« 御霊水の夢 | トップページ | 冤罪事件 »

2006/03/06

お風呂の入り方

「お風呂の入り方」という看板が、小さい頃に通っていた銭湯には掲げられていました。

記憶をたどると、

1,湯船に浸かる前に、かけ湯をして大切なところを流して洗い、、身体全体をよく流して汗を落とす。
2,湯船には肩までつかる。(つかると垢がふやけて洗いやすくなる。このときに、身体をこすらないこと)
3,石鹸をタオルに泡立て、身体をよく洗う、髪の毛もよく洗う。
4,もう一度、湯船につかる。
5,最後に、きれいなお湯を身体にかけて、風呂から上がる。
(湯船にタオルをつけないで下さい!お湯が汚れます!)

以上。

書かれていませんでしたが、暗黙の了解として、お風呂から上がる時は、持参したフェイスタオルで、ある程度身体の水分を取ってから、脱衣所へ向かうということも、決まりとしてありました。

今、スーパー銭湯へ行くと、1番が守られていない人が多すぎます。お風呂に入ってきて、アソコを洗わずに、肩からお湯を一回か二回かけただけで、お風呂にドボンと入るお姉ちゃん。クラミジアとか、カンジタは大丈夫なんだろうか・・・う○この粉が付いていたりしないだろうか・・・と見ただけで興ざめします。せっかくスーパー銭湯に来ているのに。

それと、湯船に平気でタオルをつける人、または、子供にタオルで遊ばせる人が多いです。お風呂から上がる時も、ビシャビシャに濡れたまま、足跡を付けながら脱衣所へ向かう人も結構います。

自分はサウナに入っていて、子供は水風呂につかりっぱなし・・・とかいう人もいます。溺れやしないか、風邪を引かないか、他人の子供ながら、ヒヤヒヤしてしまいます。

みんな内風呂で育ったお上品な育ちなのでしょうか。

昔は、マナー違反をしていたら、大声で叱るオバチャンがいたのですが、みんな見て見ぬふりです。

今日は、タオルをつける親子連れに、「タオルつけたらアカンよ~」と注意しました。偉いわ~、私って。

とにかく、マナーを知らない人が多すぎるので、スーパー銭湯の経営者さんたちは、例の看板を、もう一度高く掲げるべきです。お願いしますよ~。(って、こんなとこで言っていても仕方がないのですが)

« 御霊水の夢 | トップページ | 冤罪事件 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>今日は、タオルをつける親子連れに、「タオルつけたらアカンよ~」と注意しました。偉いわ~、私って。

ほんま えらいよ~!

脱衣場びちょびちょってことあるもんね
最近の若いもんは って言いたくなるわ
かかり湯の仕方って 図入りで説明せなあかんねやろか?
ってか 内風呂でもするでしょう?

看板復活さんせ~い(*^▽^*)/ 

その看板、スーパー銭湯にも欲しいですねぇ。

この前、お年頃の娘とその母親が、
大また開いて湯船から湯船を跨いで渡って行くのを見たときには
「はぁ・・・」と思いました。

かかり湯もしないし、洗った長い髪をそのまま湯船につけてる人もいるし
若い人の中には、洗い場のシャワーを、立って使ってる人もいますしね。

腰掛けながら大股開きで、洗い場のシャワーのカラン(一回押したらしばらく出るアレです)を足で押している姉ちゃんもいました。

足で押すと、ずっとお湯が出っぱなしになるんですよね。髪の毛洗いながら、手探りで何回も押さなくて済むから、「そら、便利やけど、行儀悪すぎでしょう・・・」と思いましたです。

彼氏が可哀想です。

ちょっと細木数子の心境です。

おぅ今回の題材は・・(#^.^#)

確か、中学の修学旅行の時に・・・
僕はそれまでまず軽く流して
そのまま全身をかなりコシコシ洗ってから入る
って事してまして、友達が洗う前に入ったので「こら!」
って言うたら、垢がふやけて・・って上の通りに言われました
でもそれ以降もめっちゃ気にする僕は綺麗に上がりたいので
未だに湯船には洗ってからです。。

もちろん、娘の前に入るときは、湯船にさえつかりません
(ー"ー;)

あ!昔五右衛門風呂で
あれもマキのくべかたが難しく
長女が炊くときは、必ずカマの周りから炎が強烈に上がって
いつも怖かったの思い出した。
今考えると、鍋に入ってる様なもんやもんなぁ

底の踏み板を踏み外すと大変なのだ(T_T)

娘さんの前にはいる時、湯船につかれないなんて、可哀想~。

でも、うちのダンナも、以前に「お父さんのあと、なんか一杯浮いてる。」と息子に言われてから、傷つき、最近では銭湯ばっかりです。(笑)

私も、一緒になって、「ちゃんとアソコ洗ってから入ってるのん?」とか聞いてたから、ショックだったのでしょうねえ。でも、その時は、「そんなん洗たことない」って言われて、こっちが引きました。今は、教えました。正しい入り方。

田舎に嫁に行ってた時、義父のあとにはいると、垢だらけでした。理由は、お風呂の中にタオルを持って入って、身体をこするからです。

昔、農家の人たちは貧乏で石鹸が買えず、近所でお風呂を沸かす家にもらい風呂をしていたそうです。石鹸がないのと、ご近所一家が入ってドロドロになったお風呂なのとで、浴槽で身体をこする習慣が付いてしまったということでした。

でも、私にしてみたら、嫁いびりとしか感じられませんでした。(涙)

ううんううん
入ってる時の焚き増しで炎さぁ
五右衛門風呂で周りから火の手(ー"ー;)
まぁ怖いのなんのって・・
でもそういう極端な性格は僕に受け継がれ
そして娘へ・・・

ふむふむ、だって五右衛門風呂に洗い場無いっし
そうそうタオルでこすってたわ
そう最近「垢」ってみないねぇ
昔はすくってったっけ (^^ゞ

高校から、網タオルでゴシゴシしだした
あれも一時期は皮膚ガンになるとか噂がでたよね

そうそう、五右衛門風呂って言うてたわ~。

へえ、洗い場がないのね、そら、中でこするしかないよね。横から炎が出たりしたら、髪の毛とか燃えそう・・・

石川五右衛門が釜ゆでの刑にされた時は、底の板はあったのかなあ。怖い死に方やで~。

ナイロンタオル、私、今でもつかっています。「柔らかめ」と書いているのにしています。皮膚ガンが怖いから。(笑)こすりすぎると、シミが出来たりするらしいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/8964686

この記事へのトラックバック一覧です: お風呂の入り方:

« 御霊水の夢 | トップページ | 冤罪事件 »

他のアカウント