2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 年末のダンナ | トップページ | 雀のお宿 »

2008/01/29

乗り越える寿命の壁

私が直前の前世だと思っている祖父は、44才で他界しています。

私は、もうすぐ44才になるのですが、この年齢を乗り越えられるのだろうかと、時々不安になります。

自分の親の亡くなった年齢を超えるまで、不安だったという話を、たまに新聞で読んだり聞いたりします。

それと同じようなことを、私は前世の年齢をのりこえられるかどうかということで感じているのかも知れません。

26才の頃、羊水過多になり、当時は医学雑誌に載ったばかりのインドメタシン療法を試したため、私は妊婦なのに、副作用から極度の貧血になっていて、破水した場合は緊急手術、輸血、そして今話題になっているフィブリノゲンも使われる予定でした。

そうして入院しているときに、私の無事を祈り続けていた祖母が急に事故で他界し、私の治療は気力が続かず断念し、危険な目に遭わずに済みました。まるで祖母の寿命の残りをもらったような気がしたものです。

その祖母も、生きていれば今年で91才です。祖母の寿命も、もしかして、期限切れかもしれないと、この前ふと思ってしまったのです。

誕生日は3月ですから、もうすぐです。

まだまだ猫たちのために頑張らないといけないのに、たまに、ふとよぎるのです。

早く、この年齢を乗り越えて、ほっとしたいと思っています。それなのに、私の仕事は増えるばかりで、ますますストレスが大きくなっているのです。

えらいこっちゃ~と思う、今日この頃です。

この前、「夢をかなえるゾウ」という本を買いました。とても笑いながら学べる本でした。そこに出てくるゾウの神様ならきっと、「自分なあ、そんなん考えてたら、その通りになるで。まあ、そういう人生でええんやったら、かまへんけどな。嫌やと思うんやったら、もっと別のこと考えなアカンのんちゃう?」などと言いそうです。

そのうち本の紹介もしたいと思いますが、面白いですから、ちらっと紹介しておきます。

« 年末のダンナ | トップページ | 雀のお宿 »

精神世界」カテゴリの記事

コメント

この本の話、わたしの大好きな友達二人、(一人はヨガの先生で、もう一人はネット上一番古いお友達)も書いていました。
なんか不思議で気になっていたところでしたが、あくび猫さんまで^^
読んでみましょうってことかも^^

わたしの別のネットのお友達はご両親が若くして亡くなった上、ご本人も心臓病とかうつ病とかがあり、四十二歳(?)かなんかで死ぬつもりでいた・・・・といいながら幸運に恵まれているのがわたしにも感じられます。
多分いろんな魂が支えてくれているんだろうな。

わたし自身もそうだし、あくび猫さんも長く生きなくてはならない人間のような気がします^^

たぶん、あくび猫さんは、90歳代まで生きます。
ご心配なく♪

そんなこと考えて生きているなんて
もったいないですよ。
今 元気なんだし あくび猫さんが
救わなければいけない猫様はきっと
どこかで順番待ちをしていますよ^^
私は少しそのお手伝いできればいいなぁ。
って思ってます。
そのためにも 元気に長生きしてくださいね!

話題がずれて申し訳ないですが、、、。
日本の伝説的なフラメンコダンサーの<長嶺やす子>さんが沢山の犬猫を拾って飼うのをマスコミで知った人達が玄関に置いていくので、増え過ぎて近所の苦情が多いので引越しされました。そのドキュメンタリーがTVで放送されたそうですが御存知の方がいらっしゃいませんか?


ガネーシャの話ですか?
読んでみたいと思ってます。

前世では当然ありませんが、猫玉の父が亡くなって35,6年過ぎました。
とうにその年齢をすぎてます。
ヘラヘラと生きてますが・・・。

あくび猫さんは、猫さまがちゃーんと生かしてくださいます。
ご心配なく!!

願は叶う!って言うより叶えるって意気込みで今迄来られたと思います。これからも前向きに猫の為に頑張ってくださいよ。私の母は95歳まで生きました。私はそんなに行きたくないです(笑)ちなみに母の母(祖母)は母が2歳の時に亡くなりました。迷信ですよ。寿命は遺伝しませんから・・・

お返事遅くなりました!

