2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 認知症にだまされるな | トップページ | 体調不良でプチ断食 »

2006/07/30

守護霊になる練習

ダンナは疲れ切っているせいか、話しかけても、すぐに返事が返ってきません。

本人は、考えて吟味しているつもりらしいのですが、話しかけて5分くらい経ってから返事をくれても、その時には、自分で答えを見いだして解決済みだったり、何を話しかけたのか忘れてしまっていたりして、とてもイライラすることがあります。だいたい、5分も待たされると、無視されたのではないかと内心腹が立つときさえありました、慣れるまで・・・

「うんうん」と言っているから、私の話を理解してくれていると思いきや、理解しておらず、私の話し方が悪いと文句を言います。

分からないと思った時点で、「ちょっと待って、それどういう意味?」とか言ってくれたらいいのに。

全部話し終わって、「ああ、やっと分かってくれたか。」と思ったら、「最初の滑り出しの話に感動して、そのことを考えていたら、次々違う話を言うから、混乱して分からなくなった。」と言うではないですか。

すっかり分かってくれていると思ったのに。

「うんうん」と返事をするから、ついつい発展系の話を言いたくなって、話をしてしまいます。

どんなことを話していたかというと、ダンナが仕事に疲れて、仕事を辛い辛いと言いますので、

「苦しみは、自分の心が作り出しているもので、ほんまは、そんなもんはないんやて。本に書いてあった。」と私。

「ふ~ん。」とダンナが返事をしたので、

「お釈迦様が、色即是空と言ったのは、もともと色が付いていないものに、自分が色を付けてみているということらしいで。」と私。

「ふ~ん。」とダンナ。

「昔、私が色眼鏡の話言うとったやろう、あれと同じやと思うねん。【辛い色】の眼鏡で見てたら辛いねん。」と私。

「もう、次々言うから、わけ分かれへんわ。一つの話だけしてくれや。」とダンナ。

「一つの話やんか。」と私。

「最初の、苦しみの話はどこ行ったんや。」とダンナ。

「そやから、今話してるやん。」と私。

「違う違う、ぜったい違う話になってる。」とダンナ。

「あー、もう、オトーさんと喋ってたらイライラするわ。オトーさんの守護霊さんも苦労するで、もうみはなされてるんちゃう!」と私は、ぶち切れる始末。

どうも、コミュニケーションが上手く行きません。

私も口下手なのだと思います。

いつも私は、ダンナの「生きた守護霊」だと思うのですが、守護霊が見放す瞬間の気持ちって、こんなんかしらと思ったりします。

今度、死んだあと、誰かの守護霊になる練習をしているのかなと、思います。

結局は、苦しい苦しいと言っている人を、たとえ「アドバイス」であろうとも差し向けたところで、その人は心ゆくまで苦しみを経験しないと、納得することはないのだと思います。

自分自身もそうでした。

回りを見渡せば、母も、妹も、息子もそうです。

私がお節介な助言をしても、聞き入れてはもらえません。せっかく悟ったことがあるけれど、それは、ここにこっそり発表して、聞く耳を持った人が、聞くべきタイミングで見つけるのだろうと思います。


« 認知症にだまされるな | トップページ | 体調不良でプチ断食 »

精神世界」カテゴリの記事

コメント

私も日々守護霊様のおかげで毎日を快適に無事過ごせていると思います。
危機一髪のところで止めてもらったり、ただ運がイイと言うよりそういう力が毎日働いているんだろうなと感じています。
今が悪くても良い方向に頑張っていれば導かれる様な気が毎日しています。
ふふふ

ああ・・そういうことか~
一から話すと言うより、家の主人の場合「-50」くらいから
話を始めないとぜんぜんわかってくれなくてとってもイライラします。結構、感のきつい私がなぜにこんなに鈍い男と結婚したのかとずっと疑問でしたが、本日無事解決させていただきました
(笑)
こんな二人の間に生まれた一人娘は私よりややパワーアップしております。(これも不思議)
この春、社会人になったのですが、やはり職場での人間関係が最大の悩みだったようで、ここで拝見する言葉や私なりのバリア張り方など伝授して、彼女なりに実行していたようです。
結果は一番苦手な上司が転勤になったそうです。
またいろいろ勉強させてくださいね。

くまさん、

お猫様にいつも奉仕しているから、絶対大丈夫でございますよ。∈^0^∋

おニャアニャンさん、

-50とは大変ですね!

