« 動物ボランティア | トップページ | 若かりし頃の過ち »

2005/05/06

動物虐待

今日、動物病院に診察にきたビーグル犬は、ひどい虐待を受けて、横たわったままです。

はじめ、迷子だったそうですが、最初に保護した人は、「欲求不満のはけ口にする」といって保護したそうです。

そして、金属バットで叩いたり、鳴くからといって喉を拳骨で殴ったりしたそうです。

やせ細り、息も絶え絶えになったビーグル犬を見るに見かねて、近所の犬好きの方が引取りを申し出、やっとうちの病院に連れてこられた形です。

おしっこも立ってできませんし、寝たきりで、脱水がひどいです。

愚かな人間のしたことを、ビーグル君に謝りました。

スタッフみんな、一生懸命看護しています。

最近、怖い人が増えたような気がします。やさしい人もたくさんいますけど・・・

仕返しが怖くて警察に告げ口したいけど、ためらってしまいます。犬にあんなひどいことをする人は、きっと人間にもして来そうな気がします。

« 動物ボランティア | トップページ | 若かりし頃の過ち »

動物たちの話」カテゴリの記事

コメント

うわ~。。。悲しいです。

そういう虐待をする人は、心が病んでいるんでしょうね。
人間相手に、何も言えないから、うさばらしに動物を虐待しているような・・・
そんな気がします。

私なら、警察に訴えます。
でも、警察が、その人を捕まえたあと、どう扱ってくれるのか?
果たしてその人は救われるでしょうか?? その方が心配です。

そうなんですよね~。

警察に行った後、じっくり反省してくれればいいのですけど、反対になってしまったらな~・・・とか、これも、すべては学びのためにあるのだし、この虐待をしている人も、学びのためにやっているのかな~とか、精神世界系の考え方なんかが混じってしまって、私はこんがらがってしまいます。(涙)

とりあえず、ビーグル君が助かって、良かったです。

お昼頃には自分で立ち上がろうとしていました。
このまま完治してくれればいいのですが。

そうでなくても、悪い人間もいるけど良い人間もいると、知ってもらえたらいいなと思います。

と言いつつ、私もまだ魚を食べていたりするし、コンソメスープの素も使っているから、魚や牛さんから見たら悪い人間になるのよね・・・

私にその虐待したバカが誰だか教えてくれれば、代わりに成敗します! 本当にそういう気持はあるのですが、場所が遠いことと、家族がネック・・・(x_x) 

だからってそんなヒドイことしたやつが野放しなのは絶対許せません! 警察に届け出るとき「逆恨みなどが怖いので、絶対届け出た人が分からないように。万が一不信なことがあったら守ってくれるように。」と念押しするとかはダメですか?
それか、テレビの報道で取り上げてもらえば、世の犬好き動物好きの前に矢面に立たされ、かなり懲りると思われますがいかがでしょう?そんなヤツは一生を棒に振って後悔して懺悔して改心するまで地獄の日々を送ればいいと思います。本当だったら、その犬にしたのと同じことを10倍、100倍返しでしてやりたいですけどね。

以前、ANIMAL PLANET というアメリカの番組があったのですがご存知ですか?ようは、動物専門のFBIみたいな感じで、警察や動物病院とも連携して、虐待されてる動物は救済し、犯人は罰するというものです。
日本にも是非作って欲しいです! あれば天職にします☆

いきなりお邪魔して長文・乱文、失礼しましたm(=ω=)m

ANEMさま

コメントありがとうございます。

ビーグル君は寝たきりですが、話し掛けると顔を「ニッ」とするようになりました。本当に助けてもらえて、よかったです。

虐待を見ていた近所の方の話を、保護主さんが聞いたところによると、言うことを聞かないからと言って、練りわさびと練りからしのチューブを、口と鼻と肛門に入れていたそうです。

家族はお父さん、お母さん、看護士をしている娘さんだそうですが、みんなで笑って見ていたそうです。

そんな看護士さんが働いている病院には絶対行きたくないですよね。

神経がおかしいのではないかと私はその話を聞いて思いました。

「動物警察」、あったらいいですよね~。私もよく見ています。

土曜の午前中に、保護主さんが来院され、一度は告発をあきらめていたそうなのですが、やはり警察に相談しておいた方がよいと、思い直されたそうです。

警察も、今回の件では動いてくれるとのことです。

ビーグル君は、きっと優しい保護主さんに保護される経験をするために、こんなに酷い目に遭ったのかしら・・・とか、考える日々でした。相手を法で裁くとしても、人間の中身まで変わってくれるかどうか、分かりません。変わるかもしれません。

その点、難しい問題だなと思いました。

猫の「こげんたちゃん」の事件がありましたが、どうして、人間はそんな恐ろしいことをしてしまうのだろうか。その人間を、少しの懲役にしたところで、そういうことをしなくなるのか、など、考え出したらキリがありません。

私には、犯人の心理は到底理解できないので、ただ、こげんたちゃんやビーグル君が天国で幸せにしていますようにと祈ることぐらいしかできません。

その犯人たちの心の闇にも光が届きますように。これも祈っておきましょう。

昨日、保護しておられた方が来院され、ビーグル君が最近亡くなったこと、亡くなった日に虐待していた人が警察につれていかれ、罰金が払えないため、懲役になるらしいと聞きました。

新聞にも載っていなかったと思うので、こんなに人知れず捕まっても意味があるのかな?と思いつつ、とりあえず、罪はつぐなって反省してもらうことが出来そうです。

色々とご心配していただき、ありがとうございました。

ビーグル君。辛い苦しい思いをさせてしまってごめんなさい。

次に生まれ変わるときには、何に生まれ変わったとしても、幸せな生涯を送れますように。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/4006247

この記事へのトラックバック一覧です: 動物虐待:

« 動物ボランティア | トップページ | 若かりし頃の過ち »

他のアカウント