« ラブラブな夢 | トップページ | 疑心暗鬼 »

2004/11/22

こわい世の中だな

世の中、こわい。

イラクで人質の香田さんが生きたまま首を切られた。

あれを見て、可哀想だと思う人はいるのだろうかと思えるほど、みんな、「そんなん、あんな危ないとこ、行く奴がアホやろう。死んでもしゃあないで」と言う意見が多かった。

でも、私もはじめはそう思ったけど、自分の息子があんなんされたら、どうしようかと、思う。お母さん、お父さんはとても辛いだろうと思う。

奈良で女の子が誘拐されて、殺された。

犯人はなんだか、「いちびっているかのような」メールを母親に送りつけたという。

世界中の政治家も、犯人も、みんなそうやけど、相手にも血の通った家族がいる・・・というのを想像できない人が増えてきたのかな。

生まれた子猫を平気で保健所に持って行って、「あ~、楽になった」と喜んでいる人もいる。

猫の里親探しのボランティアしてても、だまして猫をもらい受け、動物実験用に売ったりする人がいると思いきや、だまされないようにあまりにも用心しすぎて、疑り深くなってしまい、里親候補の心を傷つける人もいる。

何かなあ。こわい世界やなあ。

でも、「自分に出来ること」はといえば何をしていいかわからず、ここで「こわいこわい」と言いながら、猫を膝に抱いていたりする。

世の中を変えようなんて、エネルギーはもうあまりない。

選挙の度に言葉に惑わされて適当に投票してしまう。

こんなことではいけないと思いつつ、どうすることも出来ず、宝くじが当たるのを待っている。

ああ、庶民やなあ。

« ラブラブな夢 | トップページ | 疑心暗鬼 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おっ、こっちに変えるのね。
うちも、ココログ2つほど記事書いてほってますわ。(^^;

年末ジャンボ買った?

まだ、買うてへん~。

早よ買いに行かなあかんね。猫ハウス建てなくては。(笑)

お、なんかサイトの感じが変わっている(笑)
私もイラクの人質の話聞きました。
ていうかネットでその映像を見た知人からリアルに状況を教えてもらい(頼んでいないのに勝手にしゃべりやがった)3日くらいダメージくらいました。
首切られた、って言葉と実際に行われたリアルな現実のギャップがすごくて、ほんとにぎゃああ~って叫んじゃったもん(なんでそんなこと教えるんだモード)

リアルさが失われているのってね、脳の問題もあるんだと思う。
私が夢でたまに見る、かつてこの星を攻めていた宇宙人のアンドロイド、感情がないの。
うーんと、ドラゴンヘッドという漫画か映画をご存知の方はわかると思うけど、感情を司る部位がなくなっているの。
それは外的な手術によるんだけど、今の若い人たちのジャンクフードの蓄積で、脳に必要な栄養が足りないことと、毒(あらゆる化学物質が体内で化学反応を起こしている)などの影響で、ほんとうに他人を思いやる脳の状態じゃない子が増えているんだって。
あ、子、って書いたけど、食生活の問題なので、子供がそうなら親もそうなっている可能性大!

ということを先日アロエの勉強会(横浜の薬科大学で講師だったけど今アロエを伝えている助産院をされている女性からの情報)で知り、ぎえーってなりました。

まずは自分と自分の周囲から改善していくことが大事です~って思いました。
某国の首相さんもアロエ飲めばいいのに(某都知事さんは飲んでいるらしい笑)

和恵さん、コメント、ありがとうございます。(^_^)

そうなんですか~。都知事さんは飲んでいるのね~。(^_^)
一番言うことがまともやもんなあ。
いや、アロエはほんまにいいですね。うちの息子は、知らずにアロエベイビーでしたが、言うことがほんまにまともやと思います。

猫にも優しいしね。

アロエの良さをいつもお伝えしているけど、やっと継続的に買って下さる方が二人出来たかどうかと言うところ。

アロエの中の亜鉛が肝臓にかなりいいみたいだし、微量元素とか、ビタミンとか、いいこといっぱいですね。うちの猫さんたち、去年ガリガリで死にかかってた子が今年太ってます。(笑)