生きた守護霊として、旦那様の成長を見守ってあげて下さい。(笑)

お嬢様、心が素直なだけに、現れる効果がバッチリですね!

若いときから、この法則が分かっていたら、生きるのが楽になること間違い無しですね。∈^0^∋

あくび猫さんもコミュニケーションネタだ~(^^)

それがまた守護霊に結びついているところがなんかかわいいです♪
特に守護霊が見放す瞬間の気持ち察しちゃったりするところが(^0^)

近い関係だとまたお互い甘えがあったりもするから(・・あ、わたしだけかな^^)ちょっとしたイライラが出てきたりもしますよね。

でも、
「お前はしゃべる過ぎや。少しは察しろ!」
・・って言われるよりは反応が遅かったり、時々人の話を効いてなかったりするくらいだったらまだマシですね。(^^)

ここで、ちょっと吹き出しちゃいました。↓
>守護霊が見放す瞬間の気持ちって、こんなんかしらと思ったりします。

男性って、「男が泣くな」とか「男がぐちぐち言うな」とか言われて育つうちに、自然と感情を素直に感じたり、話したりすることを止められて出来なくなるんですってね。
可哀想とおもいつつ、イラついたりします。(~_~;)
夫は割と、感じる事も話しあう事も理解し合おうとする事も出来るほうのようです。普通よりはね。
それでもたまに、疲れているときなどは無理ですが。

それは義母の育て方が、影響したのだと思います。感謝です。
義母と夫は、私が彼と結婚するまで、友達以上にお喋りしあっていました。「ちょっと異常かな?」と思ったくらい。種々確かめてから結婚に踏み切ったのですが、しばらくは「異常マザコンだったら別れるつもり」でいました。
結婚前、きっぱりと「二人で決めて家庭を作ります」との姿勢を示したのも良かったらしいです。義母はその時、子離れの時期を悟ったようでした。
なにしろ義母に「猫を処分してくれ」なんて言われたんですから、言いなりになるわけには参りませんやね。
私だって猫のお母さん役なんですから。命かけて守っちゃいますわ。

ところで、今、私「正しいバチの当て方」を実践して『鏡』になって嫌な言葉やしぐさを跳ね返し続けています。お陰さまでして、実に快適に暮らせるようになりました。
あくび猫さん、本当に感謝です。
昨夜なんか、夢の中でも『鏡』になっていました。^m^
大変嫌な思いをするはずの夢が、目覚めてスッキリさわやかです。うふふです。

COCOさん、

よくシンクロしますよね~。(笑)

日本男性は、口下手で困ります。脳の言語野がどうなっているのかと、思うことがありますね。

まあ、ダンナに喋りまくられるよりは楽なのかも知れませんが・・・(笑)


たららさん、

猫を処分・・・そんなことが出来るわけはありませんよね~。

お義母様が息子さん(旦那様)と子離れしてくれたのは、そのお猫様のお陰ですね!

お猫様のためなら、強くなれるんですよね。

「正しいバチの当て方」が役に立てて、本当にうれしい限りです。

完全に鏡になれるようになったら、次は自分が光り輝く太陽になれるんです。私も「晴れ時々曇り」状態で、修行中です。(笑)

今度、太陽の話を書いてみたいと思います。


↑楽しみにお待ちしております。(*^_^*)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/11147474

この記事へのトラックバック一覧です: 守護霊になる練習:

« 認知症にだまされるな | トップページ | 体調不良でプチ断食 »

他のアカウント