« 野良猫の母様 | トップページ | 角の八百屋 »

2007/11/28

祖母があの世でボランティア?

いやいや、夢の話です。

祖母は、生前、さんざん私の猫の世話をさせられた上に、だまされて買った高価な羽布団に、私の猫がねらっているかのようにオシッコやウンコをしましたから、あまり猫好きではありませんでした。(怒るからよけいにするんですよね、これが。)

犬も、私の兄が五歳で亡くなる少し前に、兄が可愛がって飼っていた子犬が亡くなったそうで、孫を犬に連れて行かれたかのように言っていたこともありました。

そんなこんなで、動物嫌いの部類かなと思っていましたが、きのう、私の夢に出てきた祖母は、動物ボランティアのようでした。

まあ、夢の話でスミマセン。

元は木工所だったような建物があり、シャッターも閉まっておらず雑然と散らかっている、そんなところに、クリーム色したミニチュア・ダックスが一匹、犬小屋につながれていました。

水のお皿もフードのお皿も空っぽで、私はそれを見て、大急ぎで水道の出るところに運んで飲ませることにしました。

ミニチュア・ダックスは、とてもほっとしたようで、嬉しそうにくつろいでいたところ、着物を着たすらりとしたおばあさんが現れました。

そのおばあさんは、ミニチュア・ダックスを放置した人の祖母に当たる人で、今後は自分が面倒を見るつもりのようでしたので、私は、その人に犬を託しました。

すると、そこへ祖母が現れて、私は、いつものように懐かしく抱きしめあって、喜び合いました。

祖母はミニチュア・ダックス犬を抱いたおばあさんと、またどこかへ消えていきました。


それだけの夢なんですけど、祖母が犬を成仏させる手伝いを、私と一緒にしているような気がしたんです。

「そうか~、おばあちゃんも、ついにボランティアに目覚めたんやな~。」と一人ごちている私なのでした。

そして、最近、体調が悪く落ち込み気味だったのですが、夢を見た日に、香川県の粟島に済む年上のお友達N子さんから、天使のメッセージとも言えるようなお電話をいただき、肩こりも消えてしまったのでした。

見えない存在たちが見守ってくれていることをすっかり忘れて、私は体調不良になっていたのでした。

こんな私を導いてくれて、とても有り難いなと思った次第です。

« 野良猫の母様 | トップページ | 角の八百屋 »

精神世界」カテゴリの記事

コメント

ちょっと関係ない話かもしれませんが、わたしの祖母が生前、猫に嫉妬していました。
なぜかというとわたしたちがおばあちゃんは邪険に扱うのに、猫たちには妙に優しくしていたからです。
それで「あ~、猫になりたい!」なんていっていました。

祖母が亡くなった数日後の夜中、母が猫が棚の上を走り回るような音を聞いて部屋へ入ってみたら誰もいなかった。
母はそれでおばあちゃんが猫になったのかな?なんて言っていたことを思い出しました^^

わたしの祖母も猫がそんなに好きじゃなかったのに、本当に猫になっちゃうなんて、おもしろいなって思ったの思い出してしまいましたよ^^

あの世に行ったら、ちょっとボランティアとかして罪滅ぼしをするのでしょうか。(^^ゞ

うちのおばあちゃんは、私がボランティアをしているので、仕方なく手伝ってくれているのかも知れません。

私も、毎日、「あ~、猫と替わりたい!」と言ってますよ。(笑)

上げ膳据え膳で、掃除も一日四回くらいしてもらって、羨ましいったらありゃしませんよ。

私も、家の猫になりたいと思っている一人です。夫に「毎日喰っちゃ寝、で気に入らない事があれば飼い主を噛んで・・・怒られずに、可愛がってもらえる」って言えば、「なに言うてんねん、天涯孤独で家に閉じ込められ、好きにでけへんしおかんは嫌な奴を次々連れて来るねんから・・・不自由や」って言います。
夫はいつも相手の身になって考えられるんです。他人の事は羨んではいけませんね。

こんばんは。
自分のことを話して申し訳ないですが、私が人の援助をしていて感じることをお伝えします。
人に関する援助をしていて『必然』とも感じるようなことがあります。そんなに多くないにですが、どんなときにこんな状況になるかというと、今までと違ったパターンを受け入れ、そして新たな関係を構築使用としたときに『必然』が生まれるような、そんな気がします。

あくび猫さんのおばあちゃんは、必然を生み出すべく、精神エネルギーであらわれたのかもしれませんね。

とかくこの世にはなんとも言いがたい偶然の出会いのような必然が存在している・・・そうおもえてならないことがよく身の回りで起こっています。

めいぴーさん

めいぴーさんのご主人様は、とても心の広い方ですね!

だいたい、野良猫の避妊手術をする嫁さんに反対しないところからして、すでに心が広いですよ。

嫁さんの「猫たちを助けたい」という思いを、否定せずに見守ってくださっている様子を、うすうす感じていました。めいぴーさんの明るい表情からわかるんです。(反対されているボランティアさんは、とってもしんどそうなんですよ)

たしかに、室内飼いをされている猫様たちが、幸せかどうか、わかりませんね。私の方が、たまにはお風呂屋さんでゆっくりしたり、食事に出たり、散歩が出来るのですから、自分の境遇を卑下してはいけないですね!∈^0^∋


とみいさん

不思議な縁を感じたり、偶然の一致が重なるときは、天からの知らせです。

人の肩には、二人の天使的存在がいて、いつも導いてくれているそうです。

人間は、そんなこと知らずに間違った方へ行ったりするので、いつもハラハラしながら見守りつつ、アドバイスを耳打ちしているそうですよ。

そのアドバイスというのが、偶然の一致とか、ふと見た電車の吊り広告に載っている一文だったりとかするらしいです。

きっと、とみいさんが、どんどんアドバイスを受け入れることが出来るようになってきたので、天使的存在も喜んでいると思います。

私の夫は子供達に言わせればボランティアだそうです。息子なんか私みたいなブサイクと結婚するぐらいなら一生独身の方がマシと言っております。
私は明るいというか脳ー天気なのであります。主人に貰ってもらえて感謝しております。親は宝くじに当たるよりよかったな~と言っておりました。夫は私に好きな事をさせてくれて私は幸せです。

やはり旦那様は優しい方のようですね。∈^0^∋

私は息子にはめいぴーさんのような人にお嫁に来てもらいたいですよ~。

動物に優しくて、地に足が着いていて、別のボランティアで物作りもしておられるでしょう?

おしゃれをしたいからと言って、洋服代にお金が消えて、食事もインスタントで、誰も助けず、自分本位の嫁さんが来たら、最悪です。

まあ、そんなんが来てしまったら、運命だとあきらめるしかありませんが・・・

旦那様も幸運だったと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/17210011

この記事へのトラックバック一覧です: 祖母があの世でボランティア?:

« 野良猫の母様 | トップページ | 角の八百屋 »

他のアカウント