« 正しいバチの当て方 Part2 | トップページ | 守護霊になる練習 »

2006/07/26

認知症にだまされるな

まあ、またまたこわい題名をつけてしまいましたが、これは、私の身近に起こった出来事です。

母は、65才を過ぎていて、90才近い祖母はまだ健在です。

話は祖父が7年前に他界したことから始まったようです。

祖父は死ぬ前に、通いで世話をした母に、「おまえも相続をちゃんとしてもらえよ」と言い残したそうです。

けれどふたを開けてみると、祖母が財布を握っていて、相続なんていう言葉を出すことさえできないまま、月日は過ぎていったのです。兄弟はたくさんいますが、祖母の性格を知っているので誰も相続の話はしなかったのです。

最近になって、祖母は母と二人でいるときに、涙ながらに「○○ちゃん(母の弟)が、毎週、生前贈与してくれと金の無心に来て困っている。」と言ったそうです。

それを聞いた母は、にわかに焦り始め、今まで疑ったこともなかったのに、兄弟たちを疑い始め、遺産が無くなる前に自分の分をもらっておきたいと考えるようになったようです。

真偽の程を確かめたくても、ことがことだけに確かめようがないままに、月日は過ぎていっていたのですが、ついに、母は、行動をおこしてしまったのです。

いきなり、申し立てを起こそうとしたのです。

叔母や、叔父に確かめることもせず、ただ祖母の言うことだけを信じていた母は、私が、「確かめてからにせよ」と言っても聞き入れませんでした。

私は、母が認知症になったのかも知れないと思いました。

頑固で、聞き入れず、疑り深くなっていて、変だったのです。

問題が発覚したので、私は晴れて一番下の叔母と話し合うことが出来ました。

叔母の話には嘘が感じられず、母の方が変なことを言っていると思えました。猫の里親探しで、私は人の嘘を見抜くのが上手いのです。

もう一人の叔母に聞くと、たしかに一度、祖母が、「財産を○○ちゃんにとられる」と騒いでいたということもわかりました。

いつも相手が一人の時に言っているので、客観的に判断できる材料が無く、もう一人の叔母も、疑問符を付けながらも、多少の疑いの念を持っていたようでした。

可哀想なのは、一番下の叔母で、おそらくは認知症である祖母の世話を、嫁にも行かずにしてきているのに、叔父と同罪であるように母に思われているのです。

叔父も、生前贈与を無心したことなど無いことが判明しました。

ボケかかった祖母の話を鵜呑みにして、妄想を抱き、行動をおこしてしまった母は、ピエロみたいです。回りからは、「ボケてきたんと違う?」と言われて。

おっちょこちょいにも程があるというものです。今年のお盆は遊びに行けないこと確定です。

母は、今でもまだ一番下の叔母のことを悪く思っているようです。どうして直接話し合えないのか不思議です。

人の遺産を当てにする生き方というのも、私とは180度違います。

けれど、この話、母と仲の悪い妹は、母の意見を支持するのです。叔母を疑います。

考え方がよく似ているのに、仲が悪い母と妹。

まったく考え方が違うのに、私はその二人を助けようとしている。これまた変な話ですが・・・前世からの因縁というのでしょうか。

昨日は、母のボケや祖母のボケのことばかり考えていたら、ガスをつけっぱなしにすることが二回もあり、「うわ~、バチ当たった~。」と焦った私です。


« 正しいバチの当て方 Part2 | トップページ | 守護霊になる練習 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

なんつ~か お祖母さんが亡くなってから主張するもんでは?
お祖母さんが使い切ってしまったら それまでやし
という理屈は通らないんですね(;^▽^A

お金の心配と対抗心とで 自分の健康を害していくタイプの人は多いです
かく言う 私の母と義母もそうなんですが(;^▽^A
心の安定を欠くと お金の心配をするみたいです

話は違いますが
うちの母は 父が亡くなってから妹の近所のマンションに引っ越したんですが
しばらくして 音が『どぉ~ん!!どぉ~ん!!』って聞こえると言い出して

うちの妹が仕事中とか 夜中とかに電話したり
管理会社にきてもらったり
挙句のはては 興信所かどっかに頼んだり(来てもらったかどうか不明)

