« 私のミカンの木に青虫が・・・ | トップページ | フォースの暗黒面 »

2006/06/03

また犬を拾う

午後三時頃、「家に帰ったら、猫のトイレを掃除してから絶対昼寝をしてやる・・・」と目論みながら、自転車に乗っていました。

家の近くの「ふれあい農園」という素人向けの家庭菜園の所まで来ましたら、ふれあい農園の柵にミニチュア・ダックスフントの毛の長いのがくくりつけられています。

リードではなく、荒縄でつながれていて、何となく不安になった私は、ふれあい農園で農作業をしていたおじさんに、「この犬、お宅の犬ですか?」と聞きました。

すると、おじさんは「知らない」と言いました。「あ、そういえば、朝はあっちの公園で一人でウロウロしてたで」と言うのです。

「ガーン!」

「ほな、これ、迷子?」

私は、自分の運命を笑うしかないなと思いつつ、家につれて帰ろうか思案しているところに、偶然おまわりさんが通りかかりました。

それで、事情を話しますと、派出所まで行くことになってしまいました。(昼寝がしたいのに)

おまわりさんも優しい人で、しきりに、「預かってくれる人がいないと、処分されてしまうんですよね・・・」と言って犬を見ています。

私はもちろん預かる覚悟で挑みましたが、2006年の6月から決まり事が変わり、「飼い主が見つからない場合に、保護主が引き取る約束をした犬は、警察で2週間預かる」ということになっているのだそうです。

そんな、2週間の間に不衛生なところで預かってもらって、病気にならないのだろうかと、不安になり、「うちは動物病院ですから大丈夫です」と粘りましたが、ダメでした。

あわれ、ミニチュア・ダックスフントは、警察に置いて帰ることになりました。

事情を聞くと、預かると言っておいて逃がしてしまい、飼い主が現れてもいなくなってしまうというトラブルが続出したそうです。

警察は、引取先がある犬は預かるのですが、保護主が引き取りを拒否すると、警察に連れて行って一日で動物管理センター送りになり、あっという間に殺処分だそうです。

まあ、警察にしてみたら、警察署の屋上が、迷子の犬だらけということは避けたいと言うことでしょうか。

みなさん、もしも、飼い犬がいなくなったら、すぐに警察に届けましょう。

犬が保護されて、その時点で飼い主からの届けがない場合、翌日には殺されてしまう可能性があります。

追記 2006/6/6

ミニチュア・ダックスフントは、無事飼い主さんが見つかりました。

その後、もよりの警察署に電話をし、迷子の犬を保護した時の警察の対応について、きちんと確認を取りました。

回答によると、全国的に、ほぼ一律で、迷子の犬は保護主が引き取りを拒否した場合でも、2週間は預かるそうです。ただし、その長さは地域によるらしいです。

2週間後に飼い主から連絡がない場合は哀れ動物管理センター送りとなりますが・・・

それと、保護主が犬を引き取った場合、一応拾得物扱いですが、生き物ですし、避妊・去勢をせずに六ヶ月も預かれる状況にない場合も多いため、引き取ってから2週間だけは、何もせずにそっとしておいて、2週間後、つまり迷子になってから一ヶ月経ったあとに、保護主の都合で避妊・去勢手術をしても良いそうです。

そして、里親探しをしても良いそうですが、万が一、一ヶ月以上経ってから飼い主が現れた場合に備え、里親の連絡先は警察に伝えておいて欲しいそうです。

大概は、警察の方で事情を説明してくれて、元飼い主さんを説得してくれるようです。

ただ、少し心配なのは、その時に飼い主さんが納得せずにどうしても犬を返して欲しいと言ってきた場合には、里親さんとの話し合いになるのかも知れないな・・・と思った次第です。まあ、一ヶ月も犬を放っておいてあとから返せ返せと言う人は、普通の人ではないと思いますが。

規則が変わったばかりで、派出所のお巡りさんたちには混乱があるようです。

以上、私が確認したことです。私なりのフィルターがかかっているかも知れませんので、読まれた方も鵜呑みにしないでその都度、警察に確認をお願いします。

« 私のミカンの木に青虫が・・・ | トップページ | フォースの暗黒面 »

動物たちの話」カテゴリの記事

コメント

よかったねぇ~、飼い主さんが見つかって。
そういえば、何ヶ月かまえに車にはねられちゃった犬はどうしたかなぁ?

この辺りには犬を勝手にひとりで散歩させる人がいて、わたしはとても心配なの。
車がたくさん通る道も多いし、めんどうでも一緒に出てよって思っちゃう。
それにウンチもちゃんと拾って欲しいですねえ。
(NYではウンチ放置するとかなり罰金取られたりするんですよ。それなのに・・ここときたら・・)

でも、ホントミニチュアダックスちゃん、飼い主見つかってよかったよ~。
わたし昔、駅でとりあえずご飯もらっていた子犬がかわいそうでつれて帰ってきたことあります。
・・そんなことも思い出してしまいました(^^)

COCOさん、

優しい学生さんだったのですね~。(たぶん学生の時?)

放し飼いとウンチの放置は大阪市でもまだまだあるのですよ。(涙)

昔は、アスファルトではなかったし、田んぼと畑ばかりだった地域なので、余計にみんな「自然に帰す」と思っているようです。

昨日も、迷子の豆柴を保護した人がいました。

最近、放し飼いが多いですね・・・

本当に、犬が一匹で歩いていると、ハラハラします。

でも、妹の犬はつい最近まで脱走魔で、昼間に家を抜け出しては最寄り駅の近くの弁当屋さんで卵焼きをもらっていたことが発覚しました。(..;)

今は隣に住んでいるので、昼はうちで預かってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/10368565

この記事へのトラックバック一覧です: また犬を拾う:

« 私のミカンの木に青虫が・・・ | トップページ | フォースの暗黒面 »

他のアカウント