« 思考は現実を創造する | トップページ | 祈りの意味 »

2006/11/09

裸足で歩く女の子 その後(3)

実は先日、児童相談所に電話をしていました。

名前もわからない、近所だということだけわかる、そのような曖昧な相談事なので、最初は、児童相談所は相手にしてくれませんでした。

でも、私は粘りまくり、「兄弟が9人いるので、小学校に聞けばすぐわかる」とか、住んでいる場所のだいたいの住所などを、言いました。

「発達が遅れているし、洋服も着替えさせてもらっていないし、裸足で歩いている」と切々と訴えました。

根負けした児童相談所の係の人は仕方なく、「小学校に尋ねて調査する」と言ってくれました。

「夕方、仕事が終わりかけの時間に面倒な仕事が舞い込んだなあ・・・」と、そういうふうに思っているような声でした。(笑)

けれど、裸足の子たちにとって幸運だったのは、翌日に京都で三歳児が虐待死したことでした。他の子の死が、別の子の幸運となってしまった形です。

早急に、児童相談所は動いてくれたようです。

裸足の子は、この頃、靴を履いて歩いていて、昨日からは長袖の服を着せてもらっていました。その下の弟にも、家族の誰か(だいたいは兄弟姉妹)が付き添うようになりました。

祖母が送り迎えを毎日するようになり、小さな子供だけで歩いていることは、少なくなりました。

これが今だけではないことを祈りたいと思います。

あの子たちが、無事に成長できることを祈っています。

今日、裸足の子の二つ上のお兄ちゃんに年を聞くと、5才と答えました。5才とは!外見は三歳児くらいの身長しかないけれど、優しい子で、よちよち歩きの弟を心配そうに見守りながら歩いていたりします。

彼は、頭の良い子で、自分の置かれた状況が分かりかけています。どうか、荒れたりせずに、このサバイバルゲームに勝ち残り、出世してもらいたいと思います。

初めは、親に対して腹を立てていた私でしたが、被害者である子供たちのことを考えてあげようと思うようになりました。親にしても、そうなるには事情があったのだと思います。

このことがきっかけで、家族全員で小さい弟妹を守ろうとしていることが見て取れて、ホッとしました。

« 思考は現実を創造する | トップページ | 祈りの意味 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

気になっていました~。

あくび猫さんお電話してくれたんですね。
微妙なところですものね~。この場合。

育児放棄・・ネグレストなのかなぁと思っていましたが
(ネグレストは完璧に虐待)
兄弟が多いというのがとても良かった事ですね。
魂がたくましいなぁ・・って思います。

なんだかほっとしたわ~!
ありがとうあくび猫さん♪

よかったぁ。
あくび猫さんの勇気に拍手!

みんな元気に育って欲しい。

あくび猫さんのように、本気でこどものことを心配してくれる大人がいる地域に、この女の子が住んでいて、本当に良かったです。女の子とその兄弟のために、心を砕いておられるあくび猫さんの熱意が、相談所のスタッフにも伝わったんだと思います(私にも伝わってきました!)。

あくび猫さんの行動力、尊敬します。いろんな人から愛情をもらって、この子どもたちが幸せになてほしいです。

真世さん、

やっぱり、見て見ぬふりはいけないと思って、頑張ってみました。(^_^)

妹には「関わり合いになるな」と言われたし、息子には「面倒見てつきまとってきたらどうするの」と言われましたが、そういうのを覚悟でやってみました。

そうすると、なんだか情が湧いてくるものですね。「いつかもう少し大きくなったら、編み物を教えてあげたいな~」とか思ったりします。(笑)


キリさん、

ありがとうございます!(^_^)

世話焼きオバサンの誕生です。(笑)


あきさん、

頑張った甲斐がありました。(^_^)

猫様の子も人間の子も(人間は様無し(笑))、みんな幸せになってほしいです。

「やっぱり行動も大切なんだな~」とあらためて思いました。

児童相談所も全く学習していないですね。

何人死んだらやっとこさマズイ!!って思い知るんでしょうかねえ!

ところで旦那様はお元気でしょうか?

すばらしいです^^
誰かが手を貸してあげなくては、子供だけではどうにもできませんからね。

それにしても、そういうこと面倒くさがるっていうのは一体何故なんでしょうね?
だって児童相談所なわけでしょ?
とっても不思議に思えたんですけど、それってアメリカ的感覚なんでしょうかね?

アメリカだと子供どなってる声が響くだけで近所の人に通報され、ポリスがやってきたりしますよ。
・・まぁ、それも行き過ぎかな(^0^)

Anyway、あくび猫さんの行動に拍手って感じです。
わたしもみて見ぬ振りせず、見たものには最善を尽くすことにします。
ステキなインスピレーション、ありがとう~♪

くま公さん、

親方日の丸のお仕事なんでしょうかねえ・・・面倒なことはなるべく避けてお給料をもらいたいという人もいるんでしょうか。

でも、専門職を削ったりする国のあり方も問題のようですね。

国!ちゃんとしてください!って思います。(^_^;

ちなみにダンナは、この頃、デイトレーダーになろうとか言って、株の勉強をしております。獣医にあるまじき行為だと思うんですよ。(`ヘ´) プンプン。こっそり株のブログ作ったりしているようです。損した話ばかりのようです。私には内緒だそうです。(笑)

そのうち、自作パソコンの時のように飽きる日がくるでしょう。(笑)

ダンナを見ていて、私が悟りを得ることも結構多いです。∈^0^∋


COCOさん、

そうですね、最善を尽くす・・・いい言葉です。「祈りと行動」が大切ですよね。(^_^)

最善を尽くそうとするときに、決して一人で背負い込みすぎないように知恵を絞ることも、この世に生きる醍醐味ですね。

なんていうか、このちょっとしたコツをたくさんの人が知って生きて行ければ、世界は変わると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/12625798

この記事へのトラックバック一覧です: 裸足で歩く女の子 その後(3):

« 思考は現実を創造する | トップページ | 祈りの意味 »

他のアカウント