なんか、リアルワールドで色んな事件が起こって、(というか、用事が増えて)昨日はPC起動できませんでした。(涙)

COCOさん

きっと読めということです。∈^0^∋

すごい面白いし、ためになるので、ぜひお勧めです。吉本新喜劇を見ながら、成功書を読破できるような感じです。それも、きっと読んだときだけ効果ではなく、持続できそうな気がします。


こもれびさん

ありがとうございます!きっと私は、風の谷のナウシカに出てくるシャーマンのオババ様みたいになります!

「その猫 青き首輪をまといて、金色の鈴をならしにけり」とかなんとか言いたいものです。


miwaさん

ご心配をおかけしました。ついつい、弱気虫くんが出てくるときがあります。体調不良の時に多いですね~。(^^ゞ

この頃、公私ともに忙しくなってきていて、ひいい~と思っているのです。


ポジさん

ググってみたら、こんなブログがありました。ちょこっとだけ出ていました。その方は、その番組を見たそうです。

http://mykit.jp/nikki/nikkimiru.php3?id=takayo141&yy=2004&mm=11

2004/11/1の日記にちょこっと出ています。


猫玉さん

ガネーシャの話です!

もう、面白すぎて、読み終わるのがもったいなくなってきて、あと1/4というところで、ちびちび読み進めています。

アル中ではなく、本中です。

早く45才になって、ほっとしたいです。


めいぴーさん

95才ですか!すごいな~。

私は、100才くらいまで生きてみたいですけど、地球環境が悪化したら無理でしょうね~。

このまま温暖化が進んで北極と南極の氷が全部溶けたら、いきなり氷河期だそうですね。もうそうなったら、みんなでマンモスみたいに凍るしかないですね。(^^ゞ

何度も死にかかったけど、生き返ってきた私だから、きっと世の中の役に立たないと死なせてもらえないんでしょうね。役に立つまでは帰ってくるな!って天の神さんが言ってたりして・・・

あくび猫さん
あくび猫さんの気持ちは妙にわかるような気がします。ただ、あくび猫さんは自分でそう思いながらも長生きするような気がします。
なんでか?それはあなたを必要とする人や動物たちがあまりにも沢山いるので、神様が「まだまだ来たらあかんで~」と言っているような気がするからです。

tomyさん

今は、きっと生かされているのでしょうか。

毎日睡眠五時間で風邪一つひかないのが、その証拠かも知れません。

でも、昔のように、だらだらと寝坊したくてたまりません。若い頃、さぼりすぎたから、今、こんなに働いているのか?と思ったりします。(^^ゞ

最初にこの日記読んだときは
うまく言葉にできなくて、スルーしてました。

この前、死はアセンションの場合があると
オーラソーマの授業中に教わったのですけど
(もしかしたら全ての死がアセンションなんでしょうか・・・)
「はっ!」とこのあくび猫さんの日記を思い出して(笑


みなさんのおっしゃるように
あくび猫さんは、まだまだたくさんこちらの世界で
必要とされていると思うので
もうしばらくはこちらにいらっしゃるのでは?(笑


でも、あまりに徳や聖性を身につけられてしまうと
早くあちらに行かれてしまうかも?
ご注意願います(笑

キリさん

徳や聖性は、表面上だけ身についたような気もしますが、すぐに人を呪ったりして、地に落ちている私です。

去年も、悪代官みたいなことを言う税務署の課長を呪ってしまいました。「貴様は来年ガンになる。」って。

ああ、こわい!

ついこの前も、近所の野良猫に油をかけて火をつけて遊んでいる中学生がいるらしいという話を聞き、「そんなことをするやつは、後何年もしないうちに、野良猫と同じ寒空で暮らすようになるだろうさ!」とまたまた呪ってしまいました。

こわいこわい!

そんなことですから、ちょっと飛べたかと思うと、すぐに落ちてしまうカエルのような私です。まあ、アセンションはできそうにもありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/17880007

この記事へのトラックバック一覧です: 乗り越える寿命の壁:

« 年末のダンナ | トップページ | 雀のお宿 »

他のアカウント