« 怖い話 | トップページ | 姫○カッツン パート2 »

2005/09/23

バースビジョンノート

バースビジョンノートという、本を衝動買いしました。

北花田のダイヤモンドシティの中にある紀伊国屋で、精神世界系の本を漁っていました。(笑)

ふと、手に取って見てみると、なんだか面白そうです。私は生まれる前の記憶があるのですが、その時に何を決めてきたのか、ついぞ思い出せないままなのです。それだけが、記憶から抜け落ちているのです。

それで、買おうかどうしようか迷っていると、ここ三ヶ月くらい、習ってみたいと思っていた、「ビジョンヨガ」と組み合わせるようになっています。

これは、運命だと思い、買ってしまった次第です。

人は、生まれる前に決めてきたことを、うまく実行できていたら病気にならないそうです。

私は更年期障害っぽいのですが、これは病気と言えるかどうかわかりませんが、更年期を感じない女性も多いと聞くので、ぜひともバースビジョンを思い出したいと思います。

« 怖い話 | トップページ | 姫○カッツン パート2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

まったく記憶が残ってなくても思い出すことができる、とか、
そういう内容なんでしょうか?

まだ読み始めていないのですが、パラパラと見た感じでは、普段、メモを持ち歩いて、自分の内面に気づいていく方法が書いてあるみたいです。

中にCDが付いていて、それを聞きながら進んでいくようです。

そして、ヨガのポーズがセットになっているみたいなんです。

著者の体験談がわかりやすく漫画で描いてあったりして、読みやすそうな本です。

今読んでる「天国との会話」が終わったら、読もうと思っています。

バースビジョン・ノート(ビジネス社刊)は、いわば、「記憶喪失回復装置」だと思っていただきたいのです。

人は皆、生まれたときには人生の設計図を持って生まれてくる、これは一つの考え方ではなく、現実です。ほら、出会うべくして出会ったとか、面白いように物事が上手く展開する、という時が誰でも、あるでしょう。

そうした時は、バースビジョンに同調(チューニング)しているときで、気分がよく何でも実現できそうな気になってくる。

専門的には、体内時計が正常に機能している時と言えます。もっと専門的には「不調やトラブル時にさえ、人間誰もが持っているホメオスタシス機能を呼び覚ませば、元の調和した状態に最適化する」という働きが、バースビジョンの本来の力です。

ですから、あまり過去を思い出そうと、意識を飛ばさないほうがいいですね。むしろ今のカラダの感覚に意識を向けて、カラダの声を聞くと、バースビジョンへのアクセス回路が開き、自然と自分が何をするために生まれてきたのか、という答えを得るルートへとたどり着きます。

バースビジョンの冒険は、ときにダイナミックでエキサイティングです!
ビジョンヨガは、その過程を安全に快適に推し進めてくれるツールなのです。

Dr.Birth Visionさま

はじめまして!

著者様よりアドバイス頂き、感激です。(^g^)

そうですよね、やはりビジョンヨガをやらないとダメですよね。

教室のスケジュールが合わなくて、おまけに、天王寺とか、北花田とかでやっていないかなあ~などと、贅沢なことも言っていて、わがまま故にまだ習いに行けていません。(申し訳ないです)

でも、ビジョンヨガは、パワーヨガよりも現代に必要なヨガだと思いますので、ぜひ、皆さんに知ってもらいたくてブログに書いた次第です。

そうすると、みんなが知ることになり、私の希望の場所で習えるかも知れないなどと、目論んでおりました。(__)

私の場合、現在、左の足の付け根から膝にかけて、つりまくっていて、何故そうなっているのかわからずに苦しんでおります。

はやく習いに行きたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/6072459

この記事へのトラックバック一覧です: バースビジョンノート:

« 怖い話 | トップページ | 姫○カッツン パート2 »

他のアカウント