一つ」を心がけていると、だんだんと心が穏やかになっていきました。それもこれも猫様たちのおかげです。

それで、私は今現在、かなりのパーセンテージで、「自分はOK あなたもOK」になってきたと思っています。

そうなってくると、毎日、幸せなことを発見できるようになってきます。「太陽が温かい、幸せだなあ。」とか、「夕焼け雲がきれいだな~。」とか、「お花がきれいだな~。」などなど。

こうなるまでに10年はかかりました。

「四十にして惑わず」とはよく言ったものです。

« 「地球の者達へのメッセージ」 | トップページ | のら猫不妊手術 推進キャンペーン開催! »

精神世界」カテゴリの記事

コメント

面白いお話ですね♪
私も、すぐにいいわけを考えていた人かも知れません。自分が傷つかないために。
でも、最近は、自分の未熟さを認めるよう心がけていたら(笑)、他人の未熟さも認められるようになりました。
一度にひとつ・・・それが、「今を大切に生きる」ことの秘訣かも知れませんね。

私も、かなり『自分は正しい病』かも、って思います。
特にこの職場に居ると、そうなってしまうのです・・・
夜眠れないほど、考え込むことはありませんが^^;

1つのことに集中ってのは、いいやり方ですよね。
一種の瞑想状態というか。
この状態を目指してがんばってみようっと。

takeoです。
仕事を辞めてパラダイス・・・と思ったのですが、最近は情けないくらい雑念・妄念が湧いてきて大変です(-_-;)
何かに集中してると悩みなどは脇に置かれますね。心が一つしかないのに感謝です。
私も来月からまた戦場(仕事)に戻ることになりそうです。仕事以外の悩みは吹っ飛ぶかもしれません(笑)

いいですねー。この考え方は。
人間はなにかと自分に言い訳を考えて生きているので、
言い訳をせずに、そのまま受け入れるという姿勢でいくと楽になれそうですね。
言い訳を「自分の利益」と言い換えるとさらにリアルになりますね。
猫様も犬様も言い訳しませんし。

komorebiさん

30代くらいだと、エネルギーが有り余っているから、そういうネガティブなことにもたくさんエネルギーを注いでしまいました。

今思うと、もったいないです。それで、ちょっとでも若い方にこれを読んで、時間を浪費せずに生きてもらいたいです~。∈^0^∋


キリさん

キリさんの職場のように、あり得ないことがまかり通る状況では、さぞかし気苦労も多いことかと推察いたしますよ~。(涙)

以前の嫁ぎ先は、ちょっとそういうところがあって、「信じらんな~い!」と思った後に、自分の正しさを証明しようともがきました。(^^ゞ

猫様と遊ぶことに集中などして、気晴らしをしてくださいね。


takeoさん

男の人は本当に大変です。まさに戦場といえるでしょうね。

うちのダンナも、弱々しい雰囲気ながら、やはり男、矢面に立って頑張っています。まあ、私は番犬みたいに、横から吠えているんですけどね。(笑)

仕事に心を集中して、高みに登ってくださいね。∈^0^∋


猫玉さん

良いこと言うなあ~。

言い訳を自分の利益に置き換える・・・

本当に、「自分の利益」と書いた凧をみんなが手放したら、地球はすぐに助かるのに!と思います。

犬様、猫様、言い訳せずに、ただ「今」をひたむきに生きているだけですね。不平不満も言わないし、嘘もつきませんね。人間より偉いと思います。

若い頃に比べたら、他人に対して許容範囲が広くなったと思いますが、「私はOK あなたもOK」の境地にはまだまだな感じです。

でも全てに関して「私はOK あなたもOK」の境地になれたら、なんというか、色んなこだわりから解放されるだろうなと思いました。

う~~ん、これからは、あの憎き猫虐めの犬おばさん達のことも「あなたもOK」という心持ちになるよう修行します。

これはまさしく、「ノンジャッジメント」、「物事には善悪、正誤は存在しないという、天使の教えにつながっていますね^^

わたしも昔は自分は正しく、自分と違うものは間違っていると思っていて、それを証明する為に理論を使うタイプでしたね。
でも天子の教えを受けてからす~っかり楽になりました♪

