2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 忍耐力、愛、継続・・・ | トップページ | 動物虐待 »

2005/05/05

動物ボランティア

私はいつも、動物ボランティアを続けていて良いのかどうか迷っています。

動物を世話する時に、大量のゴミが出ます。

ドライフードを使います。

災害が起こった時、どうなってしまうだろう・・・と不安もよぎります。

地球環境を守りたいのに、夏は冷房、冬は暖房で、とても電気を使います。原子力エネルギーがなくなって、冷房を使えなくなったら、うちの猫たちはどうなるのでしょう。

そんなことも考えます。

地球環境を守ることと、都会で猫をたくさん保護して暮らすことは、相反することになってしまいます。

けれど、シルバーバーチの本を読んでいたら、少し気がおさまりました。

不幸な動物の魂を救うことは、決して間違っていないこと、すすんでやるべきことと、書いてあります。

私はこの霊言に、大変慰められました。

私の体がだんだん年齢と共に、無理できないようになってきてから、不思議に猫の数も増えません。出来る数だけ与えられるのかもしれません。

田舎に猫をつれて引っ越したいけれど、都会の猫たちを放っておいて行くことは、きっと私の魂の汚点となること間違いありません。それで、この頃は、田舎暮らしには憧れるけれども、出来る間は大阪で動物ボランティアを続け、啓蒙活動も行っていくことが、天命なのかもしれないな・・・そう思い始めました。

啓蒙活動をするには、まだ猫の数が多すぎて、身動きが取れませんが、これも、何かの修行で、将来きっと役に立つ時が来るのかもしれません。

最近、ボーッとしていると、自分の頭の上の方から、金色の光に包まれた、人間の手がたくさん私に差し向けられているようなイメージが湧きます。何だろうなと思っていたのですが、シルバーバーチの本を読んで解釈するに、私を助けてくれている霊たちなのかもしれません。

現実的に動ける肉体を持つ身として、少しでも精進して、金色のたくさんの手のお手伝いが出来るといいなと思います。

いきなり、こんな夢のような妄想のようなことを書いてしまって、読んだ方は引いてしまうかもしれませんが、私は少しそういうことを感じることが出来るようです。普通にしゃべると変人扱いされてしまいますので、ここにつぶやかせてもらいました。

これを読んで、ほんとうかな・・・と思った方は、ぜひ、シルバーバーチや江原啓之さんの本などで、スピリチュアルを学んでみて下さい。きっと良いことがあると思いますよ。(^_^)

« 忍耐力、愛、継続・・・ | トップページ | 動物虐待 »

動物たちの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/3985677

この記事へのトラックバック一覧です: 動物ボランティア:

« 忍耐力、愛、継続・・・ | トップページ | 動物虐待 »

他のアカウント