2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 裸足で歩く女の子 その後 | トップページ | 教師のいじめ »

2006/10/25

泣きたいときは泣こう

体の痛みを抱えている人へ


痛いところはどこですか?

その痛みは何に似ていますか?

泣いている時の、のぼせたような、あの感じですか?
怒っている時の何とも言えないムカムカする気持ちですか?
悲しい時のせつない気持ちですか?

痛みが、どんな気持ちの感じに似ているか分かったら、そんな気持ちになった時を、いつだったかさかのぼってみましょう。

原因は、案外そこにあるかもしれないのです。

その気持ちを我慢してフタをしてしまったから、外に出よう出ようとして体が痛くなったのかも知れないのです。

泣きたいのを我慢してしまったことはありませんか?

怒っているのに飲み込んでしまったことは?

悲しいのに元気なフリをしたことは?

涙を流すと治るかも知れませんよ。


10年前のメモ帳が出てきたので読んでいたら、書いてあったので、ちょっと手を加えて書き込んでみました。

私の場合は、心の痛みが体の痛みを引き起こしていることが多いので、けっこう、体が痛くなったときは心を観察するようにします。意外と原因を見つけられます。

私の場合は、怒りを持ち続けていると、腰が痛くなります。こないだのヘルニアは、交通事故や麻酔、OPE後の運動不足が引き起こしたとも思いますが、その頃、実は、ダンナが猫の世話を私一人にさせて、何も手伝ってはくれず、家を改装したいと言っても取り合ってくれなかったことで、怒りと絶望感を持っていました。もうどうにも一人で猫たちを世話できないと、追いつめられていました。家はどんどん汚れて、もう、大変だったのです。

その後、何とか気を取り直し、ダンナのことは無視して、家を新築するように行動したし、イメージもするようにしました。半年後には、夢は実現して、掃除のしやすい家に住むことが出来るようになりました。腰は、今のところ大丈夫です。(笑)

ダンナには、家のローンがど~んとつきましたけどね。「マジで、私、ヤバかったのよ~。」っていうことで許していただきましょう。

今度、ローンをさっさと返すイメージもしてみましょう。成功したら、報告します。

« 裸足で歩く女の子 その後 | トップページ | 教師のいじめ »

精神世界」カテゴリの記事

コメント

私も怒りは腰です。っていうか、そういう仕組みになってるみたいですね。

とりあえずそれ用のフラワーエッセンスで楽になりましたが・・・

わたしも最近、泣きたいときは泣く・・そして怒りたいときは怒る・・そんなこと思っていたところです。

もちろんそういう感情を人にぶつけるのは暴力でもあるんだけど、感情って表現されないと消化されないんですよね。

感情をお腹にためるのは一番危険?!

昔は怒りを表現するのがとても下手だったんです。
・・というか、自分が起こっていることにさえ気づかなかったり^^
でもアメリカに来てから上手になりました。
ネガティブと思える感情も表現することで、自分自身が楽になっただけでなく、逆に人に対しても優しくなることができてきた気がします^^

COCOさん、

若いときは、泣きたいときは、いつでも泣けたのに、この頃涙が出ません。映画とか見ると、泣けるのですが・・・

それと、怒りを表現するのが苦手です。怒ると、体中が震えて真っ青になる気がします。(^_^;

この頃は、怒る前に自分の気持ちを相手に伝える努力をしています。

今日、新しくブログを書きました。私のそういうのの根っこが見つかりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/12430444

この記事へのトラックバック一覧です: 泣きたいときは泣こう:

« 裸足で歩く女の子 その後 | トップページ | 教師のいじめ »

他のアカウント