マンションの住人を見張ったりしたそうです(T△T)

妹が何回か聞きにいったところ
耳をすまして わずかに聞こえるかどうかだったらしいですが
母には 大音響に聞こえるそうなので
妹が理解してくれないのが ものすごい不満でしようがなく
またそれがストレスになって・・・悪循環(-_-〆)

その何ヶ月か前にとったMRIで脳の萎縮はみられず
ぼけでもないのはわかってるので
精神的に不安定な時に聞こえるんだろう ということになってます

本人には 特殊能力なので誰にも聞こえないと言い含めております

今は 音の話をしないので 落ち着いたかな?と思ってます

何か不満があって それが満たされないと
お金に執着したり あちこち痛くなったり
あの手この手でやってくれます

父はこれを受け止めてたのだな~・・・と
亡くなってから気づいた次第
遅かりし~~~~(><)

そうそう うちの母は何回か自分の姉妹達と絶縁状態になっていて
父のせいにしておりましたが
今から思えば 母本人のせいであったかと(_-_-)_脱力

もうね・・・わたしゃ世の中のどれだけホントを見てるんだと思うわけですわ

なので 自分が納得することを言い 行動するだけやな~と思う 今日この頃

ああ・・・支離滅裂 長々と失礼m(__)m

みねこさん、

うわ~、なんか、すごい、うちとこと似てる~。

私の母も、実は、「そんなに生活費が心配やったら、毎月、送金してあげるがな。」と、うちのダンナが言った途端に、機嫌がなおる始末です。(ああ、やっぱりな)

昔から、お金の心配が出てくると、ゴンタこねとったな~。

そのたんびに、私が何とか対処してあげてましたです。

そんなに甘やかしていいのだろうかと思いますが、もう年やし、死ぬまでこの調子なんやろな・・・とあきらめています。

>そんなに甘やかしていいのだろうかと思いますが、もう年やし、死ぬまでこの調子なんやろな・・・とあきらめています

そうそう!そうなんよね あきらめてる
ここまであまやかされてきたんやから 
再構築はもう無理やと思う

言うこと聞きすぎんように 
ぼちぼちいきましょ~r゛(^^;)

親の機嫌取りながら面倒見るのも疲れるけど、ボチボチ行かな仕方ないですね。∈^0^∋

思いだしちゃったなあ。
もう三年くらいになるかなあ。知り合いのお婆ちゃんがボケも入って亡くなったんだけど…。
そのボケの原因は、毎年上がる家賃でした。独身の息子さんと暮らしていたのですが、毎年ベースアップなどなく、暮らしはいつも汲々。
上がる家賃は、毎年二千円だったけど、私だって嫌だなあとおもいました。古臭いアパートで改装や補修もろくにないのに。
昔から隣に住んでいるので、文句も言えず、きりきりとストレスを溜めていったお婆ちゃん。むごいなあ。大家さんは世間知らずの年寄り夫婦で、その惨さが分からないみたい。
なにもしてやれなかったなあ。

それに比べれば、お二人のお母さんは幸せですよね。

たららさん、

かわいそうなおばあちゃんですね・・・

大概、家主的な恵まれた生活をしている人たちは、家賃を取られるものの気持ちなど、察してくれようとはしませんね。

それは、次回の転生で、同じ気持ちを味わうことになるのかも知れませんね。

まあ、魂の修行が足りない人たちっていうことですね。みんな順番に味わうものなのかもしれないですね。

突然話が変わりますが、近所に、いつもお散歩しているおばあちゃんがいます。

とても上品で、優しそうなので、毎日挨拶をしているのですが、「腰が痛い腰が痛い」と言いますので、近所の温泉を紹介してあげたのです。

でも、おかしなことに、何度説明しても、理解不能で、うまく伝わらず、察しの悪い私もさすがに、「はは~ん、認知症やね~。」と思った次第です。

そのうち、迷子にならないか、心配です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/11110222

この記事へのトラックバック一覧です: 認知症にだまされるな:

« 正しいバチの当て方 Part2 | トップページ | 守護霊になる練習 »

他のアカウント