« 術後性上顎嚢胞 | トップページ | 猫に名前はいらない »

2005/10/02

交通事故のその後

「示談書と引き替えに自動車保険に入ること」と約束したけど、なかなか知らせが来なかったので、「ああ、もう、示談書はあきらめて、保険も入れへんのかしらん。」と思っていたところ、昨日、保険に入ったと、連絡がありました。

保険を契約した領収書を見せてもらいました。

示談書ももういらないとのことで、お互いに、これからは、気をつけようと話し合って別れました。

ダンナは、勘ぐって、「絶対無免許運転やってんで~。そやから保険に入られへんのと違う?」などと言ったりしていましたし、私自身、「きっと面倒くさくなったんやで。」などと思っていたところでした。

あれくらいの事故で、本当に良かったです。

それと、相手を悪く思わないで、信じてあげるということが、大切なことなのだと、あらためて感じられた事件でした。

めでたしめでたし。

« 術後性上顎嚢胞 | トップページ | 猫に名前はいらない »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

僕は、ここ10年のうちに
交通事故の加害者にも被害者にもなったけど。
加害者の時は「とにかく誠意を見せんと示談してくれない」
と、自分が逆の立場だったら。。。とか考えてね
今懸命にしてたら自分が被害者になったときも・・・って
打算があったかな??

ほいで実際に被害者になったら
もう相手の誠意の無さに怒り心頭!
自分がすればそれはやがて報われるって聖書的な引用があった様な??

たまたまかも知れんけどねぇ

あくび猫さんみたいなええ人ばかりではないのが事実よねぇ
やっぱテレビとか報道の影響かなぁ??
あれが許されるな俺も・・・ってな
自分中心な人間が多い気がする。。けど・・


私も同感です。世の中、あくび猫さんみたいな人ばかりだといいのですが・・・
3年前、主人が赤信号無視のベンツに当てられて、2週間入院。
その車が自賠責に入ってなくて・・・結局、費用は労災保険からの支払いに。
ベンツ買うくらいのお金があるんだったら、保険ぐらい入るべきだと思いましたよ(怒)
幸い、後遺症もなく済んだのでよかったのですが、もし後遺症でも出てたら・・・と思うと無保険車を許せません。
それと、知り合いが事故を起こした時、軽い接触事故だったのに、あっちが痛いこっちが痛いと半年間で治療費が400万円(保険会社の支払いですが)
保険会社が業を煮やして裁判に持ち込むと言うと、示談に応じて・・・示談金280万円。
情けないけど・・・世の中って、こんな人結構いるみたいですよ。

父が昔に追突事故を起こした時も、やはり、後になって、あっちが痛いこっちが痛いとごね倒し、何百万円も保険会社からもらっていた人がいたそうです。

保険会社の調べでは、その人はそのお金で愛人に店を出してやったりしてたらしく、訴訟に持ち込むというと示談に応じたそうです。

まあ、そんなことしてたらそのうちバチが当たりますって。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/6208978

この記事へのトラックバック一覧です: 交通事故のその後:

« 術後性上顎嚢胞 | トップページ | 猫に名前はいらない »

他のアカウント