それから猫さんたちがいてくれると、硬いものがほぐれてくれて助かります。
メロメロですからね^^
実家にも一杯いるので毎日かたくなって家に帰ってきても心配無しです。
猫缶買ってる間にほぐれてきちゃう♪

yukoさん

今日は、挨拶もなしに先に帰ってしまって、ごめんなさい・・・

病院前にたくさん人がいて、yukoさんを探すのが大変そうだったので、ツツーッと帰ってしまいました。(^^ゞ

猫嫌いの犬おばさん、考えたら来世は地球じゃないかも知れません。

そう思うと、今の人生で、すべての生き物に愛情を感じられない人というのは、とてもかわいそうな、悲しい存在だと思えます。

今、生きている間に、どうか、少しでも犬以外の生き物にも優しい気持ちが持てますようにと、祈りたくなりますね。


COCOさん

ご実家にも猫様がたくさんいるのですね。アメリカの方には、セスさんがいてくれるから、安心して日本に来られたのでしょうね。優しいハズバンドさんです。

ノンジャッジメントの考え方が、心理学方面でも理にかなっていたことに、おもしろさを感じますね。

私はOK、あなたもOKと、心底思えるまで、修行です~。(笑)

お久しぶりです。
とは言え、心が煮詰まった時、お邪魔しておりました。
来るたびに何かしらヒントを頂いて、日常に戻れることを繰り返して来ておりました。

今、私はOK、あなたもOKと思うには相手を自分のテリトリーに絶対入れないようにしていないとそう思えないのです。これってやっぱり拒否していることだから
あなたはNGなんですよね・・・
で私はOKかと思うと、結界張ってる自分がものすごく嫌だったりします。

猫たちのお陰?で夜にはくたくたで横になると眠りに落ちるまでたぶん数秒だと思います。寝る前の読みたい本もあって一緒に布団に持ち込むのですが、朝までページを開いたことがありません。
ひとつのことに集中することも無理ですね。
一辺に2,3個仕事を終わらせないと満足しません。
これって忙しくすることで、本当は考えないといけないことから逃げているのかも知れません。
最近、

うお~
勘太君に送信されてしまいました~
途中で切れてしまって申し訳ありません~
ちょっと書き込んだらずいぶんすっきりしたので
(単純)明日もがんばります~

おニャアニャンさん、さすがに猫の勘太様は偉大ですね!一瞬でおニャアニャンさんの悩みを解決ですね!

そうなんですよ、カウンセラーに言われたのは、まず、自分と他人の境をきちんと分けられるようになり、自分を愛することが出来るようになって、はじめて、他の人にも優しくできるものなのだと教わりました。(当たり前のことだけど、出来なかった私)

だから、結界を張るのもあながち間違ってはいないのですが、その、結界張っている、たくさんのシャボン玉を上から眺めてみる視点を持つことが出来るようになると、「かわいいもんやわ~。」と思えるみたいです。

みんな神様の子供たち。

家の猫たちが、みんな自分の子であるように・・・

そんな感覚です。∈^0^∋

猫様のおかげで、バタンキュー、不眠の人に教えてあげたいですね。私もバタンキューです。(笑)

透明の薄い膜の結界ですね。
それもたくさん・・・・
相手の姿を見てしまうわけか・・・・
それを上から眺める視点・・・・
う~まだまだですわ・・・
草原の真ん中でどこから襲ってくるか判らない者と戦うために厚い硬い結界を貼っていました。
ワンニャンたちは無条件で愛せるんですけど、人間はそうは行きません。
動物には優しいけれど、人間には冷たいねと言われたこともあります。
さて、2匹に点滴と強制給仕。トイレ掃除終了しました。
明日に備えて即効寝ます。
ありがとうございました~

お疲れ様です!

猫様にお仕えするのは、何より修行になりますね。

私も、少し離れたところで、「猫にエサをやらないでください。」とたくさんポスターを貼られた自転車置き場を発見してしまい、忙しいのですが、耳カットをして不妊手術をしてあげようかと思案しています。

忙しい忙しいと言いつつも、また仕事を増やしてしまう、悲しい性・・・これも猫様のためデスネ。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/41619435

この記事へのトラックバック一覧です: 「自分が正しい」病:

« 「地球の者達へのメッセージ」 | トップページ | のら猫不妊手術 推進キャンペーン開催! »

他のアカウント