2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« あなたならどうする? | トップページ | アルコホリックがワーカホリックに変身! »

2006/03/18

手柄を取りたがる猫ボランティア

手柄を取りたがる猫ボランティアさんがいます。

「自分がこれだけのことをした」と自慢です。けれど、その陰には、かわいそうな子猫を見せられたら嫌とは言えない、お人好しの草の根猫ボランティアの努力があるのです。

私も、そういった部類で、以前、目の開いていない子猫にミルクを飲ませてほしいと依頼されたことがありました。

そのときは、私も手一杯だったので、お断りしようとしたら、「ほな、子猫たちはどうなるの!死ねっていうこと?」とすごまれました。

私は、当時、猫40匹を抱え、動物病院をフルタイムで手伝っていました。けれど、すごまれるので仕方なく引き取りましたが、子猫たちは弱っていて、自力ではミルクが飲めず、一晩中がんばりましたが、亡くなりました。

その、すごんだボランティアさんは、自宅に猫を一匹か二匹しかおいていないのです。

自分の安全地帯は確保して、手柄を取ろうとするのです。預けて、仮に生き残ったとして、里親さんが見つからないときは、知らん顔をします。「嫌だったら自分で処分すれば?」と言います。

こういう人たちは、マスコミなどが大好きです。目立つことが大好きです。

いつもネタを探し求めています。手柄を立てられそうなネタを。そして、他の人を巻き込み、利用して、都合が悪くなると、プイっといなくなります。

今回破産した人は、そういう風に利用されてきたらしいです。

ちゃんと断ればよかったのに・・・と思いますが、そういうお人好しをねらっているんですよね。

私も気をつけなくては・・・と思います。

« あなたならどうする? | トップページ | アルコホリックがワーカホリックに変身! »

動物たちの話」カテゴリの記事

コメント

あくび猫さん こんにちは☆

私もお人好しになって、あとで、「あの時ちゃんと。。」ってプンプンすることがたまにあります。

破産された方の件、いちばんいい方向にいくことを祈っています!

利用されたのはお気の毒だけど・・・

Mariko☆さん、

私も、その方にとって一番良い方向へ行くようにお祈りしています。

キリさん、

その人も、なんでそうなるまで、ほっといたんでしょうねえ。やっぱり、子供の頃の心の傷とかが邪魔してたんではないかな・・・と思います。

なぜか外部ブログが開かない私のPCなのですが。
あくび猫さんのところには来られるらしい・・^^。

家賃を何度か踏み倒された経験のある私に言わせて貰えば。
「やっぱりあのとき貸さなきゃ良かった」と唇噛みながら
自分では状況も判っていて最大限譲歩していたにもかかわらず裏切られた事に、「一体これは何のワーク?」って思っていたものです。爆!

それで判ったことは
「譲歩している」と言う意識がおごりになっている。
「信じよう」と言う思いが「恐れ」になっている。(つまり信じていない)

今のあくび猫さんは、その人や40匹の猫に関してこの部分はありませんか?
もしあるのなら、まず、会ってみること(もちろんご主人と一緒に)話してみることが、判断の大きな材料になると思います。

考えているだけではあーだこーだいっても、1㍉も話しは解決しません。

今も家賃の遅れている店子さんには
「がんばって少しずつでも払っていこう!どこへ行ったって結局は同じなんだよ!ましてや子供達がいるんだから、今は歯を食いしばってもガンバル時なんじゃない?」
と、「厳しく」接します。(私にとっても時間も努力もいる作業です)
でも結局はこの「厳しさ」が相手にとって一番良いことなんです。

その上であくび猫さんが「その努力をしても貸せる。」というのなら、貸すことも「アリ」だとおもいます。

本来は安心してこんな事考えないで貸せる方法はたくさんあります。
でも最初から問題(たとえば自己破産という方法を安易に選んだ方)があるので、悩むのでしょ?
悩むくらいなら「貸さない」ほうを私なら選びます。

家は、私だけの名義ではないので、ダンナが反対だと、貸したくても貸せないのです。(涙)

猫がかわいそうで、心配・・・これは私の持病ですが、だからといって、ほいほいと貸すことが、その人にとってためになるのかな・・・と思います。

電話をしましたが、出ないので、借金取りだと思われているかもしれません。

うちの動物病院には、家を取られて、山の中の廃バスで、犬20匹、猫7匹と、一時をしのいだすごい人とかもいるし、安易に破産、生活保護っていうのが、ダンナは気に入らないらしいです。

それに、だらしない飼い方をされても、「保健所に持って行け!」とか、普通の人のようには言えないから、対等の立場ではないと言うのです。

私は、ただただ、猫が心配です。可哀想。病気としか言いようがないと思います。たぶん、普通の感覚では理解できないと思うので、ダンナ以外の家族には言っていません。

猫が可哀想でも、現実的に考えている自分もいて。それでも、猫を助けてあげたいと思うなんて、病気だと思いました。

自分がその立場になると・・・って思うと、心が引き裂かれそうです。

ダンナよ、何とかならんかね。

わたしね、猫ボランティアするの夢だったんですけど、どうも実際に猫ボランティアさんたちとコンタクトとったりすると、「なんなの?この世界」って思うことが正直言ってあるんですよ。

里親探しの競争してるところなんてありあり見えちゃうし、自分の担当の猫か、友達の猫かなんとかもらわせようと、必死っていうのかな。
なんかお金が絡んでなくてもこれじゃチープな商売根性と同じじゃないって思っちゃったりするの。

それから、猫に対しての自分のやり方が全てって思っちゃって、それ以外のことを批難したり、里親にプレッシャーかけたりする人とかもいて、ああいうのなんかなあ・・って思っちゃう。
もしかしたらわたしが猫に対してすることは他にあるのかななんて今は思っています。

けっこう、動物ボランティアさんたちって、ケンカをしていたりします。

私には、どうしてそうなるのか理解できないので、距離を置いてお付き合いをしています。

私には、「猫にステロイドを使わずに口内炎を治す」という短期目標と、医療で動物たちが金儲けの手段にされないように、出来る限りのお手軽代替療法を探すという長期目標があるので、そういうことにかかずらってはおれないというのも、現実の問題としてあります。

私みたいに、たくさんの猫たちを家で飼うことは、その子たちが寂しい思いをするということになるので、COCOさんは今いる子たちを精一杯可愛がってあげてほしいです。(^_^)

そうですね(^^)
かわいがります。
きっと他にもうちに来るべき猫ちゃんが現れたらその時はまた別として、今はこの感じでいきます。

ルナ、明日(アメリカ時間で3月31日)1歳の誕生日です♪

ルナちゃんに「お誕生日おめでとうと、大阪の猫おばさんが言っていた」とお伝えください。∈^0^∋

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/9145295

この記事へのトラックバック一覧です: 手柄を取りたがる猫ボランティア:

« あなたならどうする? | トップページ | アルコホリックがワーカホリックに変身! »

他のアカウント