« お前はもうすでに死んでいる | トップページ | 喫茶店で »

2006/11/21

教科書ガイド

小学校の六年生の終わりに転校をしたときに、私ははじめて「教科書ガイド」という存在を知りました。

それと、「毎日の勉強」という問題集も知りました。

転校先の学校は、勉強が進んでいたので、私は一生懸命みんなについていこうと思って、放課後、家で今までしたことがない自習をしたのです。

新しいクラスメートが、「毎勉」をやってたら、テストに同じ問題が出るから大丈夫だと教えてくれたので、私はその通りしました。本当に、同じ問題が出ていて、中身はわからないのに点数だけは良い点が取れるという感じでした。

教科書ガイドの解答をそのまま書き写せば、宿題もすぐに済みました。

便利だけど、実になったかというと疑問でした。だから、中学校に入ってから、勉強についていけなくて、苦労しました。

私は、このブログの精神世界のカテゴリーの中で、自分が発見した色んなことを書いてきましたが、もしかして、それは他の人にとっては「教科書ガイドもどき」になってしまっているのではないかと思えてきました。

私のように長い間暗闇を経験しなくとも、光を見つけてほしいと思う心から発したことですが、よけいなお世話なのだと思うようになってきました。

自分で光を見つけられてこそ、生きる醍醐味を味わえるというものです。

でも、いじめを受けて自殺をしそうな学生さんが、「正しいバチの当て方」「正しいバチの当て方Part2」なんかを読んで、ダメモトで試して、本当に相手にバチが当たるのを見て、胸のつかえがなくなって、生きる気力が出てくれたらなあ・・・なんて、思ってしまうのでした。

若い頃、JRの線路に息子を抱いて飛び込んだら、楽になれるだろうなあ・・・なんて考えていたこともありました。でも、今は、生きていて良かったと思います。だから、簡単に死を選ばないで、環境を変えてみたり、誰かに相談したり、そういう色んなことを、まず試してみてほしいのです。

こんな、マイナーなブログを見つけること自体、奇跡です。もし、死にたいと思っている人で、これを読んでしまった方は、きっと何かが守ってくれているのです。

あ、また、おせっかいなことを書いています。教科書ガイドもどきです。この性格、治りませんねえ。(^_^;

それにしても、若い頃の私って、息子に迷惑かけっぱなしです。息子の人生まで犠牲になるところでした。くわばらくわばら。

« お前はもうすでに死んでいる | トップページ | 喫茶店で »

精神世界」カテゴリの記事

コメント

どんな言葉に出会うか?どんな人に出会うか?
それも才能の一種ですよね^^

あくび猫さんのブログに出会って
ああ~~そうだったのか!って思った人は多いと思います。

教科書ガイドに助けられたこともいづれは忘れてしまい
自分一人で考えたことのように思ってしまう・・
長く生きてくると「ああ、それで良いんだなきっと」って思う物かと。

教科書ガイドは必要なんですよ^^
誰もが見て読んで・・・ず~~と後から理解する物です。

ジレンマですよね~。

「一番難しいのは、他人の間違う自由を妨げないことだ」っていう言葉に出会って、ショックでした。私もすっごいおせっかいだから。

でも、発した言葉がときに誰かの救いになり、ときに妨げになったとしても、それは運命というか、発した人の意思を超えたところで受け取られる必然なのかなあとも思います。

真世さん、

>教科書ガイドは必要なんですよ^^
>誰もが見て読んで・・・ず~~と後から理解する物です。

そう言っていただけて、慰められました。ありがとうございます。

息子やダンナなど、身近な人にはなおさら受け入れがたい私の話です。家では、なるべく言わないようにしています。でも、せっかくの経験を生きているうちに誰かに活用してもらいたくて、ついつい、書き込んでしまうのですよね。(^_^;

私から家族たちを見ると、ムズムズするんですけど。(笑)


tairaさん、

イエス様も、心の貧しい人に対して、批判をしたりせず、教えたりもせず、ただじっと涙を流していたそうだということを、先日、ある人から聞きました。

成長を待つということも大切なことですよね。

そういう私も、まだまだ成長していなくて、アレなんですけど。(笑)

