2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« カウンセリング | トップページ | 万華鏡 »

2007/08/18

プラちゃんの話

プラちゃんは、生まれたときから災難続きの仔猫だったようです。

今、生後三ヶ月くらいですが、野良猫が生まれた仔猫を口にくわえて、元飼い主宅へ運んできたのが始まりだったようです。

生後一ヶ月の頃に高熱を出したのか、ぐったりとしているとのことで、治療に来院されていました。

元飼い主さんは、野良猫が運んできた仔猫だし、仕方なしに飼っていて、大きくなったらまた野良猫になってもらおうと思っていたようでした。

高熱の後、プラちゃんは歩くときにふらつくようになり、どうも耳も聞こえていない様子だったようです。

高熱が下がって、やっと少し大きくなったかと思ったら、今度は、外から入ってきたオスの野良猫に、顔をガブリと噛まれて、顎の形が変になってしまいました。下の犬歯が前に飛び出してしまったのでした。

その怪我も治って、高栄養の缶詰を自分からパクパク食べられるようになったと喜んでいた矢先、今度は四階にあった元飼い主さん宅のベランダから落ちてしまいました。下半身が麻痺して、まったく動けなくなってしまいました。オシッコもウンチも出せなくなりました。

元飼い主さんは、もう我慢が出来なくなって、「先生!安楽死をしてやってください。」とお願いに来ました。

ダンナは、それまでも何度も安楽死を打診されたけれども、断って何とか治療をしていたし、里親探しを私に頼んで何とか引き延ばしてきたけれど、今度こそは万事休すの状態だったようです。

お昼過ぎに、動物病院のドアをノックする音がしますので、明けてみると、仔猫を連れた元飼い主さんでした。

ダンナが私に小声で、「あのさあ、この前里親探し頼んだ仔猫なあ、ベランダから落ちて、下半身不随になってしもて、今から安楽死せなアカンねん・・・」と言いました。

私は、そんな場面は見たくないので、「あ、そう。」と言って逃げていこうとしたら、ダンナが私の服を引っ張っています。

「ちょっと見てきてあげて。」

「それって、どういう意味?私、見たら引き取ってしまうやん。」

「ええからええから。」みたいなやりとりがあって、もう仕方なく覚悟を決めて見に行きました。

きょとんと私を見つめるつぶらな瞳。「ボクは生きたいねん。」と言っているかのような光をたたえて、上半身を前足で支えていました。

(やられた~)

仕方なく、私が家に連れて帰ることにしました。

家に連れて帰ってから、リコネクティブヒーリングもどきを施し、試行錯誤をしながら、足の筋肉が固まってしまわないように、毎日足を伸ばしたり縮めたり、リハビリをしました。

「リコネクティブヒーリングもどきをしたから、エネルギー体レベルでは元通りになっているはずだし、後はリハビリだけだ!」とかいいながら。

はじめ、リングの貞子のようにしか動けなかったプラちゃんは、一週間ごとに足が動くようになっていき、なんと、今ではふらつきながらも歩けるようになりました。

猫トイレでウンチも出来るようになりました。あとはオシッコだけなのですが、それは私が時間を決めて仔猫にするみたいに刺激をしたら出ています。

最初の、カテーテルで導尿をしないといけなくて、ウンチまみれでのたうち回っていたプラちゃんとは別猫のようになりました。

プラちゃんのいる和室から鈴の音が聞こえてくるので、何かなと思っていたら、以前に黒猫のボンちゃんがテレビの下に入れて出せなくなっていた鈴のおもちゃをプラちゃんが取り出していて、部屋の中で暴れ回っていたりします。

プラちゃんのあだ名は「妖怪鈴ならし」ということに決まりました。

私は、ひょっとして、猫様にヒーリングができるようになったのかしらと、少し喜んでいます。

« カウンセリング | トップページ | 万華鏡 »

動物たちの話」カテゴリの記事

コメント

すごいすごいっ!!

この子が前のブログ記事の下半身マヒしたという子なのかな。
ヒーリング、絶対きいていると思います。
あくび猫さんの思いが、そうさせているのね。

あくび猫さん、そのうちに遠隔ヒーリングもできるようになるのではっ!?
期待しちゃいますよっ!!!!!

猫玉もヒーリングできるようになりたい。
コロにずいぶん迷惑かけてるし。

猫玉さん

ヒーリングを成功させるコツは、前に書いた「人生ゲームを全クリする」を心がけて、心静かに生きることがコツかなと思います。

プラちゃんをヒーリングした頃は、ちょっと悟ったようになっていて、五次元とバンバン繋がっている感がありました。

この頃、ちょっと三次元の迷宮に、また囚われていたのですよね~。気をつけないと!

