« 世界でいちばん古くて大切なスピリチュアルの教え | トップページ | 無力感 »

2007/07/08

夢は圧縮ファイル

夢日記を書くようになって何ヶ月か経ったのですが、覚えているときもあれば、思い出せそうで思い出せない時もあって、それはどうしてかと思っていました。

今朝、気が付いたのですが、夢は、圧縮ファイルになっているのです。

解凍ソフトがないと閲覧できない、パソコンのファイルと同じようなものみたいな感じです。

メールで大容量のファイルを送るとき、ソフトを使って圧縮しますよね。すると、メールがスムースに届きます。そのまま送ると、通信エラーになったりします。

夢を思い出す作業は、解凍しているのと同じです。これが上手くいかないと、思い出せないのです。

夢が圧縮ファイルだとすると、アイデアとか、天啓とか、そういった類のものも、圧縮ファイルだと思います。

モーツァルトは、天の音楽を解凍していたのではないのでしょうか・・・ふと、そんなことを考えます。

チャネリングや霊界からのメッセージも、「ひとかたまりの考えが押し寄せてくる」と表現されることが多いです。

すると、これも、圧縮ファイルだと考えられます。

解凍ソフトを起動させるにはどうしたらよいのでしょうか。

その答えが、昨日紹介した本に書いてありました。「心を静かにする」です。

私の心はまだまだ雑音が多くて、夢も覚えていないことも多いけれど、このまま練習すれば、もしかしてチャネリングもできるようになるかもしれないと、思ったりもします。

子供の頃には、しょっちゅうギャップ(すきま)という心の状態になっていて、このような圧縮ファイルを閲覧していたと思います。

「現代人の大人として生きる」と決めて、そういうものと決別し、さんざん迷い道をさまよったあげくに、また元のところに戻ってきました。

ちなみに若かった頃のわたしの「現代人の大人」という観念は、

・科学だけを信じ、迷信的な生き方を否定する
・お金が一番大切
・勝つことが大切
・大きな車を乗り回す
・嘘を上手につく

などなど、そんなところです。まあ、子供が大人ごっこをやっていたのですね。迷い道にはまるのも当然といえるでしょう。

« 世界でいちばん古くて大切なスピリチュアルの教え | トップページ | 無力感 »

精神世界」カテゴリの記事

コメント

あくび猫さん、圧縮ファイルとは、よくぞまあ面白い言葉を考えたもんですね。(^^)
でも、私もそう思います。

「こころを静かにする」というのは、瞑想状態のことでしょうね。

眠りに着く前、まどろみの時に、今朝見た夢を思い出すことが多々あります。
ギャップの時ですね。


そのまま、訓練すれば、アカシックレコード大賞の新人賞を受賞できます。

アカシックレコード大賞、いいですね!

ところが最近、夢を覚えている率が減ってきたんです。

それで、思い出そうとするのだけれど、イメージの固まりみたいなのはわかるんだけど、こまかい映像が出てこないんですね~。それで、こういうことを思いついたというわけです。

解凍ソフトを起動させた上、DVDプレーヤーも起動させないといけませんね~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/15685787

この記事へのトラックバック一覧です: 夢は圧縮ファイル:

« 世界でいちばん古くて大切なスピリチュアルの教え | トップページ | 無力感 »

他のアカウント