« ねこー!ねこー! | トップページ | アメショーのリカちゃん »

2007/11/01

公園のメタセコイヤ

大よさみ神社のとなりに、庭井公園という小さな公園があるのですが、そこには、メタセコイヤの大木が三本植わっています。

桜や楠やケヤキなどと一緒に、子供たちに優しい木陰を作ってくれていました。

今年の春に、一度、公園の木々の枝が短く伐採され、とても心を痛めたことがありました。そのときは、メタセコイヤは隣接する駐車場側の枝がすっかり無くなっていました。

まわりの楠たちも、短く枝を切られていました。それでも生命力強く、夏を生き延びて、新しい芽をたくさん出したので、ホッとしていたところでした。

ところが秋になって、もう一度、メタセコイヤだけが、また切られました。

今度は、全ての枝が幹から三十センチくらいのところまで、そして、一番てっぺんは、首を切られたみたいに、無くなっていました。

落ち葉を掃除するのが大変だし、面倒なのはわかりますが、なにもそこまでしなくても・・・と思っていた私は、息子にその話をしていたお好み焼き屋で、思わず呪いをかけてしまいました。

「あんな風に切れと注文を出した張本人は、来年ガンになって死ぬ。」と。

すると息子が、「お母さん、そんな呪いかけてええのん?呪いかけたらバチ当たるから、もうやめるっていうてたやん。」と指摘されてしまいました。

感情にまかせて呪いの言葉を吐いてしまったけど、すぐに、「あれはナシナシ。」と撤回しましたが、後の祭りでした。

早速、翌日バチが当たってしまいました。

私にとっては一番痛いバチ。

そして、二日後に、もう一回、「泣きっ面に蜂」という言葉がぴったりのバチが・・・

ねこおたの読者の方には、なんとなく想像がつくと思います。ブログでははっきりと書こうという気持ちになれません。辛すぎて。

「人を呪わば穴二つ」と江原啓之さんが言っていましたが、まさにそのことが起こってしまったのです。

ここは、もう反省するしかありません。私を見守っている存在たち(守護霊)も、涙をのんでバチを当てたのかもしれません。

これを機会に、一生、人を呪わずに生きていこうと思います。そうすることが、守ってくれている存在たちへの謝罪だと思います。

そして、与えられたバチを恨まず、真心込めて対応していくしか無いと思います。

最近、いろんな企業の悪さとか、公的機関の悪さがバレ続けていますが、よこしまな心を隠したまま、善人ぶって生きることができない時代に突入していると思います。

こんなにすぐにバチが当たるなんて、10年前の10倍早いと思えます。

「くれぐれも気をつけて心を清浄に保てるように、暮らしていかないと」と、強く思います。このブログを読まれた皆様も、ぜひぜひ心がけてくださいね。

街路樹の剪定について、詳しいHPを見つけました。(クリック)

« ねこー!ねこー! | トップページ | アメショーのリカちゃん »

精神世界」カテゴリの記事

コメント

あくび猫さん
公園のメタセコイヤの木はあれはひどいと感じていました。まるで、人間で言えば首を切られたような感じを受けました。木のために必要な措置なのかどうかわかりませんが…(あまり必要のないような措置の気がしますが…)
あくび猫さんにどんな罰があたったかわかりませんが、日ごろ動物の命だけでなく植物の命も大切にしているあなただから、多分≪これから気をつけなさい≫という訓示のようなものなのかも知れませんね。
…私が今までにした呪いの言葉(?)の方がずっと罰があたるもののような気がしますよ(^‐^;)

~くれぐれも気をつけて心を清浄に保てるように、暮らしていかないと~
本当にその通りです。心を汚していくきっかけはいくらでもありますから(^0^)

ほんと、自然を保つのは大変ですよね。私の仕事先周辺も木が沢山植わってるんですが市がどれだけお金を掛けてるのかな?って思うくらい大変です。剪定はモチロン道路や溝も掃除しに来られるし・・・周辺の家も大変です。樋に葉がつまり溢れるので自費で掃除しないといけません。環境が良いのにもお金が掛かりますね。昔だと土に還るんだけど・・・・

