2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« あなたの悩みが世界を救う! | トップページ | 祖母の思い出 »

2007/03/20

知識イコール雑学

この文章は、私の息子のような若い世代の方に読んでもらいたいと思って書いています。

高校時代に、社会の先生が、「知識イコール雑学」を信条としておられました。学校の勉強がすべてではなくて、広く浅くたくさんのことを吸収することが、本当の知識に繋がっていくのだということを力説しておられました。

先生のその説を、なぜ信じるようになったかというと、当時、私の家庭は崩壊寸前で、とても悲しい毎日を送っていましたが、その悲しみを打開するべく策を講じようとしても、「思考」には、たくさんの言葉を知らないと成り立たないし、その時の自分の狭い知識では、とうてい、良い案など浮かばないことがわかったからなのです。

まずは文学作品を読みましたが、それだけでは足りず、色々な方面の本をたくさん読みました。おかげで私はまがりなりにも「思考する」ということが出来るようになりました。

パソコンでも、インプットなしでアウトプットできないのと同じなのでした。若いときというのは、ヘレンケラーのようなもので、土台になる情報をインプットされていないから、自分を表現したりすることがとても難しかったように思います。

最初はわけもわからず、いろんな本を読んだりしましたが、そのうち、私は、「猫・医学・精神世界」方面に興味のベクトルが向いていきました。

その後、20代、30代と、親元を離れて大海原で波にもまれるうち、思いがけないことに、一番お金にならないと思っていた猫の知識を生かして、活躍の場が出来てきました。私の場合は「猫」というのが頂上にあり、その下には氷山のように、精神世界や医学の知識、そのほか様々な知識が隠れているのです。

若い方は、方向が定まらずに迷いもあるかと思いますが、まずは、自分にいろんなことをインプットしておくと良いと思うのです。まだ若いうちしかそのような時間はありませんから、バラエティー番組ばかり見たりゲームで時間を浪費せずに、本を読んだり習い事をしたりして、自分を磨いておくことをお薦めします。

暗闇をさまよっている時間も大切な経験の一つで、それも、いつか氷山の下の方で、生きてくるときが来るのです。

時間を浪費せず・・・と書いてますが、私は昔はずいぶんと猫ののみ取りで時間を浪費していましたけどね。(^^ゞ

まあ、そんなことで、若い人たち、がんばってください。

« あなたの悩みが世界を救う! | トップページ | 祖母の思い出 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

またまた考えていたことがあくび猫さんと重なってしまいました。こういうことが多くてビックリです!
わたしもね、『自分で考えること』が一番大切だなって思っていたんです。そのためには考えるためのネタが必要だから、それが『雑学』とつながりますね。
特に日本の教育のシステムでは暗記することとか言われたことをその通りに間違えることなくやることばかりが教えられて、自分で考えることを全くと言っていいほどしないシステムだと思うんです。
多分自分の考えなどもたれるより、みんなが同じことを信じている方が社会をまとめて組織として大きく動かすためにはらくだからなんでしょうけど、それでは一人一人のスピリットが満足できないと思うの。
みんなこの世界に生まれて、自分を見つけて自分をいきていくことをしたいはずだもの・・・・
自分で考え、感じ、選んでいくことって本当に大切だと思います。

COCOさん、そうなんですよね~。

ああ、またCOCOさんと同じでしたか。小さい頃に夢の中で一緒に天使みたいなお兄さんと遊んでいた子はCOCOさんだと確信めいたものを感じます。∈^0^∋

中学の先生をしていたとき、ネジを作っている気がしました。従順で言われたとおりのことを忠実に行う、ロボットのような存在ですね。それなのに、「夢を持て」とか真逆のことを、大人たちは口だけ言うので、子供たちはさぞかし混乱していたことでしょう。

私の場合も、いろんなところから夢を持てと言われて夢を持っていましたが、家で父にそういうことを話したら、「おまえなんか、ちっぽけな存在で、夢を叶えられる人間は、ほんの一握りやで。」などと、言われてしまい、とてもしぼんだことを覚えています。

小学校では夢を持てと教え、中学校では、従順になれと教え、高校では夢を捨てさせられることが多いですね。そういうことに負けずに、若い人たちに、頑張って欲しいです。

うん、わかります。
わたしも学校の現状感じると、自分が教師になることに戸惑いを感じずにはいられませんでした。せっかく教育学部を出たのに^^
わたしが子供たちに言いたいことは学校の先生が言うべきことと正反対なくらいでした。
それで学校じゃなく塾とかお稽古事の先生として子供たちに接する方を選びました。
私自身も親や先生たちに夢を追うことに関してはネガティブなことばかり言われていて、とても人生に対して絶望的な気持ちで生きてた子供でした。

あくび猫さん、実はわたし今もくろんでいることは子供たちに(大人も含めてだけど・・・)もっとイキイキと楽に生きられるメッセージを送ることだったりするんです。
実はね、この記事はかなり今わたしが目指しているものとつながりがありました^^
またこんどゆっくりメールでお知らせさせていただきますね^^

COCOさん

私が少しでもCOCOさんのお役に立てたらいいなと思います。私に送られてくる情報は、きっとCOCOさんと源が同じような気がします。

メールを楽しみにしています。∈^0^∋

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/14321258

この記事へのトラックバック一覧です: 知識イコール雑学:

« あなたの悩みが世界を救う! | トップページ | 祖母の思い出 »

他のアカウント