マイナーなブログだから、天も許してくれるかな・・・tairaさんの言うように、こんなブログを見つけてしまうのも、必然だと思えます。

わたし、小学校5年生か6年生の時に先生用のテストの答えが全部赤で出ている冊子を外で拾ってしまったことがあります。
テストは共通の教科書で同じものだし、答えは全部書いてあるし、ホント困っちゃいました。
でもわたしは頭でっかちのこまっしゃくれた子供だったので、こんなのなくても全部100点取れるよ・・って感じであまり見もしませんでしたけどね・・(う~、いやな子供~^^;)

でも今になって考えてみると、そうやって赤文字の答えの丸暗記するのも暗記の脳の刺激になりますよね。
あとテストのたびにそこをチェックするだけのマメさとかないとできないことですしね・・
全て思いがけないところで何かの役に立つのかも・・(^0^)

あくび猫さんのブログは大好きです♪
確かにそんなによく見かけるタイプのものではないけど、そこがいいんです♪
いろいろ気付かせていただいたり、自分の思っていることとつながったり、来ると嬉しくなって、いつもつい長々と書き込みしてしまいます^^

これからもあくび猫さんのキャラでお願いしますね^^

うーん。教科書ガイドかぁ。

あくび猫さんの書くものが教科書ガイド的役割をしてるとは思いません。
教科書ガイドというよりは、ちょっとした気づきを与えてくれたり
自分が知りたいことのヒントを与えてくれたり、というものではないでしょうか。

もう縁の切れ掛かってる知人は、そういう「ヒントを与える」ことを嫌がるタイプの人で
それはどうしてかというと、ヒントをほしがってる人にヒントを与えると『学びの機会を失うことになるから』ともっともらしいことを言うのですが
私に言わせると、単なる出し惜しみです。(笑

COCOさん、

私のキャラを応援してくれて、ありがとうございます。(^_^)

最近、ちょっと猫様が立て続けに亡くなったりして、自分のしていることに疑問を抱いたりすることが多かったのです。それで、こういう、ブログもおせっかいなのかな~なんて全てマイナス方向に考えてしまっていました。

猫さんの数が減った分、広く猫様のために活躍していきたいと思えるようになってきました。といってもまだ46匹いるんですが。(^_^;


キリさん、

そう言っていただけて、ホッとしてます。

ヒントですよ、ヒント!(笑)

まあ、人間というのは、あちこち頭をぶつけて痛い思いをしながら成長するものですが、ちょうど成長できるときにそういうヒントがあると、飛躍的に成長できることがありますよね。

私も、色んな本からヒントを得てきましたが、ちょっと恩返しのつもりで書いたりしています。

あくび猫さん、こんばんは。
最近、後からつじつまが合う事柄に多く遭遇して、
ああ、こうなるってことか・・・
と一人心の奥底で納得しております。(笑)
これが、前もってわかる才能が欲しいと思いますが、それがわからなくていろいろ考えたり、悩んだりしたことが今の結果に結びつくのだろう思います。
せめてヒントを~と叫びたくなることもありますが、これも駄目なんでしょうね~~
私にとってこちらのブログは裏教本かな。
自分の欲しい答えずばりとは違うんだけど、考え方とか感じ方・・そんなことのヒントにさせていただいております。
これからも宜しくお願いします。

おニャアニャンさん、こんばんは。(^_^)

この頃思うことがあって、そのうちにまたブログに書こうと思っていることなのですが、動物とかかわっていると、何ていうか、矛盾を抱えて生きている気がします。

私は猫が大好きで、かわいそうな猫をみたら放っては置けず、ついつい家の猫の数が増えてしまった結果、寂しい思いをさせてしまったりしています。

ある人は、目の前で車から捨てて行かれたかわいそうな猫に、食べ物を与えているうちに、情が湧き、飼いたいけれどもペット不可ということで、食べ物だけ与えていると、近所から苦情が出て、追いつめられて、最後には、うちの動物病院の前に夜中にこっそり捨てていったりする人もいます。これでは犯罪になってしまいます。うちが被る迷惑という点で思いやりの欠片もありません。うちには猫が46匹もいるのに。

動物が絡むと、良いと思ってしていることが悪いことになってしまうパラドックスがあるような気がしてなりません。

これを乗り越えるにはどうしたらよいか、今、考え中です。何か、良い案はないものでしょうか。

>良いと思ってしていることが悪いことになってしまうパラドックスがあるような気がしてなりません。

私もこれは日々感じています。
猫たちに対しては、家に飼われて幸せなのか?
私に命を託して幸せなのか?
たくさん保護して、避妊虚勢して完全室内飼いしていることさえ、エゴだと言う、動物を1匹も飼ってない人からのご意見もありますが、このパラドックスから抜け出すには、猫達はすべて私のためにここに居てくれると思うようにしています。
だから、お世話して当たり前なんです。
これでいいのだ(バカボンのパパか?)

