« 結局祈りに帰結する? | トップページ | 裸足で歩く女の子 その後(3) »

2006/11/09

思考は現実を創造する

精神世界では当たり前になっている、

「思考は現実を創造する」

思考が現実を創造することは、私は間違いないと感じています。

「リアルにイメージする」とか、色んな本に、色んなコツが書かれていたりします。

けれど、そのイメージの動機が、自分の心にも、大宇宙の心(神様?)にも叶っている場合に、本当の意味で現実化するのだと思うのです。

ここで大宇宙の心と言ったのは、良いことだと思っていても、独りよがりの判断である場合があるからです。

例えば、イメージ通りに大金持ちになっても、家族の仲が悪かったり、色んな理由で心から望んでいた現実ではないときは、それは自分の力でねじ伏せるようにして手に入れたものではないかと、考えたほうがよいと思うのです。

私の例でいうと、

「たくさんの猫を保護できる、大きな保護場所がほしい」

というのは、エゴから来ている願いです。そんな狭いところに閉じこめられる猫の気持ちというものを考えていないからです。

では、どういう風にしていけばよいかというと、たぶんこうではないでしょうか。

「猫も人間も安心して暮らせる場所になれるように、自分が手本として活動し、いつも平和な心で暮らす。なぜか夢が次々と叶い、周りの人も一目置くようになる。」

心に不穏な動きがあると、思考の現実化にブレが生じ、それ相当の揺れ戻しがあると感じます。上記の「平和な心で暮らす」というところが抜けて、もしも、人を批判ばかりしていたら、きっと自分も人から批判されると思うのです。

この世界は、そういう仕組みになっていると、私は感じています。

まったく、直感めいた話で、「証拠を見せろ」と言われたら、今の私はお見せできるほど進歩していないのですが、ちょっと仕組みが分かってきたので、これから少し、遊んでみて、結果を出してみたいと思います。

いつか、一目置かれるようになっていたら御慰み。(笑)

そしたら、これを読んで下さった猫好きの皆さん、どうぞ、私の後に続いてくださいね。(^_^)

« 結局祈りに帰結する? | トップページ | 裸足で歩く女の子 その後(3) »

精神世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/12625399

この記事へのトラックバック一覧です: 思考は現実を創造する:

« 結局祈りに帰結する? | トップページ | 裸足で歩く女の子 その後(3) »

他のアカウント