« 花粉症の季節を迎えるに当たって | トップページ | あなたの殻を破れるのはあなたです »

2006/01/22

もしかしてフォーカス23

「ねこおた」HPに以前書いたのですが、私には子供の頃から、熱が出てうなされる時に見る幻がありました。

それは、大きな石が私の上に載っていて、身動きが取れず、息も出来ないというものでした。

ブルースモーエンの「死後探索」という本を読んでいたら、「もしかして、それって、石の下敷きになって死んで成仏できていない私の前世???」と思い始めました。

麻酔で筋弛緩剤だけ効いて、意識があるのに呼吸が出来なくなった経験と、子供の頃のあの記憶はリンクしているような気がします。

以前にも麻酔の経験はありますが、今回のように、自分が呼吸停止するのを最後まで意識がある状態で経験したのは初めてでした。

呼吸が止まってしまって、気絶するまで2分くらい、私はどうすることも出来ず、ただ呆然と「ああ、猫たちと別れることになるのかな。やり残したことがたくさんあるのに。」とあきらめの境地になりました。

おそらく、もしも石の下敷きになって死んだ前世があるとすれば、きっと同じことを考えたと思います。

自分が石の下敷きになっていることを、誰にも知らせることが出来ないというのと、筋弛緩剤だけ効いているのを誰にも知らせることが出来ないというのは似ている経験だと思います。

「死後探索」では、霊界のガイドがそばに付いていて、成仏できていない人が留まるフォーカス23というところから、天国と言えるフォーカス27へ導いていってくれます。

石の下敷きで死んだ私の前世は、どうやったらいいのでしょうか・・・

モンロー研究所は遠すぎて無理だし・・・

もう一人、きっと成仏できていない前世だと思える記憶があります。

中国でシーズーのような犬に囲まれて暮らしているのですが、周りの人たちは、犬のことを「食料」としか思っていないのです。私は犬が大好きで、魂も心もある犬を、食料扱いすることがどうしても出来ず、二度とこんな国に生まれて来たくないと思っているのです。

今、動物ボランティアをしているのは、きっとこれの影響でしょうね。

もう一つ、直近の前世は祖父だったと思っているのですが、この祖父は成仏出来ていると思います。子供の頃に祖母に抱かれて添い寝して、とても幸せで、「これこれ、これがしてほしかったのよ。」と思っていたから・・・

というわけで、私の混乱していた前世の記憶は、この本を読んだことで、きれいに整理されたように思います。

« 花粉症の季節を迎えるに当たって | トップページ | あなたの殻を破れるのはあなたです »

精神世界」カテゴリの記事

コメント

えっと、うまく説明できないのですが
前世で起こったことを解消はできないでしょうが
レイキ(セカンド以降)をすると、かなりそういった苦痛が和らぐようですよ。
(時空を越えて癒すことができるということになっているから)

それとか、ヒプノとかっていうのも、いいかもしれませんね。

こんにちは、
初めての書き込みです。

アロエは早速2匹の猫さんに試してもらっています。
楽しみです。

私は今は殆ど記憶に残るような夢を見ていません。
昔は銃殺される夢をよく見ていました。
自分たちが戦場に住んでいて捕虜で50人くらいずつ廃墟のレンガの壁に並ばされて銃殺されるのですが、なぜか自分だけ弾がそれて死なないので周りの撃たれた人が崩れた折れるのをまねして倒れ、死体の中で処刑が終わり執行人がいなくなるまでずっと息を潜めて生き残る都合の良い夢をみていました。

何か意味があるのかなあ?

あくび猫さんも覚えてますね。
実はわたしもなの…
結構近い過去世では海で溺れ死んでいて、その時の人生についてはかなり思い出したんです。
何か美しい島に由縁があるんですが、それだけでなく、かなり波乱万丈な一生だったみたいです。
その他にもたくさんあります。
アトランティスの記憶も少しあります。

>キリさん

そうですね、時空を越えて癒しが起こっているからこそ、このような本に巡り会えたと思います。

ブルースモーエンは不思議世界を納得するのに時間がかかりましたが、私はもっと早く納得できそうです。それは、やはり百匹目の猿現象かもしれないですね。

>くま公さん

それはすごい夢ですね。そんなリアルに覚えているなんて、きっと前世の記憶ですよ。もしかしたら、その時、本当は死んでいるんだけど、死んだことに気づいていなかったのかもしれないです。

そういうことが今読んでいる本に結構出てきます。(^_^)

私のように、これをきっかけに、何か癒しが始まるのかもしれません。

>COCOさん

私もアトランティスっぽい記憶があります。

津波が来る前に山の上に逃げなくてはいけないんです。みんな白くて長い布を着ているんです。足元は裸足に近いようなサンダル履きです。

友達が一人はぐれてしまい、とてもあせって探している夢なんですけどね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/8273798

この記事へのトラックバック一覧です: もしかしてフォーカス23:

« 花粉症の季節を迎えるに当たって | トップページ | あなたの殻を破れるのはあなたです »

他のアカウント