たくさん居るから1匹ぐらい増えても平気でしょ・・・と
できて当たり前だと思われる今日この頃。
弱虫でろくなことができない人間が、努力して努力してやっております。はい。
家もある日突然、庭に猫が現れることが多いので、家とわかって置いていくのか、はたまた偶然か(まだまだ回りに空き地が多いので)・・・
あくび猫さんのケースの様に猫の出所?がわからないので、
今のところ、猫自身が家を選んで来たと受け入れていますが
出所がわかった場合・・・
猫は受け入れても、人間には迷惑かけられたと判断して、
倍返しするかも・・・
それと結界を強化するかな・・・
弱い人間が周りに寄り付かないように・・・
弱い人間=餌だけあげて人に尻ぬぐいさせる、嘘の猫好き。
ま、諸事情あるとは思いますが、遺棄する前に一言相談してくれ。まだあなたも救われる。
と私もずっとエンドレスです。

おニャアニャアンさん、

本当に、エンドレスですよね~。

一晩、考えたのですが、世の中、こういうパラドックスに満ちあふれています。

良いことの裏に悪いことがあったりするわけです。宗教観の争いとかも、人々を幸せにしようとしたいのに、喧嘩をしている矛盾・・

ひょっとして、このパラドックスを解決するゲームが生きることなのではないかと思えてしまう今日この頃です。

猫のために一生懸命、床暖房をつけてガス料金を払っている私。

猫はあったかい、暖房は地球環境に悪い、ガス料金はガス会社が喜ぶ。なんだか「風が吹いたら桶屋が儲かる」ということわざを思い出しますです。はい。

温度差って言葉・・・
気持ちに温度差があるとか、考え方に温度差があるって使いますよね~
こちらが一生懸命考えていても、相手はそれほど頼りにしていなかったり・・・
こちらがあまり興味がない時に相手は熱烈だったり・・・

我が家も昼間は猫16匹と犬1匹で、冷暖房常にオンです。
今の時期は27度くらいに設定しています。
家に比べて会社はものすごく寒いんです。
エアコンの温度設定の社長の考え方がちょっと普通じゃなくて
冷房でも暖房でも設定温度は24度なんです。
真夏の24度と真冬の24度って絶対一緒じゃないですよね~
それこそ、高温設定すると機械に負担が掛かるし、環境にも良くないって考え方らしいのですが、私、思いっきり冷え性です。
家をぽかぽかに保ち高額な電気代を払って、会社では、199円のレッグウォーマーと3足399円の靴下を履いてがんばっております。
もうすぐPCを打つ手もかじかむので手袋着用予定です。
最近、家で仕事がしたいと切に思う・・(苦笑)
世の中、矛盾だらけ・・・
それでも毎日がんばるか・・ね!

おニャアニャンさん、

会社で夏24℃とは、寒すぎです。

夏は27℃くらいがちょうど良いです。

エアコンの説明書を見ると、夏は26~28℃、冬は20~23℃って書いてあったような気がするのですが・・・

私は冬に強いので、床暖房があれば、エアコンなしでいけそうな気がしています。気がする・・・というのは、この家で冬を迎えるのは初めてだからなのです。

去年までは、冬は、ほかほかカーッペットを24時間付けるのと同時に、エアコンを20~23℃くらいにしていました。けっこうケチケチモードだったのです。それでも、電気代がピーク時で50000円を超えてました。(^_^;

普段は30000円くらいでした。ケチってこれですから・・・なんという無駄遣いでしょう!環境保護団体に叱られそうです。

ああ、このパラドックスの答えが見つかりますように。(涙)

(本当は、自然と共に猫と暮らすのが一番だと感じているのです。でも都会では出来ないのですよね・・・)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/12763920

この記事へのトラックバック一覧です: 教科書ガイド:

« お前はもうすでに死んでいる | トップページ | 喫茶店で »

他のアカウント