バイト先は官庁でコンクリートの建物だけですが、野良が3匹住み着いています。車庫の隅に2個、大きな猫の家があり常に水とフードが充分に用意されています。職員のカンパで避妊手術もしています。

その子達がしばしば噛み傷や皮膚湿疹になるので<手当て>ヒーリングの実験を続けています。

自分の愛猫の骨折で昔のように強いエネルギーが出て、人間には出なかったのを<あくびさん>が「猫は邪心がないからだ」と仰ったのを追実験しています。

確かに猫にはマトモな強いエネルギーが出ます。怪我なら一晩で治るようです。邪心がないからこちらの真剣な愛念に反応するのは確実みたいです。

たぶん、こちらのヒーリング能力の有無に拘らず、真剣な愛の思いに反応するのだと確信しかかっています。

人間を治せる能力がついたら??絶対に秘密にして使わないようお勧めします。実に不快で辛いです!!

が治ったので実験を

それにしても・・・プラちゃんは、
なんて九死に一生を繰り返したニャンなんでしょう。

野良だったから、仕方なく飼われ、やはり高熱のせいで耳がきこえにくくなってて逃げ遅れたんでしょうか?野良ちゃんに咬まれるなんて。
マンションから落ちてしまうなんて。
きっと、元飼い主さんも、それでも飼い続けて病院へ
治療に連れてこられたので、大変だったんでしょう。

でも、そのトラブルの連鎖をあくび猫さんに出会うことでプラちゃんは、やっと断ち切れたんですね。

それにしても、よく「妖怪鈴ならし」にまで回復できたこと。
ヒーリングのパワーというか、人間の潜在能力のすごさ、不思議さを感じます。


ポジさん

本当に、猫様は邪心がありませんね。

猫様が時々遠くを見ている時、犬や人よりも精神性が高いのではないかと思うことがあります。

人は、信じる=依存心みたいなところがあって、信じる代わりに病気が治るという取引を無意識のうちにしているのではないでしょうか。

猫様は心の底から純真で、疑ったり取引をしませんし、どんな状況も受け入れます。偉いなと思います。

犬は人に近い分、散歩をしていても、二次元の世界しか見ておらず、「もうちょっときれいな空を見たらいいのになあ。」と思います。うちの犬だけなのかも知れませんが・・・

その姿を見ていると、人間の生き様を見てしまうように思います。


さおりんママさん

プラちゃん、四階から落ちる前に、一回私と会っているんですよ。落ちてしまってから引き取った後、どうしてあの時に引き取らなかったのかと後悔しました。

後悔しても始まらないので、「きっと私にヒーリングの練習をしろと天が言っているのかも。」と思うことにしました。

ヒーリングなのかどうか知りませんが、プラちゃんが治ってきた後、最近テレパシー能力が出てきたみたいなんですよ。

相手が言う前に答えがわかってしまうんです。(^_^;

まぁ、なんという試練を持って生まれてきた子なのでしょう。
でも、あくび猫さんのサイキック能力に磨きがかかったようですから
そのための出会いだったのかもしれませんね。

もし必要でしたら、遠隔でお手伝いさせていただきます。

今、BASHARの日本でのチャネリング本を読んでいます。
その中でBASHARが、猫についての質問に答えているところがあって、これが今のあくび猫さんにピッタリな内容な気がしました。

「猫はみなさんの文明の中で、二つの次元に同時に住んでいる動物です。
 そしてみなさんの文明が今向かおうとしている変化、つまり物質的なレベルから、非物質的なレベルへ向かう変化を象徴しています。
 猫はこの世界と非物質的な世界が、両方とも現実だということをよく理解しています」

これを読んだ時、やっぱり~と思いましたねvv

キリさん

ありがとうございます。∈^0^∋

サイキック能力は、心が育っていないと自滅へまっしぐらという気がしますので、心して取りかかりたいです。


猫玉さん

やはりですか~。

それでは、猫族を守る活動は大切ですね。地球と一緒にアセンションするためにも、猫様に導いてもらわなければ!

すごいすごい!
この話しには大感動でした。
なんてステキなミラクルなのでしょう!
あきらめなければ何かが変化していく。
愛と思いやりはきっと何よりも大きな力なのだろうな。
あくび猫さん、ステキです♪

COCOさん

ありがとう~。∈^0^∋

ミラクルって本当にあるんですね。

心が穏やかだと、この人生をたくさんの存在とともに創造しているのがわかるような気がすることがあります。

いつでも、協力する用意があるみたいだけど、人間の心が小さかったり頑なだと、遠ざかるようです。

こんな経験を積み重ねて、もっとマスターしたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/16161005

この記事へのトラックバック一覧です: プラちゃんの話:

« カウンセリング | トップページ | 万華鏡 »

他のアカウント