« 猫伝染性腹膜炎オタク研究 | トップページ | 効果があったこと »

2007/05/23

エリカのバラード

日付が変わってしまったので、もう、一昨日の夢ということになりますが・・・

夢自体は覚えていないのですが、夢の中でずっと聞こえていた曲がありました。

それは、まだ中学三年生頃にTVでやっていた、アニメ「闘将ダイモス」のエンディングテーマでした。

エリカのバラードと言います。聞いてみたい方のためにリンクを張っておきます。

目が覚めてから、何となく地球が寄せてきたメッセージのような気がしたのです。

「青い空と緑の平和をください。それがそれがどうしてもほしいのです。」そのフレーズがリフレインしていました。

地球って、大きすぎて生き物のようには感じられないかも知れないけれど、生き物だと思えます。

私たちの体の中のウイルスなどは、自分たちの住処である私たち人間を生き物だと思っていないかもしれません。それと同じで、私たちも、地球のことを生き物だと思っていないけれど、実は生き物だったりするのではないのでしょうか。

この頃、暑い日と寒い日が交代交代になったり、急に風が吹いて大雨が降ったり、まるで地球がマラリアにかかったみたいな気がしているのです。マラリアにかかった地球が、治癒反応として、マラリア原虫を排除するべく、熱を出しているのではないかと・・・もちろん、原虫は私たち人間ですけど。

そんなことを考えていたから、夢でそんな曲が聞こえたのかも知れません。

排除される前に、地球と共生できる乳酸菌のようになりたいと思います。

« 猫伝染性腹膜炎オタク研究 | トップページ | 効果があったこと »

精神世界」カテゴリの記事

コメント

なにげに、エリカのバラードを聴いてみたくなってリンク先に飛んでみました。曲が流れ出すと5歳になる娘がお好み焼きを食べていたのに、ぴたっとやめて知ってるはずがないのに一緒に歌い出しました。すごく、反応してました。この曲にはなにかある?

あつこさん

おおっ!娘さん、クリスタルチルドレンかもしれませんよ!

この曲、何かあるのかも知れませんね~。

何となく、物語の中のエリカは、地球を救うために転生してきた、記憶をなくした宇宙人「ワンダラー」の象徴のような気がします。

24日のNHK統合とBSで放送したクローズアップ現代
“環境革命”をめざせ〜レスター・ブラウン博士に聞く〜
はとても興味深かったです。

世界各国が経済を優先させる政策から文化や自然に対する搾取
ー博士は赤字分を自然に負っていると表現していましたー
を辞める方向に一刻も早く転換しないと、
自分達の首を絞めて、存続が危うくなると言ってました。

私達は転換期にホントにいるのですね。。

まぁ娘々さん

私もみました~!

レスターブラウン博士はすばらしい方ですね。私などは人類の先頭切ったりできないですが、良い方へ追随していきたいと思います。

NHKのBSハイビジョンで、シートン動物記のお話しをやっていたのですが、シートンさんも120年前にすでに西洋人の自然に対するあり方に疑問を感じておられたようです。

シートン動物記は子供の私に多大な影響を与えた本ですので、TVでみて思い出せて良かったです。

あの番組を観てからジムの往復に車を使わないことにしました。今のジムを脱会して片道ウオーキング40分のジムに入会しました。帰りはジムの送迎バスです。

妻が便利よりも手間取る過程を楽しむタイプなので、車の使い過ぎをいつも叱られていました。

<生活の意識を変えるだけ>と、博士の柔軟な具体性を実践していきます。

ポジさん

ダンナもバイク通勤をやめようかなと言っていました。

というか、家から自転車で五分くらいのところなのに、ダンナはバイクです。

まあ、往診とかがたまにあるからなのですが・・・

「エコビレッジ構想」というお題で次に書いてみたいと思います。あの番組に大いに発憤しております。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/15170195

この記事へのトラックバック一覧です: エリカのバラード:

« 猫伝染性腹膜炎オタク研究 | トップページ | 効果があったこと »

他のアカウント