« 心の温度 | トップページ | 結局祈りに帰結する? »

2006/11/04

裸足で歩く女の子 その後(2)

ここ五日間ほど、姿がありません。

他の兄弟はいるのに・・・

見かけなくなる前々日に、彼女は公園で私を見つけ、手を振りました。あいかわらず裸足でしたので、「靴は持っていないの?」と聞きました。「うん」とうなずきますので、「そう、変なものを踏んで怪我をしないように、気をつけてね。」と言いますと、「うん」と元気よくうなずきました。

見かけなくなる前日には、公園で、なんと!長靴をはいて遊んでいる彼女を見かけました。

私は、「心配している心が通じたのかなあ」と、うれしかったのです。ただ、もう秋も深いのに、ノースリーブの木綿のワンピースを、下着も着けずに来ているのが気になっていたので、今度、チャンスがあったら、長袖を着ようねと言ってあげようと思っていました。

そうしたら、翌日から彼女だけがいません。他の兄弟はいるのです。(9人兄弟だそうです)

風邪を引いたのかなあ・・・と心配しています。

児童相談所が預かってくれていたりしてたらいいのになあ・・・と思ったりもします。

まさか、虐待でどうにかなっていませんように。

「迷子の猫を心配するように、幸せそうでない子供を心配する私は、病気なのかしら。」と思う今日この頃です。

« 心の温度 | トップページ | 結局祈りに帰結する? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今日、裸足の子を発見しました。

今日は、つっかけを履いていました。

よかったよかった。やはり風邪でも引いていたようです。

彼女の兄弟姉妹は、見る日によって大きく見えたり小さく見えたりするんですが、何なんでしょう。

三歳に見えたり、二歳に見えたりするのです。

大きく見えたり小さく見えたりは、食事をした日としてない日の違いかもしれませんねぇ・・・
清潔でない小さな子供や、
まだ言葉をしゃべれない年齢なのに「イヤッ」とはっきり叫ぶ子供を見ると
虐待か?と心配になってしまいます。

以前夜のコンビニで、小学3年生くらいの目鼻のぱっちりした女の子に声をかけられたことがあるんですが。
手に持った70円を見せて「これであのジュース買えますか?」と100円のジュースを指さすのです。
30円足してあげることは簡単なことで、一瞬迷ったのですが
「10円が7枚だから70円でしょう?あのジュースは100円だからお金が足りないね。
お買い物はお母さんとか、大人の人と一緒にしなさいね」
とだけ言ったんですが、あのあと彼女はどうしたのでしょう。
女の私に声をかける分別はあったようですが
これがもし男の人に声をかけるようになったら・・・?とか
なんでこんな時間に、こんな可愛い顔をした女の子一人で外に出すのかしら?
とか
いろいろ考えてしまって、胸のつかえになってしまいました。

無事に女の子の姿が確認できてよかったですね。
あくび猫さんのブログを読ませて頂いてから、私もなんとなく気になるようになってきました(笑)
これから寒い季節になりますし、長靴とかつっかけとかを履いているのなら、ちょっとは安心ですよね。
心配が杞憂に終れる世の中でないので、ついつい色々心配してしまいますが、私のように、道を歩いている猫を見るだけで心配になるのはかなり重病だと思います(笑)
早くこんな心配をしないですむ平和な時代が来るといいなぁ・・・。

キリさん、

ああ、そうですね!ご飯食べたか食べないかで、そう見える可能性大です。

何だか、そんなに小さい子たちなのに、一本のジュースを自販機で買って取り合いして飲んでいるのを見ると、神社のお賽銭を盗んでジュースを買っているのではないだろうかとか、考えてしまいます。おばさんの心、汚れてますね~。

この頃、子供を放し飼いにする親が増えていませんか?そんな気がしてなりません。昔よりも町が明るいからでしょうか。


ひすいさん、

本当に、心配の種はつきないものですね。(笑)

かわいそうな病気の猫なんかを見かけてしまうと、とても心配になる私ですが、周りの人たちはどうして気づきもしないのだろうと、不思議でなりません。

これ以上、手出しできない環境なので、本当、もう、祈るしかありません!

今日も、犬が吠えるからと言って、よちよち歩きの子供が見ている目の前で、飼っている犬を棒で叩いて叱っている若いお母さんがいました。

犬のことも心配ですが、子供の将来がとても心配です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/12554781

この記事へのトラックバック一覧です: 裸足で歩く女の子 その後(2):

« 心の温度 | トップページ | 結局祈りに帰結する? »

他のアカウント