素敵。
ほんとうにいいと体験したからこそいいといえるわけで。
そういう体験談が伝える誇りとなっています(笑)
アロエは薬ではなくて、食事と同じ感覚で、ながく飲み続けてほしいものだから、継続的に飲んでくださる方がいることは嬉しいですよね。
その方が1年、2年と飲みつづけていくうちに、体験でいいと実感できると思うから。
アロエベビーちゃんの本もうすぐ出るみたいなので、出たらお知らせしますね。
アロエと細胞の関係を知れば知るほど、妊婦さんやお母さんにまず知って欲しい、飲んで欲しいと思います。
今度きれやすい子の原因とそこでアロエがどう関われるか、という資料あるのでお送りすますね~
ほんとうに、日本の未来を明るくするのは、ひとりでも多くのお母さんにいろんなことを知ってもらうことだと思うので、資料読んで伝えたくなったら、そんな感じで伝えてみてください~

資料、お待ちしています。∈^0^∋

最近、やっとプロポリスとビーポーレンにも目覚めてきました。(遅いでしょ)

味が変わっているから、ちょっと苦手だと思い、買ったまま放置していたのです。(..;)

けれど、犬や猫に試したいし、その前に自分で試そうと、やっと食べ始めました。

これで、伝染性腹膜炎が治ったりしたら、ノーベル賞ものかも。(猫にノーベル賞はもらえないけどね)

そうなったら、もう、獣医いらんのん違うかしらん。(笑)でもその時は、アロエを売って暮らせるかな~。

きゃははは(笑)
あ、でもアロエベラの様々な研究は東大の教授なども含めてかなり進んでいます(笑)

>そうなったら、もう、獣医いらんのん違うかしらん。

これありえるかも(笑)
実際に医学界からこちらにきた方多いですよ。
北海道で一番たくさんの方に伝えている女性はもと大きな病院で婦長さんしていた方で(ご主人は高校の校長先生)自分のリウマチが改善されただけじゃなくて、周囲で、自分の医学的知識を超えた奇跡のようなことがばんばん起きるので、最初は戸惑うのですが、もともと病気の苦しみを少しでもやわらげたいという志で看護婦になったので、ああ、これは西洋医学じゃなくてアロエの道でも同じだと気付いて、看護婦をすパッと辞めて伝えることに専念したのだし、
あと私たちにアロエを伝えてくださっている3人ほどアップの方で、横浜の薬科大学で講師されていた方もね、おもしろいのよ~

彼女はもともと友人(その方のご主人は開業医)がアロエでいろんな病気が治っているので不思議だから、調べてみてよと依頼されたのが縁であの黄色いボトルと出会い、今では細胞とアロエの関係についての本を出版したり講演して歩くほどの方になりました。
(先日お知らせしていた奈良で講演された方です~)

病気が治る、というゴールが一緒なのだから、アロエも獣医さんも根本は同じことをしているのかなぁと私は思います~

そうですね~、今日も、叔母が世話している野良猫ちゃんが、口内炎で苦しんでいるとのことで、早速、アロエを教えてあげました。

明日、少し、送ります。

猫から人間に派生していってくれるといいのですが、なかなかそこまで行かなくて、亀のようにのろいのですが、購入する時は、4ケース取るようにしています。(二ヶ月に一回くらいになってしまう)

でも、自信を持ってお話しできるようになったので、うれしいです。叔母も、「もし効いたら、みんなに宣伝してあげる」と言ってくれました。

叔母がディストリビューターとかになってくれると、北摂方面に足場が出来て、うれしいですが。

すべての猫たちに、ステロイドを使わずに、口内炎の痛みから解放してあげたいです。もっと安かったらいいのにね~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53167/2029441

この記事へのトラックバック一覧です: こわい世の中だな:

« ラブラブな夢 | トップページ | 疑心暗鬼 »

他のアカウント