2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« アレルギーに対する心構えみたいなもの | トップページ | 手柄を取りたがる猫ボランティア »

2006/03/18

あなたならどうする?

自己破産した猫ボランティアさん。猫が40匹いるらしい。自分とは一面識もないけれど、今度自分が新しい家に引っ越すという話を人から聞いて、古家を貸して欲しいと言われた時・・・

破産するような人に、家を貸すって、とても勇気が要ることですね。それも猫付きで。もしもその人が逃げたりしたら、自分が飼うことになりそう。

それも、面識がない人。紹介者は知ってますけど。

家族は反対。

私も、頭ではわかっているけど、猫たちは保健所行き?って思うと、貸してあげたくなってしまうのです。

その人は、もしも私が、息子を生んでいなくて、だんなと知り合っていなかったら、歩んでいたかも知れない人生を歩んでいるような気がして。

私は、その人が持っていないものを何でも持っています。家だって、今度から二軒になるのですから。

これは、天からの思し召し?

そういう風に感じてしまうのです。

ああ、困ったなあ。

さっきから、「あなたな~ら どうする~?あなたな~ら どうする~?泣くの喚くの死んじゃうの~」ってグルグル聞こえるんです。

« アレルギーに対する心構えみたいなもの | トップページ | 手柄を取りたがる猫ボランティア »

動物たちの話」カテゴリの記事

コメント

うわ〜、身につまされる話。。。(^^;
調子に乗って抱えきれない分迄抱えてはいけないってことなんですよね。。。肝に銘じます(^^;

悩んでらっしゃるけど、でもここで記事に為さるって事はもう腹の内は決まってるって事ですね!?(^-^)
どうかその決断が、双方にとって良いご縁へと向かいますように。

うーん。難しい問題だ。
自己破産した原因は、猫の世話にお金がかかって借金したからでしょうか。
それなら、結局これからだって猫にお金はかかるわけで、
収入アップが望めない限り、その分は、今度は、ヤミ金から借りることになるでしょう。

あくび猫さんは、おそらく賃料収入についてはまったく期待していないと思うので
その点は構わないとしても
ヤミ金から借りられて、返済が滞ったら、業者によってはものすごい迷惑行為をしてきたりするのでそのリスクと
それと、やっぱり、夜逃げの問題でしょうねぇ。

1匹2匹しか決まらないにしても、並行して里親探しをする、ってことくらいしか
対処方法はないのかなぁ。

ダンナは、大反対です。

もうダメポかな。

その人のこと、わかっていたらいいですけど、お掃除出来るんだろうかとか、その点さえ分からない始末。

こんなになるまで脳天気に生きてきて、それを助けたら、その人のためにならないかもしれないとか、いろいろ考えてしまいます。

>その人のこと、わかっていたらいいですけど

そうですね。
せめて紹介者任せでなく、自分でお願いに来るくらいのことが出来る人でなければ
あくび猫さんだって、躊躇しますよね。

まぁ、人任せで、自分で決められない性格の人ってのは多いのですが。

一回、携帯の留守電にその人から入ってたんですよ。

自分から話をしようとしてたんだと思います。どちらにしても、面識がない人に急に言われても、ムリポでしょう。

だんなは、以前にマンションの入居の保証人をやって逃げられた経験があるので、絶対反対です。(^^ゞ

さてさて、どうなりますやら。

夜逃げ=猫を残される っていうのが一番の心配ですかね、やっぱり。

残されると、合計90匹になってしまいますです。(..;)

うわっ、今私が協力しているSOSと同じですね。
40匹という数も一緒。家を貸してくれる人を紹介して欲しいと言われましたが、お断りしました。

猫の世話でお金が掛かるのは事実ですが、それだけで自己破産するなんてあり得ないです。うちはたった20匹(笑)ですが、絶対に良い環境と愛情を与え続けられるように、夫婦して必死で働きますからね。

たくさんの食い詰めボランティアを知っていますが、「猫が先」なのではなくて、「経済的不安定」が先なんです、大抵の場合。

今日、本人と電話でおはなししました。

猫を押しつけたのとは別のボランティアさんたちが協力して、田舎暮らしを模索しているそうです。良かった。

想像していたネガティブな雰囲気ではなくて、今は、光が見えてきたと、明るく話をしておられました。

不動産屋の父に聞いたら、生活保護の人に家を貸すことはよくあることで、そんなに心配しなくていいとのこと。

猫のことがありますが、「それは、おまえが助けたかったら、そうする決断をすればいい。」と言われました。

何となく、ほっとして、本人さんと話をしたら、明るい方向へ話が進んでいて、ちょっと気が抜けました。

どうしてもの時は助ける覚悟でいようと思います。

よかったー。
明るい方向に向ってくれて、ほんと、よかったです。

もし今後、家を貸すお話が出てきたら(このケース以外でも)
お父様に仲介に入っていただくのがいいのではないか、と
ちらっと思いました。

90匹じゃないですよ。病院にも10匹いてるからワンハンドレッドですよ。

げげっ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/9140660

この記事へのトラックバック一覧です: あなたならどうする?:

« アレルギーに対する心構えみたいなもの | トップページ | 手柄を取りたがる猫ボランティア »

他のアカウント