« 肉体のこと | トップページ | 流れる川に出ている杭 »

2006/07/19

亀が道を渡っていた

大和川という川の縁を車で走っていると、真ん中に黒くて丸いものがありました。

何かな~と思って近づくと、亀でした。大きな亀で、直径20センチはあったと思います。たぶんミドリガメです。

ウワ~ッと思ったけど、間に合わず、またいで通り過ぎました。後の車もまたいでいました。

気になったので、Uターンして戻り、道の端に置き直しましたら、ダンナが、

「そんな中途半端なことして、また道に戻ってきたらどないすんのん。ちゃんと川のとこまで持って行ってあげな!」

仕方なく、またUターンし、雨がそぼ降る中を川の土手に降り、亀を置いて帰りました。

けれど、夜中に集中豪雨が・・・

亀は避難しようとしていたのでしょうか・・・

ああ、助かっていますように。

« 肉体のこと | トップページ | 流れる川に出ている杭 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

亀さんといえば 竜宮城からお迎えが来るかも~♪
うらしまさんにならない程度に遊んできてな~

・・・・・あほな妄想(;^▽^A

ここでカメの話題ですか~。

大きさから雌ですね。
うちのカメさんもこれぐらいあります。(^^;

今の時期だと、産卵場所探してたのかもね~。
まぁ、ミドリガメなら泳ぎは上手ですからなんとかなってる
でしょう。

みねこさん、

竜宮城に招待されたらいいなあ。夢でもいいから。

バステトさん、

やはり産卵でしたか。

むか~し、TVで亀が産卵するために道を渡っているのを見たような見ていないようなと思っていたのです。

うまく産卵出来ればいいのですけど・・・

きっと捨て亀なんでしょうねえ。拾ってあげようかとも思ったけど、猫だらけの家で世話もおろそかにされるより、今の方が幸せかな・・・と思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/11002405

この記事へのトラックバック一覧です: 亀が道を渡っていた :

« 肉体のこと | トップページ | 流れる川に出ている杭 »

他のアカウント