ところで・・・バチって?猫が増えた?私には一番恐怖です。

とみいさん

慰めてくださり、ありがとうございます。(涙)

木も、動物たちも地球の子供たちだと思うあまり、ひどいことをする人間を許せないと思ってしまうことがあります。

人間も地球の子供たちだから、憎しみを持って見てはいけないと思うのですが、ついつい、やってしまいます。

今回のバチは、本当に身にしみました。ヘルニアになって以来の衝撃でした。


めいぴーさん

ピンポーン・・・

アウシュビッツにはしたくなくて、必死でお世話をしています。私が倒れたら、一発でアウトです。

昨日は、ちょっと凹んで「早く田舎に逃げたいよ~。」と、センチメンタルでした。

動物病院に通っている方で、田舎暮らしを実現された方がいて、おととい、お話ししましたら、隣は500メートル先だそうです。

猫トイレも、自然がトイレって感じで超うらやましいです。

木曜日も、1匹お世話になりました。ありがとうございました。

本当にこの時期街路樹を中心にあちこちの木々が無惨としか言いようのない剪定をされてて、可哀相だなあと思います。

夏は涼しい木陰を作ってくれたのに、二酸化炭素を吸って、酸素を作ってくれたのに恩を仇で返すような切りようで、来年枝葉が生き返るのかなあと毎年心配になります。

それにしても、街路樹ではない公園の落葉ってひとつもじゃまではないと思うのですが、近隣から苦情が出るのでしょうかねぇ?
特にメタセコイヤの葉っぱなんか、落葉って感じじゃないですよね。首切り状態なんて、本当に可哀相ですね。

ところで、ね・・猫ちゃん・・・・だ・・誰かが捨ててゆきましたか・・・!(恐!)

他の生物に冷たい人の悪口を思ったくらいで、こんなにたくさんの猫達を助けているあくび猫さんにバチが当たるとは思えませんので、そうではないと思います。
でも、大変さは想像を絶するのもかと・・・だってたったの11匹(外猫と合わせても20匹くらい?)でもこの先のことを思うとブルーになることがありますから・・・ほんとうに、せめて田舎の森の中に移住したいですね(溜息)

猫玉も猫ちゃんが増えたと思いましたよ(汗
でもね、あくび猫さんだからすぐに反省できたわけだし、ある意味軽いバチですんだんですよ。悪いことしたなってすぐ気がつくことができるんですからね。

いま、偽装などで大変なことになってる人たちは、ひとつウソをついて、バレなかったからもうひとつウソをついて、それが積み重なって山のようになるまで溜まったところで発覚する運命にあったんですよ、きっと。
だから、取り返しのつかないことになるんです。
ちいさなうちに反省すべきですね。
自戒をこめて。

猫玉さん

本当に、かなりおまけしてくれたバチかもしれません。

だって、命に関わる呪いですからね~・(^^ゞ

風邪ひいて目がくっつきそうな仔猫二匹、頑張って治して里親さんをつけてあげたいと思います。

まあ、捨てた人は、私みたいな猫好きだったら、ひどい風邪でもノミだらけでも元気にして飼ってくれると思ったのでしょうね・・・

でも、内実は、愛情不足のかわいそうな状態なんですよね。まあ、そんなことは、外からは見えないですからねー。

バチは当たらないに限りますよね。くわばらくわばら。

うーーん。バチが当たったとは
思えないですけど。。でも あくび猫さんが
そう思われるのであれば そうなのかな。。
子猫ちゃんは 元気ですか?
また 里親探しよければお手伝いさせてもらえれば
嬉しく思います^^よろしくお願いします^^

miwaさん

公園のメタセコイヤ、見ました?

可哀想すぎです。

この前、地下鉄我孫子の脇の道路の街路樹が、また切られてました。

雀のお宿だったんだけどな~・・・と思いつつ、眺めておりました。

雀はどこで寝るのでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/16946265

この記事へのトラックバック一覧です: 公園のメタセコイヤ:

« ねこー!ねこー! | トップページ | アメショーのリカちゃん »

他のアカウント